「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます

検討用のスタディ模型

2014/11/28  18:05 | 投稿者: adesso

図面やスケッチだけでは どうしても解りづらいとき
たまに 作ってみたりします。

図面もまだラフの段階
それも 1/100という 小さい世界のまま
高さのバランスや 空間の拡がる感じ
自分自身なんか気になる?ところがあれば
やっぱり、これを作って
上から下から斜めから・・・・・


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
で、今回気になったのが
この三角形に立ち上げた屋根の下、寝室の天井空間が気になったところ
お客さんとの打ち合わせにも 模型を利用して説明
「屋根の形をそのまま活かすとこんな空間になります」と
気になってるところをご説明。
で、お客さんも 模型の屋根を剥がして
上から下から斜めから・・・

「そんなに、気になりませんよ!」の 一言

ホッと安心した 次の瞬間

「でも、この窓、朝 眩しくないですか?
早起きになっていいかもしれないけど」

・・・確かに、カーテンの付けようが 難しい!

その場で お客さんとも いろいろ意見をまじえ
今のところ、スモークフィルムで落ち着いてますが
・・・?もっと いい考えがないものか・・思案中。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

作るのは 一手間ですが
お客さんへの 説明には 力を発揮します!



こちらも「0宣言の家」TSURUKENさんとのコラボ。 S様邸
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ