PC歴史的な結末・日本ダービー  競馬



ダービーの枠順が発表されました……が、見れば見る程コレは…PC´Д`ドンッ

ダービー【史上初の11R】施行は今年のみの一過性であり、その中で起きる決着性も過去に例のない史上初の二度と再現しないと言えるモノとなるはずですパトカー

以上を踏まえ既にある結論に達しましたヒラメイタ!

我々が見るダービーは…

ヒラメイタ!【史上初の馬主ゾロ目決着】

そして…

ヒラメイタ!【史上初の調教師連覇】

そして…

ヒラメイタ!【史上初の隠れ純粋ゾロ目決着】

そして…

ヒラメイタ!【(〇父)ディープインパクト産駒 同一父内国産種牡馬産駒による史上初のワンツー】

以上から決着構図は…

【トーセンラーVSトーセンレーヴ】注意

今年のみの限定施行にあらゆる制約のある史上初を盛り込もうとしているのがJRAの思惑でしょうPC

後程この見解に至った考察(符合)をまとめたいと思いますメモ

―――――――――――
メモまとめ考察

PC現ダービー決着構図
1着 7枠N逆C ラー
2着 8枠O逆B レーヴ ウィリアムズ 前走2000M勝ち
3着 6枠J逆G デットーリ

上記の想定決着位置とを照らし合わせてみると…クラクラ


ヒラメイタ!デットーリ参戦時(GT東京2400M=JC)

トロフィーJC

砂時計96 カク地2年目
1着 7枠M逆B デットーリ
2着 2枠C 前走2000M勝ち
3着同着
※意味合いはゾロ目同列


砂時計99 1・3着ワイドゾロ目
1着 7枠L逆B 前走2000M勝ち
2着 外国人
3着 7枠K逆C デットーリ


砂時計00
1着 4枠G 前走2000M勝ち
2着 7枠
3着 デットーリ


砂時計02 2・3着ワイドゾロ目
1着 デットーリ
2着 4枠G
3着 4枠F 前走2000M勝ち


砂時計05
1着 7枠M デットーリ
2着 8枠O逆B
3着 4枠G


砂時計06 純粋ゾロ目
1着 6枠 池江
2着 6枠 松田博
3着 3枠B デットーリ


デットーリ参戦時(東京2400M戦)とは全レースで強い共通項があり傾向が偏っていることは明白ですパトカー

デットーリの着順は3着が妥当だとみてますヒラメイタ!

字数が足りなくなったので他の符合は明日にメモ

ではでは^▽^


目ダービーの視点B  競馬



今回は出目や配置を探りますサイコロ

春クラシックの縦の流れと前年同一レースの横の流れから抽出しますヒラメイタ!


サイコロオークス

リサイクル縦 皐月賞→オークス
ヒラメイタ!2枠C・6枠K
月池添

リサイクル横 前年→今年
ヒラメイタ!8枠Q
月柴田善臣・古賀


ダービーでもオークス同様の流れを汲むはずですパトカー


サイコロダービー

リサイクル縦 桜花賞→ダービー
ヒラメイタ!【4枠G】・8枠OP
月アンカツ・池添・岩田

リサイクル横 前年→今年
ヒラメイタ!1枠@・【4枠G】F
月藤原・橋口・後藤・角居・岩田

縦横に該当する共通項は4枠Gです注意

4枠Gに配置された馬が現時点では馬券対象最有力ですクラクラ

他ではワイドゾロ目決着と桜花賞2着の8枠Oですパトカー

8枠Oは皐月賞でトーセンラーが配置されていた位置でもあるため再度ダービーでも配置される可能性もありそうですPC


次に戦歴配置からの切り口ですがクラシックがカク外開放2年目と同列となるカク地開放2年目の《96年》から抽出しますPC


砂時計96 オークス
1着同枠 エリモシック
足跡フローラS 3着

2着同枠 ハダシノメガミ
足跡スイートピーS 2着
→平行 メイショウヤエガキ
足跡フラワーC 2着

砂時計11 オークス
1着平行 シシリアンブリーズ
足跡スイートピーS 2着

2着 ピュアブリーゼ
足跡フローラS 3着
→対角 ハブルバブル
足跡フラワーC 2着

オークスでは96年の裏戦歴が重要な役目を果たしました月

ダービーでも96年の戦歴は起用されるといえますNo.1!

その根拠は96年勝馬 フサイチコンコルドの所持した《すみれS勝歴》を所持するロッカヴェラーノが滑り込みで出走させられた部分からです!!双子座

砂時計96 ダービー
1着 フサイチコンコルド
足跡《すみれS 1着》
→対角 サクラスピードオー
足跡《皐月賞 7着》

2着 ダンスインザダーク
足跡《プリンシパルS 1着》
足跡弥生賞 1着
→対角 ミナモトマリノス
足跡《皐月賞 4着》
→2着平行 マウンテンストーン
足跡《青葉賞 1着》

《》した戦歴は重要戦歴となるはずですパトカー

月すみれS勝馬 ロッカヴェラーノ
月プリンシパルS勝馬 トーセンレーヴ

クラクラ皐月賞 7着 トーセンラー
クラクラ皐月賞 4着 デボネア
クラクラ青葉賞勝馬 ウインバリアシオン

ロッカとレーヴは裏配置が理想です月

4枠G配置馬は…スパーク

ではでは^▽^


目ダービーの視点A  競馬



前回の続きですメモ

どうでもいいことですがダービーのトウカイテイオーのCM、イイです*^_^*

話は戻りますが蛯名についてですクラクラ

ナリタブライアン以降の3冠馬翌年の調教師と連覇騎手には《前年牝馬GT勝歴》が存在してますスパーク

その側面からみた場合、前年牝馬GTは…

トロフィー3冠 蛯名ヒラメイタ!

トロフィーヴィクトリアマイル 横典(不在)

トロフィーエリザベス ムーア(不在)

トロフィー阪神JF 福永(乗替)

から該当は蛯名と福永となりますが

【ダービーは乗り替わりは勝てない】注意

という絶対的定義があるため福永はアウトとなり残すは蛯名のみとなりますパトカー

その蛯名が連対することによりある初めて性が発生しますNEW

日本ダービー史上初となる戦歴所有者を枠順に2人存在させる意義フランス

【凱旋門賞連対騎手による日本ダービーのワンツー決着】注意

それは世界に真の国際化開放を発信するメッセージとなりえるはずです地球

ドバイを日本に独占させた見返りとしてドバイの刺客がダービーに送り込んだ凱旋門賞2勝デットーリジョーカー

デボネアは乗り替わりなので無いとは思いますが万が一も想定してますSOS

今年の牡馬クラシックですが当てはめるならやはり88年と考えますPC

月サクラチヨノオー⇔グランプリボス
足跡朝日杯FS勝ち
足跡ダービー⇔NHKマイルC
※東京GT制覇

月オグリキャップ⇔レッドデイヴィス
足跡ペガサスS⇔シンザン記念
足跡毎日杯

月ヤエノムテキ⇔オルフェーブル
足跡東京皐月賞
足跡オグリキャップに敗退⇔レッドデイヴィスに敗退

88年のサクラチヨノオーは世代最強馬オグリキャップと交わることなくダービー馬に就きましたスパーク

皐月賞はオグリキャップの敗退歴があるヤエノムテキが就きましたスパーク

この流れは今年も受け継がれているはずでレッドデイヴィスに対する敗退歴馬がダービー馬になるという矛盾は考えられないのですパトカー

この場合、毎日杯のレーヴとコティリオンもアウトとなります見ザル

デイヴィスと交わらずにレベルを誇示したレースとは…!?

それはきさらぎ賞とみますスパーク

のちに2着リキサンマックスはNHK2着対角に、3着オルフェーブルは皐月賞勝利、4着ウインバリアシオンは青葉賞を勝利、6着コティリオンはNHK2着ヒラメイタ!

残りのラーは4枠Gそれとも8枠O配置か!?

ではでは^▽^


目ダービーの視点  競馬



ダービーを独自の視点から捉えてみます目

今年のダービー候補としてずっと気になってた馬がいますクラクラ

それはトーセンラースパーク

春天でエイシンフラッシュが勝利すれば藤原厩舎のダービー連覇は無いと本命にし見ていた中、結果は2着聞かザル

勝たせなかった部分を考えると可能性はあると…クラクラ

モヤモヤから可能性を検証するとこの馬は…◎o◎ヒラメイタ!


トロフィー3冠馬誕生の翌年

砂時計84年 3冠馬 シンボリルドルフ
↓↓↓
砂時計85年 ダービー
トロフィーシリウスシンボリ
調教師 二本柳俊夫
足跡牝馬GT勝歴

注意調教師【2度目のダービー制覇】
※騎手時代+調教師


砂時計86年 3冠馬 メジロラモーヌ
↓↓↓
砂時計87年 ダービー
トロフィーメリーナイス
騎手 根本康広
調教師 橋本輝雄
足跡前年マイルGT勝歴

注意調教師【2度目のダービー制覇】
※騎手時代+調教師


砂時計94年 3冠馬 ナリタブライアン
↓↓↓
砂時計95年 ダービー
トロフィータヤスツヨシ
小島貞弘
鶴留明雄
足跡前年牝馬GT勝歴

注意騎手【2度目のダービー制覇】


砂時計03年 3冠馬 スティルインラブ
↓↓↓
砂時計04年 ダービー
トロフィーキングカメハメハ
安藤勝巳
足跡当年マイルGT勝歴
松田国英
足跡前年牝馬GT勝歴

注意調教師【2度目のダービー制覇】


砂時計05年 3冠馬 ディープインパクト
↓↓↓
砂時計06年 ダービー
トロフィーメイショウサムソン
石橋守
瀬戸口勉
足跡前年マイル・牝馬GT勝歴

注意調教師【2度目のダービー制覇】


今年はダービー2度目となる騎手or調教師による戴冠劇です!!

騎手連覇の側面から見た場合、

トロフィー武豊98・99年《連覇》

砂時計99年 ダービー
武豊
足跡前年牝馬GT勝歴
橋田満
足跡前年マイルGT勝歴


トロフィー四位07・08年《連覇》

砂時計08年 ダービー
四位
足跡前年牝馬GT勝歴
昆貢
足跡当年マイルGT勝歴


3冠馬翌年の戦歴項目の【前年or当年 牝馬GT・マイルGT勝歴】を騎手連覇時も持ち合わせてました月


今春クラシックは皐月賞が前年同様の《弥生賞枠VSスプリングS枠》決着、今年のオークスは前年1着 古賀厩舎による連対という連続性を見せていますPC

これら2度目と連覇を兼ね合わせた連続性を持つ厩舎は【藤原厩舎】しかありませんパトカー

牝馬クラシックをまとめた蛯名を鞍上に配したワケは…?PC

ではでは^▽^


夜今日の出来事(オークス他)  競馬



早々と重賞回顧といきますクラクラ

本日の東海Sは満足もオークスは勿体ないの一言に尽きます汗

個人的に前年春GT出目から狙い撃った枠 6―8は春天からだったワケですが、

砂時計10 春天
枠 6―8―2
馬 K―O―C

3連として2枠Cにこだわった理由はここにありますT▽T

しかし前年春天馬券対象枠を全て起用する代わりに枠着順が入れ替わることは想定外だったワケです見ザル汗

枠 6―8―2が起用される推察は間違ってなかったのですが…-_ゞ

冷静に考えればフローラSが日曜GT皐月賞を従えた日程、これが初めて性でしたね月

今暫くは再現不可能な一過性フローラS馬バウンシー同枠エリン起用とは恐れいりました ̄ー ̄

ちなみに勝馬エリンは枠順組み直しならDカルマート【初の前走未勝利勝ち歴】というオークス史上初の戦歴馬と隠れ同枠だったことも覇者へ押し上げた一因でしょうヒラメイタ!

2着ピュアブリーゼは桜花賞馬平行配置を見事に生かした形です月

馬券的に注目したグルヴェイグ・ハブルバブルもピュアの補佐でしかなかったと…オバケ

マルセリーナの二冠が無いことは見抜けても2枠の比重を見誤ったのは残念です-_ゞ

考察側から読むクラシックとした場合、読み手の定義として…

月皐月賞
↓↓↓
月オークス【皐月賞馬券項目移行】

月桜花賞
↓↓↓
月ダービー【桜花賞馬券項目移行】

という形で牡牝戦をクロスさせ継承してることはほぼ知られてません注意

皐月賞をダイワメジャーが勝利しオークスは同じエルシエーロが勝利したケースや、桜花賞でアドマイヤキッスが2着しダービーはメインが2着、同年皐月賞をフサイチジャンクが3着しオークスではパンドラが2着などなどヒラメイタ!

私がグルヴェイグ・ホエールに期待したのは皐月賞 オルフェーブル《サンデーレーシング・池添》という読みからでしたが全くの見当違いでした聞かザル

ですがやはり裏ではシッカリと皐月賞からオークスへ継承されてましたPC

トロフィー皐月賞
1着 K
2着 C
↓↓↓
トロフィーオークスヒラメイタ!
1着 C
3着 K

これが桜花賞→ダービーにも継承されるならG―OPワイドには要注意ですパトカー

さて今週のダービーですが心は既に決まっていますスパーク

ウィリアムズ→デットーリによる【初の外国人ワンツー決着】注意

初の《連闘歴VS外国人馬主》の連対、青葉歴の初ダービー馬誕生へ炎

ではでは^▽^





AutoPage最新お知らせ