マーチS見解  競馬



高松宮記念は主催者から競馬非参戦者らを煽る決着をみせつけてきました

こんな時期だからこそ顧客の勧誘に走ったのはわかりますが、、、

しかし滅多に15人気VS9人気決着などGTでは起こらないことも新参者には伝えておきたいところです

一瞬グラン対角Jクリノにやられたーと思いましたが和田の表情からあえてやったかと察知はしました

全ては予定調和の世界ですから

案の定しっかり池添グランは勝てない2着席へいきホッとしました

勝馬の抽出でスプリンターズS挙げましたがモズスーパーフレアは純粋ゾロ目ゆえスプリンターズS1着枠馬として参戦したのだから買い目に入れなくてはならない馬だったと反省した次第です



マーチSですが新たに枠順を変更しましたが起用するタイプには替わりないような気がします

独自の理論とするフォーマットの枠組みにおいてですが例えばフォーマットの型番タイプがそれぞれあり、

スプリングSはR1(BX)タイプ
阪神大賞典はB1ーHタイプ
日経賞はB1タイプ
毎日杯はR1またはBN3(RX2)タイプ
高松宮記念はR2タイプ

とこれらフォーマットのベースを解明することでそれらに連対設定されている位置を探ることができる訳ですが、マーチSは前枠順でもフォーマットはR2ーB1タイプでしたが組み直した枠順でもR2ーB1タイプの同一フォーマットでした

このフォーマットでは正逆4か6か7が連対設定されていますが果たしてそのまま起用するのかだいぶ迷います

ただ1つ言えることは前回のフォーマットでもスワーヴアラミスかタイムフライヤーが連対最優先指名される配置になされてあり、今回またしてもスワーヴアラミスとタイムフライヤーが連対最優先指名される配置になされていることから主催者はここを動かせない理由(起用するため)があったと推測し、素直に正逆5となるKスワーヴアラミスDタイムフライヤーの2頭軸でいきたいと思います

相手には本来連対設定になっている正逆4と7、前回のフォーマット位置とも変更がなかった正逆2あたりまでとします

では重賞見解です



★マーチS

単複
Kスワーヴアラミス
Dタイムフライヤー

馬連単
KD=ANFICLH


ではでは
0
タグ: マーチS



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ