ラジオNIKKEI賞・CBC賞見解 | ☆銀河の覇者☆" /> [メモ]ラジオNIKKEI賞・CBC賞見解 | ☆銀河の覇者☆
メモラジオNIKKEI賞・CBC賞見解  競馬



まずはCBC賞からですが阪急杯での2年連続連対枠配置(09・10年)を切り口にすれば、

クラクラ新潟・小倉2歳S馬券対象⇒D
クラクラ当年オーシャンS連対配置⇒C
クラクラ関屋記念連対配置⇒A

他ではセントウルS1着枠からスプリンターズS連対枠配置年と淀短距離S1着がシルクロードS1着枠配置年の両切り口が被る07・08・12年を探れば、

クラクラマイルGT連対配置⇒D
クラクラスプリントGT連対配置⇒M

が浮上しますヒラメイタ!


もう一方ラジオNIKKEI賞はきさらぎ賞3着馬が若葉S1着枠配置(04・05・09年)から切れば、

クラクラ1・2着枠共に東京500万勝歴⇒HEGJN
クラクラダート勝歴⇒HECL

こちらは東京500万勝歴を所有する枠同士での決着とみてます月

その中でもダービー非優先権馬となったプリンシパル2着Kと唯一古馬混合1000万での馬券対象枠となる1着枠配置のJが存在する6枠から入ることにしますスパーク


では重賞見解ですメモ

トロフィーラジオNIKKEI賞

クラクラ複勝 HI

クラクラ枠連
6―5・3

クラクラ馬連単
K(J)
⇔HDIE

クラクラ3連複単
KJ
⇔HDIE
⇒BM


トロフィーCBC賞

クラクラ枠連
4―3・1・8

クラクラ馬連単
DE
⇔C@M

クラクラ3連複単
DE
⇔C@M
⇒FG


ではでは ̄ー ̄





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ