中山記念・阪急杯見解 | ☆銀河の覇者☆" /> それは本日の阪急杯と阪神大賞典ですヒラメイタ! どちらも次の大舞台で最も人気を得るであろうロードカナロアとゴールドシップの…" /> [メモ]中山記念・阪急杯見解 | ☆銀河の覇者☆
メモ中山記念・阪急杯見解  



年明けレースとして今後の動向と波乱要素を含む注目すべきレースがありますクラクラ

それは本日の阪急杯と阪神大賞典ですヒラメイタ!

どちらも次の大舞台で最も人気を得るであろうロードカナロアとゴールドシップの2騎が登場するレースですパトカー

自分の逆算でいけば本番GTを連対以上(勝利)するのであればステップ戦は敗退→連対否定=非賞金加算で本番を迎えることが理想的ですPC

ゴールドシップには春天覇者席が見えるため彼は間違いなく阪神大賞典での凡走はもはや約束事でしょうSOS

問題はロードカナロアですが彼が高松宮のタイトルを嫌がおうにも必要としてるなら阪急杯での連対を遠慮すると考えられますパトカー

記録の側面から2年連続同一厩舎によるスプリンターズS→高松宮記念のスプリント統一馬誕生を狙うなら尚更です月

もしロードカナロアが本番のタイトルを欲してないなら本日2着→本番2着を選択する気がしますパトカー

その場合ロードカナロアが負けるならばあの馬カレンブラックヒルが負かす姿が理想ですが言わザル

はたしてカナロアが選択する未来とは…!?


では重賞見解ですメモ

トロフィー中山記念

クラクラ馬連単
NK
⇔GKIF


トロフィー阪急杯

クラクラ馬連単
DK
⇔KIHEB


両重賞とも年明け賞金加算歴が存在する枠に注目してます炎

中山は唯一東京賞金加算の5枠Gアンコイルド、阪急杯も5枠ですが唯一中山賞金加算を持つIミトラの両OP勝馬らですクラクラ

ではでは ̄ー ̄


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ