春季GTの領域  競馬



大まかな変革が訪れた年は得てして継承を目の当たりにする機会が多い

今年はGTが2レース増えた新時代

最後と最初を表裏一体とし、いつの時代になっても変わることのないリバイバルシーン


=GT春季シリーズ=


16年)フェブラリーS
1着 7枠【M 逆B】【デムーロ】(2人気)
1着対角 B武豊

2着 ノンコノユメ(1人気)

↓↓↓

17年)フェブラリーS
1着 2枠【B 逆M】【デムーロ】(2人気)
1着同枠 C武豊

2着同枠 カフジテイク(1人気)



16年)高松宮記念
1着【2枠】Cビッグアーサー

2着【3枠E】ミッキーアイル(2人気)

↓↓↓

17年)高松宮記念
1着【3枠E】セイウンコウセイ

2着【2枠】Bレッツゴードンキ(2人気)



16年)大阪杯(GU)
1着【横山典】

2着 6枠F【逆D】【キタサンブラック・武豊】

↓↓↓

17年)大阪杯(GT元年)
1着 4枠【D】【キタサンブラック・武豊】
1着同枠【横山典】



16年)桜花賞
1着 ジュエラー(3人気)

2着 シンハライト【池添】
2着同枠【武豊】

↓↓↓

17年)桜花賞
1着 レーヌミノル【池添】

2着 リスグラシュー【武豊】(3人気)



フェブラリーS以降の傾向としては前年2着の構成を今年の1着席に継承している点

そこが理解できれば主催者がレーヌミノルを浜中から池添へ乗り替わらせた経緯も納得できる

是が非でも必要とされた駒が池添だった


そして皐月賞


16年)皐月賞
1着【8枠Q】【蛯名】(8人気)
同枠O デムーロ(2人気)
同枠Q内田(17人気)

2着【2枠B】【川田】(3人気)
同枠C福永(7人気)


現時点で川田は騎乗未定だか参戦してくれば本人か2枠Bを最優先とする









〜追記4月24日〜







皐月賞の結果

16年)皐月賞
1着同枠【デムーロ】

↓↓↓

17年)皐月賞
2着【デムーロ】

蛯名・川田の不参加、出目人気継承なし、デムーロ枠のみの継承に留まる


天皇賞(春)の継承項目

16年)天皇賞(春)
1着 1枠@【キタサンブラック・武豊】(2人気)
1着同枠Aトゥインクル 勝浦(9人気)

2着 2枠Bカレンミロティック 池添(13人気)
2着同枠Cトーセンレーヴ 武幸(14人気)

※1着同枠トゥインクル・2着カレンミロティック・2着同枠トーセンレーヴは不在

今年の出走構成から考えても有力なのは引き続き参戦してくる前年覇者キタサンブラックとなる


そしてここまでの春季GTをより突き詰めていくと、

《前年2人気項目の継承》

16年)フェブラリーS
《2人気》【デムーロ】モーニン

↓↓↓

17年)フェブラリーS
1着【デムーロ】(2人気)

12着 モーニン


16年)高松宮記念
《2人気 》【3枠E】ミッキーアイル 松山

↓↓↓

17年)高松宮記念
1着【3枠E】セイウンコウセイ

2着 レッツゴードンキ(2人気)

※ミッキーアイル・松山不参加


16年)GU大阪杯
《2人気》アンビシャス【横山典】

↓↓↓

17年)GT大阪杯
1着同枠【横山典】

5着 アンビシャス


16年)桜花賞
《2人気》シンハライト【池添】

↓↓↓

17年)桜花賞
1着【池添】


16年)皐月賞
《2人気》リオンディーズ【デムーロ】

↓↓↓

17年)皐月賞
2着【デムーロ】


16年)天皇賞(春)
《2人気》【キタサンブラック・武豊】


前年の2人気馬ミッキーアイルと松山が不参加だった高松宮記念を除きその他のGTでは前年2人気歴騎手(枠)が全て連対を果たし前年連対馬は弾かれている

高松宮記念だけ馬・騎手不在から出目と人気の継承となった

天皇賞は前年2人気キタサンブラック・武豊が参戦してくることからも最有力となる

サトノダイヤモンドはタブーを侵しての春天参戦となることから連対否定されることは確定済み

二強対決は決して発生しない

キタサンブラックの連覇の可能性は極めて高く現時点での春天はキタサンブラックの2着馬探しのレースとなる




〜追記 5月1日〜

春天は考察通りの前年2人気キタサンブラック・武豊が無事に継承しサトノダイヤモンドは予定通りの連対否定となる

次はNHKマイルC

16年)NHKマイルC
《2人気》ロードクエスト池添


この考察に拘わらず今年のNHKマイルCは牝馬の勝利、もしくは牝馬の同枠馬、また牝馬の対角馬と牝馬がキーになるレースとの事前想定だった

そこに桜花賞馬レーヌミノル・池添が参戦予定からこの馬に白羽の矢が立つと読むも想定外のオークス変更となる

今年の再現タイプはラインクラフトのようにNHKマイルを牝馬が勝利するのがベターな年

ということは桜花賞馬レーヌミノルが譲るべき馬が存在したということ

現時点では池添は参戦予定なし

以上から新たに考察面から前年2人気を掘り下げてみる


16年)NHKマイルC
《2人気》同枠
3枠Eティソーナ【デムーロ】


桜花賞4着馬カラクレナイにデムーロ

ラインクラフトはフィリーズレビュー1着から桜花賞とNHKマイルのマイル2冠へ道を繋いだ

レーヌミノルはフィリーズレビュー2着から桜花賞へ道を開いたがそのレーヌミノルを退けたのがカラクレナイ


★フィリーズレビュー
1着 カラクレナイ・デムーロ
2着 レーヌミノル・浜中《のち桜花賞制覇》


この2頭でラインクラフトを再現すると判断する

フィリーズレビュー1・2着馬でマイルGTを分け合うその姿はラインクラフトとデアリングハートの関係性に似ている

以上からNHKマイルCは前年2人気項目を代用継承するカラクレナイ・デムーロから



〜追記 5月9日〜

NHKマイルCは事前考察から池添が不参加の条件付きでカラクレナイ・デムーロからとしたがガンサリュートでの池添参戦からその情勢は一変し主役候補カラクレナイ・デムーロは囮側の存在となった

結果軸として池添同枠 8枠Oアエロリットから挑むも...


17年)NHKマイルC

1着 8枠Oアエロリット
1着同枠 Qガンサリュート 池添


前年2人気池添が継承を果たす形となる


次はヴィクトリアマイル


16年)ヴィクトリアマイル
《2人気》ショウナンパンドラ【池添】

同枠 ストレイトガール 戸崎
同枠ウキヨノカゼ 四位

※ショウナンパンドラ・ストレイトガールは引退

ここもNHKマイルC同様に池添かその同枠が継承すると予測

現時点では前年3着であり1着同枠の池添がアスカビレンでの参戦予定から最有力としてアスカビレンか同枠馬を連対候補として最優先したい





〜5月29日 追記〜

ヴィクトリアマイルは前年2人気 池添の同枠Dアドマイヤリードがしっかり連対し継承をはたした

馬券はデンコウセッカが抜けアウト。。。


オークスでは前年2人気 戸崎か同枠が継承されると想定するも結果は、


17年)オークス(純粋ゾロ目)

2枠Bフローレスマジック 戸崎(前年2人気)

1着 1枠Aソウルスターリング ルメール
2着 1枠@モズカッチャン 和田
3着 8枠Oアドマイヤミヤビ デムーロ

Aソウルスターリング 1着
Bフローレスマジック 戸崎(1着裏同枠、3着対角)

Oアドマイヤミヤビ 3着

結果からは純粋ゾロ目決着により2枠が連対から外され1着と3着サポート役という形が示された

ここはゾロ目変則決着により2枠が封じ込められたとの読みと裏同枠・対角起用から前年2人気 考察は継承なのか終了なのかの判断があやふやとなる

そして迎えたダービー

16年)ダービー
《2人気》サトノダイヤモンド【ルメール】


以前の記事にルメールによるヴィクトリアマイル・オークス・ダービーの3週連続GT制覇はあり得るとしたのはルメールが前年2人気だったことにある

個人的には以前からスワーヴリチャードが連軸だったことからそこからGT1着枠・3着枠の1枠、青葉賞1人気の8枠が浮上から継承の判断が難しい前年2人気 ルメールはそれらの次点の候補とするも結果は、

17年)ダービー
1着 レイデオロ ルメール(前年2人気)
2着 スワーヴリチャード

主催者の答えは《継承継続》となる


以上から安田記念、そして宝塚記念も継承してくれるとの決め付けで残りGT2戦もここを入口にしていく

今週の安田記念は、

16年)安田記念
《2人気》リアルスティール【福永】


連軸としては福永自身もしくは同枠が連対馬へ投入されるとみる!








コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ