ユニコーンS・マーメイドS見解  競馬




マーメイドSはGU連対歴が重要視されていることから唯一所有するDシャドウディーヴァの直接連対は難しいと思われることから対角Kアンドラステと同枠Eフィリアプーラから入ります

ユニコーンSは枠組みからGサンライズウルスとみます

では重賞見解です


★ユニコーンS

単複
Gサンライズウルス
Hブラックアーメット

馬連単
GH=@OEJK

ワイド
G=IJK


★マーメイドS

単複
Kアンドラステ
Eフィリアプーラ

馬連単
KE(D)=GHANBM


ユニコーンS結果
クリックすると元のサイズで表示します


マーメイドS結果
クリックすると元のサイズで表示します


※レース後 追記 0:00
マーメイドSはシャドウディーヴァ平行配置のLクラヴェルが起用されました

藤懸の重賞初制覇は岩田による可愛がり(妨害行為)を見過ごしてきた主催者からの見舞金にみえました

じゃなかったら藤懸がこのタイミングで勝てる訳がないと思われます

正直自分も岩田と同様に藤懸は上手くない部類の騎手という評価に変わりありません

ユニコーンSは札幌メインのしらかばSの締切後の取り消し発生(この時点で特殊戦化)、そこから枠入れ駐立不成立としプラス発走時刻の遅延から阪神メインマーメイドS馬券締切後の発走から取り消し番正逆15がユニコーンSに飛ぶことになりました

その遅延の流れからユニコーンSのAスマッシャー単複だけ押さえましたがまさかもう一頭の正逆15サヴァというおまけまで付いてきたのには驚きました

特殊戦化後に発走するレースはもはや打つ手が少なくやはり難しいの一言に尽きます

結果対角ゾロ目で馬連5万馬券となり久しぶりに大きな特殊戦化の影響力を感じさせられたレースでした

今週は宝塚記念ですが京都開催が存在しない今年ならでは史上初の決着になるはずです

それは既に話題になっている牝馬決着であり牝馬による3連複独占決着です

ただし世間が思い描くレイパパレVSクロノジェネシスではなくカレンブーケドールVSクロノジェネシスorレイパパレが濃厚です

グレード制以降で初となる牝馬による春天馬券入りという唯一の戦歴がGTの1着切符として作用するならそれは宝塚記念しかありません

カレンブーケドールが春天から戸崎に乗り替わりとなった理由は安田記念ダノンキングリーの川田へ変更から想定すれば宝塚記念を戸崎に献上することで全てがクリアできみんな丸く収まります

宝塚記念の勝馬はクロノでもレイパパレでもなくカレンブーケドールによるGT初制覇の場とみます


ではでは



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ