Q 阪神JF・有馬記念  競馬




今年はある意味節目の年であり転換年となる


《2歳戦》

2016年
阪神での2歳GT独占施行最終年

2017年
新中山2歳GTホープフルS初年度


《古馬戦》

2016年
3億円ジャパンカップ⇒3億円有馬記念

年末GT最終戦 有馬記念(ラスト年)

2017年
新阪神GT大阪杯初年度

大阪杯⇒天皇賞春⇒宝塚制覇による春季古馬3冠褒賞金制度

年末GT最終戦 ホープフルS初年度
(有馬記念GT最終戦の地位変更)


これらを踏まえ最終年に相応しいキャストがそれぞれ登場という運びとなった


《2歳戦》

阪神GT 阪神JF
勝馬ソウルスターリング【3戦無敗馬誕生】牝馬・フランケル産駒


地方GT 全日本2歳優駿
勝馬リエノテリーロ【4戦無敗馬誕生】牝馬・紅一点


2歳GTでは無敗牝馬が独占

流れからはシンプルに2歳GTで牝馬・無敗馬誕生と+フランケル産駒で統一しようとする姿勢からミスエルテが阪神 朝日杯FSに廻ってきたのも頷ける

阪神限定2歳GT最終年となる朝日杯FSは初となる牝馬ミスエルテが制するのがベスト


阪神GT 朝日杯FS
ミスエルテ【3戦無敗馬誕生】牝馬・紅一点・フランケル産駒


牡馬GTを牝馬が戴冠した場合、翌年クラシックへ影響が派生するだろう

ソウルスターリング
チューリップ賞⇒桜花賞
ダービー参戦予定
《皐月賞・ダービー登録》

ダービー制覇なら凱旋門賞参戦


ミスエルテ
桜花賞トライアル⇒桜花賞⇒オークス


カク地 コスモス 無敗馬(岡田総帥所有馬)
※中央転厩予定 中村厩舎

GUホープフルS参戦

日本ダービー参戦⇒英国ダービー参戦も



最後の2歳世代に相応しい新たなる道


一方古馬は有馬記念が来年GT最終戦の地位を明け渡すことから3億円ジャパンカップと並び立つ最後の年であり新阪神GT大阪杯が今か今かと待ち受けている

この節目の年を走り抜けた仮想シンボリルドルフと01年 テイエムオペラオー


2016年

キタサンブラック《仮想シンボリルドルフ》
大阪杯2着【GU戦最終年】
天皇賞春 1着
宝塚 3着
天皇賞秋 不参加
ジャパンカップ 1着


ミルコデムーロ《01年仮想テイエムオペラオー》
宝塚 2着
天皇賞秋 2着
ジャパンカップ 2着


来年有馬記念が現GT最終戦の位置を譲ることから現行番組表における3億円GTを連勝するチャンスは今年しか残されていない

直前にJRAから出された春季GT3冠褒賞金の報道からも流れは向いている


ルドルフ足跡を追ってきたキタサンブラックだが有馬記念を翌年勝つための手筈をシンボリルドルフに倣い前年にしっかり手順を踏んでいる


シンボリルドルフ(3歳)
初古馬GT参戦⇒ジャパンカップ 【3着・非1人気】

翌年ジャパンカップ 1人気1着


キタサンブラック(3歳)
初古馬GT参戦⇒有馬記念【3着・非1人気】

翌年有馬記念1人気1着


01年 テイエムオペラオーは最後の有馬記念は馬券対象外になったことから仮想テイエムオペラオー ミルコデムーロ(サウンズオブアース)は馬券対象外とみる

来年中山と阪神にそれぞれプラス1されるGT背景からこの中山・阪神開催での全GTは1人気馬に託すオペレーションで統一するのだろう


まとめると


★朝日杯FS

単勝 ミスエルテ


★有馬記念

単勝 キタサンブラック


両レース共に1人気馬による戴冠と読む



《おまけ》
12日深夜にJRACMでコラボしているおそ松さんの競馬限定アニメが放送

その中で有馬記念の決着馬番が3ー6ー9

3ー6決着のサブロー馬券だったことからキタサンブラック示唆

有馬記念CMは紅白幕をバックに瑛太・鶴瓶が紋付き袴、有村架純が着物で後ろにはオーディエンス、そこに金色の紙吹雪が舞う大トリの有馬記念というもの

この演出が示唆するものはズバリ年末風物詩のあの歌合戦だ

紅白を紋付き袴の衣装で紙吹雪が舞う中をGT有馬記念と同じ位置付けとなる大トリ(最後)を努めた人物

勿論サブちゃんしかいません

以上からキタサンブラック




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ