2011/7/22

拍手コメントへのコメント  

「アカメ日記のつづきです」への拍手コメントです。
************************
2011/7/16 10:35
 これほど釣れると、しかも、かなり限られた釣り人による釣獲での数からみても、アカメはとても“絶滅危惧種”とは思えないですね。しかし、非常に貴重な種であることには違いないです。
 思うに、アカメはじつに神秘的で、寡黙な野武士のごとき、どっしりとした存在感のある魚です。
 一方、「標識放流」に協力されている方々の心根と努力に敬服します。
ゲットしてからリリースまでの時間やご苦労を思うと、他の魚種の釣り人には無い、格別の熱意と優しさを感じるのは筆者だけでしょうか。
 それにしても、新堀川のアマモのような、稚魚のための藻場の保護、増殖などにも、行政の積極的な関わりを求めたいです。観光面では、“売り”である「土佐の自然」を代表する真に野生の魅力を背負った貴重種でしょう。 竜馬、慎太郎も土佐の宝ですが、アカメも土佐はもちろん、日本の生態系におけるシンボルでしょう。土佐の高知の「シンボルフィッシュ」だと確信しています。
 幕末の志士たちの偉大なる存在を認識した上で、アカメにも銅像を(レプリカ)作って高知駅前、中村駅前、潮江橋、桂浜など要所要所に建ててやりたいと思うくらいです。(思い入れが過ぎるかな?)
 アカメはもちろんのこと、土佐の自然の生態系が未来永劫に豊かであり続けることを願います。併せて、アカメのリリースがダメージを与えることなく続けられることも、、。 
7月16日 amego
********************************************
 amegoさん、いつもコメントありがとうございます。拍手コメントは公開されませんので、ここに掲載させていただきます。

 アカメへの思い入れよくわかります。管理者としては嬉しい限りです。

 アカメの銅像、観光名所へ建立できたら素晴らしいですね。
6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ