新潟大賞典見解  競馬



幕引きGT3戦は1人気ルメールによる三冠でした( ;∀;)

どこかでデムーロが勝つと踏んでましたが皐月賞も春天もどこまでいこうがルメール側でした

主催者のフランスギャロへの忖度が加速しています、それは凱旋門賞に向けてな訳ですが、、、

春季GTの重要戦歴としてステップ戦回避がやはり使われ、まだ明かせないですがもう1つ目星を付けていた重要戦歴に該当していたフィエールマンとリッジマンからリッジマン隣エタリオウを選択し見事にフィエールマン側を起用されたことからその重要戦歴も確信に変わったので今後のGTに生かしていきたいところです

NHKマイルCはPOG馬でもあるダノンチェイサー(きさらぎ賞からぶっつけ)の配置に注視してます


平成最後の重賞の新潟大賞典ですがここも1人気ルメールとなりそうです

このフォーマットでは1着指定番が4つ浮上し、その1つに1人気が該当すると勝利することからEロシュフォール該当から軸とします

押さえ1着としてFアストラエンブレムを押さえます

他フォーマットの流れからは8枠か正逆8が連対する設計がされているのでGブラックスピネルHサンデーウィザードNメールドグラースを重視します

平成最後を気持ちよく的中させ新時代 令和を迎えたいです

では重賞見解です


★新潟大賞典

単複
Eロシュフォール
(Fアストラエンブレム)

馬連単
E(F)⇒GHNDLC


ではでは
0
タグ: 新潟大賞典



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ