夜今日の出来事(桜花賞他)  競馬



先週の重賞群の回顧ですメモ

阪神牝馬Sはゲートで3つ挙がったAグランプリを基に同枠@カレンチャンから高松宮以来の満足いく的中でしたOK

ニュージーランドTは阪神代替の傾向から枠2ー4にヤマを張るもゴール寸前にEジャッカルに阻まれ2―4はワイド止まり汗

しかもドナウではなく同枠オスマン ̄ー ̄

近年は去年のサンライズプリンスのような皐月賞トライアル敗退歴が走る傾向にあります〜

マーチSは切ったFテスタが対角ゾロ目決着を演出しました見ザル

これは1着テスタが3着インバルコと平行ワイドゾロ目を発生させたことからも桜花賞の平行・8枠ワイドゾロ目の影響を受けた形です月

さて変則となった桜花賞ですが結果からみればグレード制後初の非トライアルステップ勝馬のワンツーという決着性に完敗汗

しかしこの超難解なオペレーションに挑んだ考察時間に対し、結果が1・2人気決着では対価としては不釣り合いです天秤座

これでは素人馬券決着を的中できたとしても多分納得がいかない私でしょう-_ゞ

絶対的連対禁止馬レーヴディソールからの1番人気歴を欲したホエールの意味合いが今ではよくわかりますヒラメイタ!

全てをぶち壊したマルセリーナは本来なら正常開催フラワーCを勝利して桜花賞を経由したと考えられます足跡

その根拠は突然松田博(マツパク)厩舎が引っ張りだしたダート連勝馬トレンドハンターが代替フラワーCを制した点からです月

最初にJRAが用意したシナリオ、非トライアル勝馬ワンツーに対応するための代用トレンド月

根底にある決着構図は変更せず本番に対応する為の処置として、フィリーズレビューやフラワーC等(変則ステップ)の直接的な受け入れを拒み(変則ステップ→変則桜花賞×)、正常開催非トライアル勝馬から変則桜花賞の受け入れを容認したことは後になればよく理解できますPC

チューリップ賞組は封印しながらも変則フィリーズレビュー・フラワーCステップ勝馬の後押しを受けたホエールとフィリーズレビュー3着 マル外馬の後押しを受けたマルセリーナヒラメイタ!

狙った裏配置の者達は影役に撤したまま終了月汗

再現の大震災95年でも、

ヒラメイタ!1着対角
@阪神JF2着 クイーンC1人気

ヒラメイタ!2着対角
Aダート500万勝

ヒラメイタ!2着平行G
賞金OPフローラSのみ

皐月も同年の再現が基になることは明白ですPC

ではでは^▽^





AutoPage最新お知らせ