ステイヤーズS・チャレンジC見解  競馬



明日のチャンピオンズCは変則決着が濃厚とみます

現開催でのジャパンオータムインターナショナルは今年が最後となりそのラストに相応しい決着がエリ女・マイルCS・ジャパンCで表現されてます

エリ女での3年連続同一馬によるGT2着、マイルCSは騎手変更しての春秋統一、ジャパンCは3歳牝馬がオークス・秋華賞・ジャパンCを3連続GT2着と繋ぎました

今年のチャンピオンズCは無敗の3歳馬が初登場し1人気は既定ラインです

ともすれば無敗馬の枠からの勝馬誕生が最後を締める流れがしっくりきます

チャンピオンズCはデットーリのためのレースとみていたのでデットーリ オメガから川田 クリソベルの馬単の純粋ゾロ目決着がこれまでおこなっていない決着性としてもベストと判断します

明日はこの1点勝負でいこうと思ってます


本日のステイヤーズSですがフォーマットからは3枠か正逆3
、4枠か正逆4が連対候補からIリッジマンBサンシロウを軸に入ります

チャレンジCはフォーマットからは正逆8か16が連対候補からDブラックスピネルCロードマイウェイを2着付けの軸とします

勝馬は今日明日重賞を連勝すると想定してデットーリ Aギベオンとします

では重賞見解です



★ステイヤーズS

単複
Iリッジマン
Bサンシロウ

馬連単
IBJ⇒KBEFA


★チャレンジC

単複
Aギベオン

馬連単
A@C(JK)⇒DC(G)


ではでは
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ