紫苑S見解  競馬



凱旋門賞でのキセキの鞍上の行方にずっと注目してました

最初から川田非ずで外国人の流れの中、マーフィーかと思いきやフランスギャロからの鞍上指名はスミヨンでした

まあこれも使命です

キセキへの連対許可が下ったがためのフランスギャロ主導による騎手決定です

少し今年はキズナとオルフェーヴルが参戦した凱旋門賞年に流れは似てると思いましたがやはりここぞのスミヨンでした

キズナとロジャーバローズ、オルフェーヴルとキセキについては後日書きたいと思います


では紫苑Sですがフォーマットからは正逆21か25が勝馬になる設計になっており、どちらの数字にも該当するEフェアリーポルカを1着軸にします

そして紫苑Sと明日 京成杯AHが同フォーマット設計から明日 京成杯AHでHグルーヴィットか隣馬が連対する先読みから紫苑SではGグラディーヴァが連対するとみて対抗筆頭にします

では重賞見解です


★紫苑S

単複
Eフェアリーポルカ

馬連単
EG⇒GDJCKN@


ではでは
0
タグ: 紫苑S



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ