大阪杯見解  競馬



コントレイルのローテーションを今更ですが確認しました

このローテーションから大阪杯を考察してみます

まず決定事項としてコントレイルは年内での引退は確定路線です

となると無敗の三冠馬として種牡馬価値となる最終GT勝利数に焦点があたることになります

今年のローテは、

大阪杯
宝塚記念
天皇賞(秋)
ジャパンカップ
有馬記念

以上の5レース全てGTでありGU以下は使わないらしいです

全て勝てばGT9勝(ホープフルS含む)となりアーモンドアイに並ぶこととなり中々考えられたローテということが分かります

個人的になるほどとうまいこと回避したなと納得させられたのが大阪杯と宝塚記念は使うが春天は回避の選択です

番組表解読者なら理解できると思われますが大阪杯・春天・宝塚の春季三冠馬は現在誕生しずらい状況にあり、大阪杯と春天を勝利したら宝塚は敗退、大阪杯と宝塚を勝つも春天は敗退、春天と宝塚は勝つも大阪杯は敗退といったように春三冠は2つまでしか勝てない仕様です

もしコントレイルが春季三冠に参戦となった場合はいずれのレースを敗退する事が確定事項でしたがそこを回避するために春天を除く大阪杯と宝塚に絞ったのは懸命な判断だと思われます

矢作調教師自身のコメントからも今年は無敗でいくと言った限り負けさせる訳にはいかないという真意から春天回避はその言葉に沿ったベストな選択ですし無敗で終われなけばアーモンドアイに並ぶことは不可能になる訳ですから一つも取りこぼせない陣営の1戦必勝の覚悟も感じます

枠順のフォーマットからもコントレイル示唆が充分示されていることからもここは現役最強馬のFコントレイルの独壇場とみてここから入ります

相手1番手はフォーマットから浮上したタイプで人気はないですがLアドマイヤビルゴとし次点で@モズベッロにします

多分コントレイル・グランアレグリアの馬連1人気決着とはならないとみます

もし秋にグランアレグリアが国内に残れば秋天で大阪杯不発1人気決着が発生するとの想定でいます

ただ本日の枠順が正逆1か2から連対馬が出る方向性からKグランアレグリアとAサリオスは押さえることとします

では重賞見解です


★大阪杯

単複
Fコントレイル

複勝
Lアドマイヤビルゴ

馬連単
F=L@KA

3連複単
F=L@=KAG


大阪杯結果
クリックすると元のサイズで表示します

※レース後 追記 0:00
ゴールの瞬間思ったことは「ここで3着取りにきたのか、、、」でした

フォーマットではコントレイルの裏番が8で自身かGレイパパレを示してたのですが安易にコントレイルに絞ったことで連対必須として浮上してた正逆1にレイパパレを繋げられなかったのが酷く残念です

ギリギリ3連複に救われました

コントレイルが敗退した1つに大阪杯と秋天の両雄並び立たずといった部分は間違いなくあったはずで無敗の三冠馬が古馬になり天皇賞タイトルの獲得する義務が生じるなら春天回避したコントレイルとして秋天獲得は至上命題となるはずです

そして秋季古馬三冠獲得が見えてる限り大阪杯は遠慮せざるえなかったと解釈します

春季三冠と秋季三冠の関係性をより知りたい場合はキタサンブラックの4歳時と5歳時がサンプルとして役立つと思います

コントレイルが出走する場合、無敗歴がついて回ってきてた訳ですが無敗レイパパレと組んだことによりコントレイルOKと解釈した訳ですが見事に囮で無敗馬レイパパレの現物が走ったことによりコントレイル出走レースにおいて無敗歴が古馬になっても継続されていることが確認できました

無敗の三冠馬の定義に関しては生涯2着1回、3着1回を獲得することが既定路線なら今後コントレイルに待ち受ける着順は全て勝つのみです

シンボリルドルフ
3歳ジャパンカップ3着
4歳秋天2着

ディープインパクト
3歳有馬記念2着
4歳凱旋門賞3着(1ヵ月後失格扱い)

コントレイル
3歳ジャパンカップ2着
4歳大阪杯3着

今後の展開でいけば宝塚・秋天・JC・有馬のGT4勝を上積みし最終GT勝利数は8勝で終わることになります

アーモンドアイの解釈についてはまた勘違いしてましたが海外GTは含まないので最終GT勝利数は8勝となります

アーモンドアイが3年かけて上積みした国内8勝よりたった2年で7勝(ホープフルS除く)を重ねトータル8勝を獲得するとみるコントレイルが無敗歴馬として中身の濃さで格の高さを証明するものとみてます

よってもうコントレイルが今後取りこぼすことはないと考えます

来週の桜花賞ですが多分1人気となるソダシは2着はあっても勝つことはないとみてます

ではでは
タグ: 大阪杯



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ