工事中サイコロNHKマイルC・新潟大賞典  競馬



明日のNHKマイルC・新潟大賞典のゲート理論・出目継承を挙げておきます工事中サイコロ


トロフィーNHKマイルC

工事中ゲート

ヒラメイタ!グランプリボス
→リアルインパクト 13間隔
→オメガブレイン 6間隔
→マイネルラクルマ 9間隔
→ロビンフット 3間隔
⇔リアルインパクト 7間隔
⇔エイシンオスマン 11間隔


ヒラメイタ!リアルインパクト
→グランプリボス 13間隔
→ロビンフット 5間隔
→マイネルラクルマ 15間隔
⇔グランプリボス 7間隔
⇔オメガブレイン 2間隔


ヘニーハウンド→ロビンフット
→13間隔
月裏13 エイシンオスマン


キョウエイバサラ⇔テイエムオオタカ
⇔2間隔
⇔裏2 グランプリボス・フォーエバーマーク


サイコロ出目

クラクラ京王杯2歳S
正 E―B―@
逆 I―L―N
―――――――
循環
正 21―18―16
逆 25―28―30



トロフィー新潟大賞典

工事中ゲート

ダンスインザモア⇔サンライズベガ
⇔7間隔
月裏7 イケドラゴン・シャドウゲイト


キタサンアミーゴ⇔アルコセニョーラ
⇔7間隔
月裏7 マイネルゴルト・アンノルーチェ


サイコロ出目

クラクラ大阪城S
正 H―E―G
逆 F―I―G
―――――――
循環
正 24―21―23
逆 22―25


ではでは^▽^

0

メモ京都新聞杯見解  競馬



最初は京都新聞杯の見解ですメモ

解くサンプルとしては過去同位置に存在した京都4歳特別がポイントとなりそうですクラクラ

毎日杯馬が京都4歳特別を連勝したケース(88・92・98年)ヒラメイタ!

砂時計88 毎日杯
枠 8―3―4
馬 I―B―C
逆 @―G―F
↓↓↓
砂時計88 京都4歳特別
枠【8】―6―4
馬《N》―K―F
逆【@】―C―H
人《1》―10―7

砂時計92 毎日杯
枠 5―7―1
馬 D―H―@
逆 G―C―K
↓↓↓
砂時計92 京都4歳特別
枠 2―【7】―6
馬 A―F―E
循環
  10―《15》―14
人《1》―3―2

砂時計98 毎日杯
枠 4―6―6
馬 F―I―J
逆 H―E―D
↓↓↓
砂時計98 京都4歳特別
枠 8―5―1
馬《N》―【I】―A
逆 A―【F】―N
人《1》―4―9

レッドデイヴィスがここを繋ぐと過程した場合、

ヒラメイタ!毎日杯からの出目連動
ヒラメイタ!1人気・正逆Nの連対

が浮上します注意

砂時計11 毎日杯
枠 3―2―7
馬 E―B―M
逆 L―O―D

傾向からは毎日杯出目O・正逆NにあたるNテンペル@ダノンスパーク

特に青葉賞からの《連闘馬》枠がプリンシパルS同様連対するとみて連闘コスモヘイガー同居のNテンペル(無敗馬)が最有力ですクラクラ

そしてプリンシパルS共々2着が無敗馬の可能性からHパッションクラクラ

他は出目とレッド馬主ゾロ目と重なるBセインツ、連対の片方に若駒S馬券対象歴からJユニバーサルクラクラ


トロフィー京都新聞杯

クラクラ馬連単
K⇔【NH】@BJ


もう一方のプリンシパルSは先の青葉賞《連闘》馬+連続1人気・I配置から軸はIトーセンレーヴですスパーク

相手には最内馬からの馬名サインから浮上のCムーンが最有力ヒラメイタ!

そして京都新聞杯と同様、2着が無敗馬の可能性からCと同じFムスカクラクラ

サンプルとなるスイートピーからカク地Kダブル、同着順決着からトーセンレーヴと同じ重賞非賞金加算+優先権失敗歴にあたるPQNクラクラ


トロフィープリンシパルS

クラクラ馬連単
I⇔【CK】FPQN


トーセンレーヴが勝利すれば過去に例のない

スパーク青葉賞3着→プリンシパルS1着歴

というトライアルW参戦+優先獲得という逆サニーブライアンとしてダービーに向かうこととなります注意

おととしまでの基準なら幻のW優先権獲得馬月

無事に通過してほしいですスパーク

ではでは交番

1




AutoPage最新お知らせ