富士S見解  競馬



本日は時間の都合から短めの考察です

富士Sはフォーマットからは1人気位置に焦点があたるケースですが類似フォーマットではその1人気は京成杯AH・紫苑S・北九州記念・エルムS・プロキオンS・七夕賞で1着はなく2着連対すらもないことから1人気アドマイヤマーズの限界着順は3着とみます

他の理由としてはゾロ目でマイルGTを勝利したタイプは直後のレースを基本的に3着と連対否定されていることからも3着席が妥当とみます

これらの同フォーマットでは6枠か8枠連対、正逆6か10連対から軸には8枠Oノームコア、6枠Kエメラルファイトから正逆6と10へいってみます

アドマイヤマーズが非連対なら1人気位置に属する隣Eイレイション、対角Kエメラルファイト、平行Oノームコアにチャンスが出てくるとみます

では重賞見解です


★富士S

単複
Oノームコア
Kエメラルファイト

馬連単
OK⇒LIHE

3連複単
OK⇒LIHE⇒F


ではでは
0
タグ: 富士S



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ