スワンS・アルテミスS・豪GT コックスプレート見解  競馬



本日はレース数が多いので手短に考察します

まずスワンSですが同一フォーマットからは正逆7、次いで正逆36か39が連対する設定となっています

軸には他の要素から前年2着同枠のHトゥザクラウンとし、相手には正逆7とします


アルテミスSは同一フォーマットから6枠・正逆19か20が連対最優先でありそれに該当する秋天と同じ配置の川田・中内田コンビHリアアメリアから入ります

8枠純粋ゾロ目なら明日の秋天と同じ川田・ルメール決着になるのでもしかするとあるかもですが少し嫌ってみます


豪GTコックスプレートですが通常は同年宝塚記念1着歴だけで凱旋門賞の連対切符となる権利をわざわざ他海外GTで行使するわけですからランクの下がるGTならほぼ1着席と考えられることからHリスグラシューから入ります

相手ですが繰り上がり出走のなかったゲートフォーマットからゲート位置から色濃く出てた正逆4ケープ・ハーレム、正逆3ミスティック・クルーガー、正逆1キャステル・ブラックのいずれかとみますが馬番フォーマットからは接触ゾロ目の可能性が挙がってることから隣のGIも押さえます

では重賞見解です


★スワンS

単複
Hトゥザクラウン

馬連単
H⇒FK@QNCP

(F⇒@QNCP)


★アルテミスS

単複
Hリアアメリア

馬連単
H(G)⇒CDBEA


★豪GT コックスプレート

単勝
Hリスグラシュー

馬連単
Hリスグラシュー
↓↓↓
Jケープオブグッドホープ
Cハーレム
Kミスティックジャーニー
Bクルーガー
Mキャステルヴェキオ
@ブラックハートバート
Gダンステリア
Iマジックワンド
Eキングズウィルドリーム
Aアヴィリオス


秋天ですが事前通りHダノンプレミアムの単勝でいく予定です

フォーマットからはサートゥルナーリアよりアーモンドアイの連対の比重が高いことも分かり、しかも5枠は3着最有力の考察もあり、1人気1着の3歳毎日王冠勝馬が本番に不参戦は3歳連対否定ともとれることからサートゥルナーリアはダノンプレミアムの連対補佐で終わる3着がベストではないかとみてます

現時点ではダノンプレミアム⇒アーモンドアイ⇒サートゥルナーリアの順です

あとサートゥルナーリアにとってのマイナスは先週の同馬主メールドグラースの豪GT制覇と多分勝つと思われますが今日の同馬主リスグラシューの豪GTコックスプレート制覇がマイナスに働くとみます

ではでは
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ