★嬉しいけど複雑・・・★  日記

あの震災後、10年ほどの間、オークションをきっかけに
ずっと私の手作り作品を気に入ってくださり、最近では
お洋服を個人的に注文してくださっていたお客様と連絡が
取れずにいました。

ここ5年ほどはお手紙のやり取りでのご注文が主でお声も、お顔も
知らない仲なのにいつもその文面から温かい方なのだなぁと
伝わってきて悲しいことがあったりした時はいただいたお手紙を
読み返したりして元気をいただいていました。

ちょうどあの大震災の2日前にバッグのご注文をいただいて
制作に取り掛かっていたところでした。
住所も福島県〜と津波の影響はないどろうと思われたのですが、
原発30キロ圏内といわれていた地域でずっと連絡が取れず、
ご無事を祈りながら作品を作ってご連絡を待っていました。

先週しらない電話番号から電話があり、「誰だろう?」と思ったら、
その方からのお電話でした。
関西に住む息子さんご夫婦のお宅に避難されて来られたと・・・。
しかも私の連絡先をお嫁さんに見せたら、
「電車で1駅隣だよ!?」
と言われたと・・・。

そして初めてお会いしてお品物をお渡ししてきました。
駅で待ち合わせをしたのですが、私が作ったお洋服を着て
バッグを持ってくださっていてすぐにわかりました。

ご主人もお客様自身もお仕事をなくされて避難生活をする
ことになり、ご主人も来月こちらに来られるとのことでした。
こちらでパートを探すことにしたとのことだったので、
そのお仕事が決まるまでの間、Handmade Journalで
お手伝いをしていただくことにしました。

手作りは買うばかりで経験がないということでしたが、
私も包装や発送、ラベル作りなどに追われて作業が大変だったので
そちらの方のお手伝いをしていただくことにしました。

ずっとお断りしていたお仕事も再開することに決めました。
いつも100個単位でのスイーツ小物だったので包装も
ラベル作りも大変だったので・・・。
お手伝いいただけるなら頑張ってみようかと!!!

私たちを引き合わせてくれたオークションにも力を入れて
頑張ろう!と。
そして売上の一部は以前も書いた通り義援金に
と共通の目標も改めて確認して頑張ることになりました。

お話しを聞けば聞くほど言葉はありません。
よく想像力をはたらかせて現地の方の気持ちを少しでも分かろう
なんてメディアを通して聞こえてきますが、私は大反対。
聞いただけでいくら感情移入できる人でも、1ヶ月以上ゆっくり
眠れず、これから先の不安をずーっと考えて過ごした精神的苦痛を
現地の方の精神状態で想像できる人なんているはずないで
しょうし。

ただ聞くだけ。
お仕事がなくて困ると聞いたので本当にすずめの涙ほどの時間の
お手伝いをしていただくだけなので何の足しにもならないでしょうが
初めて使うWordやExcelも経験していただこうかと。

昨日は働きたいと思っているという町を一緒に散策しました。
10件ほど張り紙を見て電話番号を控えて電話をしたようですが、
面接をしてもらえることになったのは2件だけだったそうです。
それでも明るく丁寧にをモットーに頑張るんだと今日も電話を
くれました。

明日は早速タグ作りとメール便発送を手伝ってもらいます!
メール便って何?と言ってたのでどんな反応をされるのか
楽しみです。。。




1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ