根岸S・シルクロードS見解  競馬



重賞競走を解読する上で自分が最終段階で難しい選択となるのは馬番か現物(馬そのもの)かという部分です

今年のここまでの重賞経過では馬番よりも現物が起用されている傾向です

そこを踏まえた上で2月もその流れに乗じて予測を立てていきたいと思います

まず根岸Sは解読する上でのキーレースは去年のマリーンSです

1着は正逆10と5ですが現物を起用する側に立ち当レース2着オメガレインボーを軸とします

オメガが否定されたら正逆10起用となります

そしてシルクロードSのキーレースは年末のラピスラズリSです

1着は正逆2と15ですが現物側に立つと当レース1着エーポス、2着タイセイアベニールのどちらかが起用されるとみてこの2頭から入ります

この2頭が否定された場合は正逆2か15が起用されるとみます

では重賞見解です



★根岸S

単複
Dオメガレインボー

馬連
D(K)=FGHE

ワイド
D(K)=@A


★シルクロードS

単複
Lエーポス
Dタイセイアベニール

馬連
LD=HI

ワイド
LD=@A



根岸S結果
クリックすると元のサイズで表示します


シルクロードS結果
クリックすると元のサイズで表示します



ではでは



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ