オークス見解  競馬



今回のオークスはスイートピーS馬とフローラS馬が接触配置されたことからそこを視点に考察します(14・12・08・05年)

Cタガノパッション スイートピーS馬
Dクールキャット フローラS馬



14年 純粋ゾロ目
1着【5枠】ヌーヴォレコルト 桜3着
※隣馬フローラS1着

2着【5枠】ハープスター 桜1着
※隣馬アルテミスS1着


12年 桜花賞再会馬券
1着 ジェンティルドンナ 桜1着
2着【5枠】ヴィルシーナ 桜2着 ※クイーンC1着
※隣馬フローラS1着


08年 馬連万馬券
1着 トールポピー
※対角フローラS1着
※隣馬クイーンC1着

2着 エフティマイア 桜2着

3着【5枠】


05年 馬連1人気変則決着
1着 シーザリオ 桜2着
2着 エアメサイア 武豊
※対角クイーンC2着
※フローラS1着 武豊

3着【5枠】ディアデラノビア フローラS1着
※同枠クイーンC1着 武豊

※東京重賞2勝歴の武豊が2着


まとめると、

・5枠が馬券入り
・フローラS馬
・桜花賞連対馬が連対
・東京のGV1600m1着歴


そして3歳馬は春季二冠までの重賞勝ちは4勝が限界という鉄の掟が存在することからソダシは勝てないはずです

これらを踏まえたうえで5枠からHユーバーレーベン、フローラS馬のDクールキャット、東京GV1600mのアルテミスS2着でクイーンCは1人気歴をとり今回は1着馬に騎乗し東京重賞フローラS1着も獲得したルメールFアカイトリノムスメ、桜花賞を連対賞金加算で唯一今回参戦してきたJソダシらで組み立てたいと思います

5枠の馬券入りを最優先としてHユーバーレーベンをワイド軸として相手は3頭とします

では重賞見解です


★オークス

複勝
Hユーバーレーベン

馬連ワイド
H=JFD


オークス結果
クリックすると元のサイズで表示します


※レース後追記 18:00
このところ自分の中で2択を選択ミスなど調子が上がらなかった部分があり今回は的中重視にシフトしたわけですがそれが功を奏してか見事に結果がついてきたことに満足してます

ソダシは春季重賞4勝の壁にやはり跳ね返されました

来週に迫るダービーですが牝馬サトノレイナスの期待値は低めでした、、、

が、ユーバーレーベンがGTを勝利したことで無視出来ない展開になりました

去年の阪神JFが伝説のGT認定になるかもしれないからです

3歳牡馬ではその役割を共同通信杯が果たし1着エフフォーリアが皐月賞、2着ヴィクティファルスがスプリングS、3着シャフリヤールが毎日杯と3頭が揃って次走の重賞を勝利しました

それが3歳牝馬側で発生していたかといえば今日までは不明でしたがオークスを阪神JF3着ユーバーレーベンが勝利したことにより桜花賞をソダシ勝利と揃ったことからも残す阪神JF2着馬サトノレイナスのダービー出走で可能性は見えてきています

20年 阪神JF
1着 ソダシ のちにGT桜花賞1着
2着 サトノレイナス のちにGTダービー1着?
3着 ユーバーレーベン のちにGTオークス1着


もし阪神JFを伝説のGT化するならサトノレイナスはダービーを勝つことになります

この東京開催GTで【全て外国人騎手勝利】というオペレーションが敷かれているのなら安田記念がルメール確定となればダービーでも考えたいところです

ではでは



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ