ニュージーランドT・阪神牝馬S見解  競馬



桜花賞についてですが前年に無敗の牝馬三冠が初めて誕生した(新しいことを受け入れた)ことが新制度への転換期だとしたなら今年その事象としてチューリップ賞を同着とはいえ初めてマル外 エリザベスタワーが名を刻んだ流れから正規京都が不在となるこのタイミングでのマル外制覇があっていいと考えます

今年は川田無双の年でもあることから今のところエリザベスタワーから入る予定です

ただ明日エリザベスタワーなら阪神牝馬Sの川田デゼルは大阪杯・マリーンC重賞連勝の流れがあるためデゼルは2着3着に敗退しての桜花賞エリザベスタワー制覇が理想的なのでデゼルは敗退する方向でみてます

一方ニュージーランドTはサトノブラーヴかルメールが勝利すれば桜花賞のサトノレイナス 大外鬼門のルメールの勝利はないとみます

逆にサトノブラーヴもルメールも勝たない場合は桜花賞2着以上の可能性は上がると思われます

では重賞見解です


★ニュージーランドT

単複
Fサトノブラーヴ
Eバスラットレオン

馬連単
FE=BMNHGD



★阪神牝馬S

単複
Cマジックキャッスル
@ドナウデルタ

馬連単
C@=FGIBA


ニュージーランドT結果
クリックすると元のサイズで表示します



阪神牝馬S結果
クリックすると元のサイズで表示します


ではでは



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ