Q ダービー  競馬




=日本ダービーへの継続=


牡馬クラシックの基点となった共同通信杯


★共同通信杯
1着 リアルスティール⇒皐月賞2着(ダービー優先権取得)
2着 ドゥラメンテ⇒皐月賞1着(ダービー優先権取得)
3着 アンビシャス⇒プリンシパルS1着(ダービー優先権取得)※ダービー不出走


アンビシャス(OP東京2000m1着)のダービー回避から示唆されるものとして皐月賞での重賞OP2000m勝馬排除をダービーでも継続!
×GJKM

このアンビシャスへの流れを作ったのは皐月賞出走馬ブライトエンブレム(弥生賞2着・ダービー回避)とベルーフ(京成杯1着・ダービー回避)2騎


皐月賞では同距離否定=非2000m勝馬起用からダービーでも同距離否定=非2400m勝馬起用の継続!
×FO

アンビシャス東京2000m勝歴を持ち合わせているのは未勝利で取得したAタンタアレグリアと500万で取得したPキタサンブラックが対角配置

これらからAタンタアレグリア(非OP2000m勝馬・非OP2400m勝馬)が浮上!

Aタンタアレグリアを後押しするものとして前年から継続する変革がある

背中合わせとなる最初と最後

14年
中山 朝日杯FS最後の世代
古馬GTへの優先権付与
古馬GT賞金据え置き

15年
阪神 朝日杯FS最初の世代
古馬GT賞金増額年


この2年で起きた継続劇

14年
皐月賞1着 Aイスラボニータ
ダービー1着 Aワンアンドオンリー
菊花賞1着 Aトーホウジャッカル

新阪神 朝日杯FS1着 Aダノンプラチナ

15年
皐月賞1着 Aドゥラメンテ
ダービー1着 Aタンタアレグリア?
菊花賞1着 A?


3歳GT勝馬Aの継続は未だ途切れていない!

その理由として3歳クラシックは一生に1度しか出走が許されない中で、古馬GTで発生した連覇劇 それに同調させるために3歳GTでは数字に置き換え表現した前年勝馬番による同馬番の連覇、それが主催者の狙い!


次は牡牝クラシックの継続

桜花賞
1着 前走優先権レース3着(チューリップ賞3着)
2着 前走重賞1人気(チューリップ賞1人気)

オークス
1着同枠 前走優先権レース3着(桜花賞3着)
2着 前走重賞1人気(桜花賞1人気)


ダービーで継続される皐月賞の戦歴要素

皐月賞
1着 前走重賞2着(重賞未勝利馬)
2着 前走重賞2着(重賞連対歴 2回)
※再会馬券


まず今年の牡牝共に前走1着馬は連対から排除されていることから前走1着馬@FMは除外

それら以外から皐月賞の戦歴要素を再現

ダービー
1着 前走重賞2着(重賞未勝利)⇒Aタンタアレグリア
2着 前走重賞2着(重賞連対歴 2回)⇒Eポルトドートウィユ(Lリアルスティール)
※1枠3枠は枠単位で京都新聞杯の再会馬券


ポルトドートウィユとリアルスティールが対角配置にあるのは偶然ではない、この2頭の違いは重賞勝歴か否か

今年の戦歴出目再現年でもある2003年 1着番に合致する正逆L!

タンタアレグリアの相手にポルトドートウィユの方を挙げた根拠は今年の3歳クラシックに刻まれてきた最重要戦歴の存在から!


桜花賞
1着 レッツゴードンキ
【第66回】阪神JF2着

皐月賞
2着 リアルスティール
【3月22日 ゾロ目施行日】スプリングS2着

オークス
2着 ルージュバック
【第55回】きさらぎ賞1着

ダービー
2着 ポルトドートウィユ?
【第55回】きさらぎ賞2着


クラシック連対の必須となる【重賞でのゾロ目大会・ゾロ目施行日での賞金加算歴】!

ポルト以外に所有するのはスプリングSキタサンとリアルのみ

その1度使われたスプリングS1着Pキタサンと2着Lリアルの対角配置となるのがA⇔E!

このタンタアレグリアとポルトドートウィユのAーE決着は新阪神 朝日杯FSに起因している!

新阪神 朝日杯FS AーE
1着 ダノンプラチナ【蛯名・国枝】

皐月賞を11着に敗退した新阪神 朝日杯覇者はダービー前に不出走を宣言した

それと入れ替わるようにダービー優先権レース 青葉賞に参戦し優先権を獲得したタンタアレグリア【蛯名・国枝】コンビ

第1回 新阪神 朝日杯AーE決着をトレースしつつ皐月賞同様にこれまでにない初の決着性ダービートライアル2着馬決着をもちいて初の栄冠に輝く蛯名正義!!


A⇔ELB


ではでは!
0
タグ: ダービー



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ