「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます

赤坂けやき通り むらた

2019/12/25  17:51 | 投稿者: 政喜

千葉出張からの帰り
福岡空港から帰宅途中
少し寄り道
奥さんお勧めの蕎麦屋さん

半分強制連行気味に
連れられたのですが
店の佇まいを見たら
少しづつ膨らむ期待感

クリックすると元のサイズで表示します

強制連行に感謝!

まず目に入った
ネオンサイン
石臼のデザインセンスに
盛り上がる期待感

お店のロゴやサイン
それだけで
高そう(値段)や安そう
旨そうや そうでもなさそう
こだわってそうやな〜
老舗っぽい、など
勝手に想像してしまいます

なので、お店を出るときには
その期待感と満足度を
天秤にかけ「また来よう!」となるか
・・もう来ないかなと呟くか
ロゴの大切さを感じます。


クリックすると元のサイズで表示します

白い暖簾をくぐり
小さな前室を抜け
案内されたのが
一枚物の無垢板のテーブル
相席も気にならない大きさ

店内の写真はありませんが

店員さんに了承を得
思わず撮った一枚
クリックすると元のサイズで表示します

最後の締めに
運ばれてきた“蕎麦湯”
最高でした!
独特ののど越しと
深い味わい
サインのセンスに負けない
なかなかの満足感でした。

ごちそうさま。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ