大阪杯見解  競馬



競馬見解としては最後の記事となります

最後なので大胆な攻め口で大阪杯を考察したいと思います

まず1人気エフフォーリアの1着は否定されると思います

これはJRAの長年のオペレーション上での役割的な部分でもありますが基本的に競走馬が勝ち続けることは理論的に不可能です

着順決定権利は主催者の手に委ねられますがタブーが起きない前提でその一線を超えないような番組表にすることによりバランスを取っています

勿論1頭に全ての役割を渡し1着を取り続けることも可能ですがそれではあらゆる競走馬の戦歴の手形としては狭い番組表でしか成り立たなくなります

強い馬も走り弱い馬がたまに走る

多種多様の戦歴がいく通りものオペレーションを可能にします

だからそこに番組表という節度と戦歴というバランスでその手順をしっかり踏んだ馬が活躍する仕組みとなってます

エフフォーリアに話しを戻しますが過去の歴史上、3歳馬が古馬重賞(GTかGU)に参戦してから勝ち続けたタイプは存在しません

どんな馬でも最初の古馬GTかGUを勝てても古馬2、3戦目で敗退します

歴史上のどんな名馬もその結果を受け入れてます

近年それに抗ったのはアーモンドアイですが彼女も古馬初戦JC1着のあとGTドバイターフ1着と連勝しましたが安田記念で3着敗退しました

エフフォーリアは古馬初戦となる秋天を勝利し有馬記念も連勝しました

彼も過去に洩れなく敗退する

新時代を切り開く象徴とも思えないのでそのオペレーションは守られるとみます

それが大阪杯でのエフフォーリアの結論です

エフフォーリアは良くて2着、悪くて3着とみてます

勝馬には新生誕生となるBジャックドールかGTリーチ状態のFウインマリリンとします

では重賞見解です



★大阪杯

単複
Bジャックドール
Fウインマリリン

馬連
CF=EFMB@



大阪杯結果
クリックすると元のサイズで表示します


レース後追記 0:00
先週の枠順解読のように大阪杯は決定的な箇所を紐解くことが出来ず最後を締め括ることは叶いませんでした

正逆3・4から連対馬が出るとこまでは解りますが該当するジャックドールを選択し残りをレイパパレとGTリーチ状態のウインマリリンを天秤にかけ後者を選択した時点で終了でした

エフフォーリアは自信をもっての1着否定となりましたがあそこまで敗退するとは想定外でした

ずっと疑問符だった3月の金鯱賞勝馬

そこに最初に勘づいたのはダノンプレミアムの大阪杯回避でした

何故2000mの優先権付き金鯱賞馬が同じ2000mの大阪杯に向かわないとは?

前年秋天馬には翌年の大阪杯がタブーなのは分かっていたのでエフフォーリアの敗退は読めてました

それとは別にもう1頭の連対人気を獲得するジャックドール金鯱賞馬が今年繋げないなら自分が想定してきたことは確信に変わるとも思いながらも最後の望みで軸にしましたがやはりでした

当年金鯱賞馬による当年大阪杯の戴冠はタブーです

今後金鯱賞馬が大阪杯に向かってきたら無視でいいと思われます


このブログで触れたソダシ(金子真人)・吉田隼人の秋華賞・チャンピオンズCでの売上のピエロとなった見返りはどこかで回収されると書きましたがまさかここでやってくるとは油断してました

しかし来週桜花賞ではこれと同じことが間違いなく起こります

高松宮記念ではキャロットF・横山武史の1人気レシステンシアが売り上げピエロ化し今日の大阪杯でもキャロットF・横山武史の1人気エフフォーリアは2週連続の売り上げピエロ化しました

二度も1人気で馬券外役をし屈辱的な役回りをしたキャロットF・横山武史に必ず信用を回復させるためのリベンジする見返りは訪れます

それこそが桜花賞のナミュール・横山武史コンビでこちらは勝馬に等しく皐月賞のキラーアビリティ・横山武史は連対有力としておきます

以上で私のここでの最後の予見とさせてもらい閉じたいと思います


ではでは
タグ: 大阪杯



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ