「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます

久しぶりの熊本

2018/11/26  9:04 | 投稿者: Masaki

もう二年前になるのですが、熊本の民家を改修しました。
熊本地震の際は 内部の家具は揺れて倒れて大変な状況だったみたいですが、平屋の建物はしっかりしていて 無事に耐えきれたとの事。なので、改修理由は地震による被害からではなく 大きな地震を機に 娘さん夫妻が両親との同居を考えての改修でした。

久しぶりの訪問になった理由は いろんな縁がグルっと廻って、あでっそあぐりの出張料理教室をこちらでという事で 打合せのために同行させてもらいました。


二年前、最初に現地を訪れたときから この玄関建具は残したい!と思った建具が迎えてくれました。 
クリックすると元のサイズで表示します
反りも狂いもなく いまだにガラッと滑るように開きました。いい材での、いい仕事 これだけで建物への期待感が高くなりますね。シンプルなデザインがまた粋です。

クリックすると元のサイズで表示します
玄関入って正面の窓に 内障子を嵌め込み、カベ天井を漆喰で仕上げました。スッキリ明るくなった玄関は二年前と同じ(二年では変わりようもないですね)。

クリックすると元のサイズで表示します
同居のため新たに設えた娘さんたちのリビング こちらも素敵に暮らしてもらってました。



断熱を見直し 自然素材を中心に改修。
しかし、残念ながら居住空間の快適さだけでは、健康度は半分しか上がりません。
暮らしの中で何を食すか? 我々の身体は 鼻や口から入ってくるもので 日々つくり替えられています。
変なものを口から入れてると 変な身体に(変な病気に)なっていきますよ。

こちらでの料理教室も もちろん無農薬・無施肥で育てた野菜を中心にした家庭料理の献立になる予定です。

健康が一番!病気なってからでは遅〜い!
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ