青葉賞見解  競馬



天皇賞はかなり想定通りの枠順構成となりました

ダンビュライトが投入される側でミッキースワローがサポート側とみていた部分が逆に配置してきたということは、投入される馬番は正逆5となるDミッキースワローが最有力ですが、今年は令和となり実質第2回となる天皇賞春との側面からみれば、JRAのGTで実質第2回大会ではこれまで新星が誕生する流れが多々あることから、これまで輩出してこなかった牝馬による天皇賞馬誕生も捨てきれないことからIメロディーレーンもあり得るとみてます

問題の1人気 フィエールマンはルメール敗退の8枠配置から連覇もしくは連対すら否定される可能性は高いです

万馬券までいくかはさておき荒れる春天になると思われます

レーンはレーンでも騎手でなく馬のほうメロディーレーンというオチです

春天にレーンが騎乗してこなかった理由は主催者がレーン被りを回避したかったためかもしれません

土曜日 青葉賞は騎手のレーン、日曜日 天皇賞春は馬のレーンという土日連続のレーン勝利も想定しておきたいところです



ここからは青葉賞についてですがフォーマットからは正逆41か45、補足で正逆12が連対設定されています

軸には今年のリメイク年の出目 正逆2か4から正逆4のCブルーミングスカイNフライライクバードを軸に取ります

相手はフォーマットから正逆41の5枠2頭、正逆5の復帰した蛯名DディアマンミノルMサーストンカイドーを重くみます

では重賞見解です


★青葉賞

単複
Cブルーミングスカイ
Nフライライクバード

馬連単
CN=IHDMFK@


ではでは
タグ: 青葉賞



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ