ユニコーンS・函館スプリントS見解  競馬



今週は禁止薬物摂取の可能性から枠順確定後に起きた大量の競走除外馬という過去にないレアケースが発生しました

重賞はいつも通りのフォーマットからの解読をしたのですが果たしてそれが除外馬多数の枠順でどこまで反映するのかという部分では疑問は拭えません

ユニコーンSはフォーマットから導きましたが除外馬多数の函館スプリントSに関しては有効なのかどうかは定かではありません

フォーマットからいえばどちらの重賞もセンター配置馬GデュープロセスとFダイメイフジですが今日はレアケースは理解しつつも様子見しながらこれらから入ってみたいと思います

では重賞見解です



★ユニコーンS

単複
Gデュープロセス

馬連単
G⇒CKJ@NMA

3連複単
G⇒CK⇒@M



★函館スプリントS

単複
Fダイメイフジ

馬連単
F(I)⇒AJL


ではでは
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ