豪GTメルボルンカップ見解  競馬



きのうのJBCは3レースをなんとか無事的中できました

ただスプリントでの戸崎の落馬は衝撃的すぎてそんな喜びもかなり薄れました

この秋季の戸崎は重賞においてかなりの活躍が見込まれていただけに本人も主催者もかなり残念に思われます

個人的にはマイルCSはダノンプレミアムVSダノンキングリーのダノンゾロ目とみてただけに今後キングリーに誰を乗せてくるのかが非常に気になってます


メルボルンカップですがフォーマットから浮上したJフィンシュ 23ヴァウアンドディクレアAメールドグラースOヌフボスクから軸にはAメールドグラースと23ヴァウアンドディクレアとします

ダミアンレーンの主要オーストラリアGT(4大レース)の完全制覇がかかってるだけにオーストラリア主催者が勝たせて記録を創らせてもおかしくないとみます

では重賞見解です


★豪GTメルボルンカップ

単複
Aメールドグラース
23ヴァウアンドディクレア

馬連単
Aメールドグラース
23ヴァウアンドディクレア
↓↓↓
23ヴァウアンドディクレア
Jフィンシュ
Bマスターオブリアリティ
22ザチューズンワン
20イルパラディーソ
Dサザンフランス
(Kプリンスオブアラン)
(Lレイモンドタスク)


ではでは
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ