メモ東京大賞典見解  競馬



今年師走も終わりにきて松井引退というニュースはとても寂しい気持ちです汗

その彼の生きざまは2歳年下と思えない程の尊敬に価するものですスパーク

今の日本人9割方が持ち得てない《潔さ》を忘れずにいる本物のサムライだからこそ松井の人間性・姿勢に自分は感銘を受けます拍手

松井という人間の素晴らしさを引退をもって強く感じるのは残念ですが自分もこうでありたいと思わせる彼の美学には共感を覚えますヒラメイタ!

松井という現代に誇れる最強スラッガーが巨人に存在した事、ファンの期待に数々のプレーで応えてくれた事、沢山の喜びを与えてもらい感謝してますキラキラ

彼の姿こそ今の日本人が一番見習わなくてはならない姿だと強く思いましたクラクラ


では最後の重賞見解ですメモ

トロフィー東京大賞典

炎枠連
1―6・2

炎馬連単
GA⇔@

炎3連単複
G
⇔@
⇒EFACH

A
⇔@
⇒EFGCH

最後は仕切り直しでもう一度岩田に託しますキラキラ

今年も迷走続きの予想にお付き合いいただきありがとうございましたT▽T

来年はもう少し精度があげられるよう禿げんでいきますおじいちゃんキラキラ
※励んでの間違いでしたT▽T

『欲しがりません、勝つまでは』言わザル

皆さんそれではよいお年を土下座

最後も今日も一日がんばりまゆゆ力こぶ

ではでは ̄ー ̄


0

メモ阪神C見解  競馬



デムーロ⇒皇成の乗り替わりがなければ3着 ルーラーシップ・4着 エイシンフラッシュ・5着 スカイディグニティら3頭による表側のオペレーションでしたPCクラクラ

荒れるなら取消等々の変更事項が起きる予測は立ててあったのですが表側がフェイクで裏側が主催者が選択したものでした見ザル

以前にも提示した

『同一年にGT3勝馬が2頭並びたつことは無い』

と言った事が覆されたとみる向きが多いですが自分は覆ったとは思ってませんNG

あれはJRAが突いた隙間です雷

冷静に考え直したとき、
『GT3勝馬同士(同一期間)』と置き換えると今年はかたやGT4勝馬とかたやGT3勝馬となり並びたっていない訳ですNG

仮にジェンティルが牝馬3冠のまま終えていたら有馬でゴールドの戴冠劇はあり得ないことだったと解釈できますパトカー

それを回避するためにジェンティルには先にGT4勝目を挙げさせゴールドに有馬勝利で3勝目をもたらしたという自分なりの結論付けですヒラメイタ!

なのでやはり今後も
『同一年にGT3勝馬が2頭並びたつことは無い』
としておきます、自信を持って!! ̄ー ̄

そういえば考察で示唆馬として挙げたアーネストリーは対角Lをネヴァブションは同枠Eをしっかりサポートしてました、それは案外単純なものでしたT▽T

他にもいろいろとありますがもうこの辺にしておきます言わザル

では本年最後の重賞見解ですメモ

トロフィー阪神C

クラクラ単勝 JD

クラクラ枠連
6―3

6・3―8・1

クラクラ馬連単
J⇔D

JD
⇔Q@APCNB

クラクラ3連複単
J
⇔DC
⇒Q@APFL


きのうが内田なら最後はもう1人 今年の顔 岩田による有終の美を期待しますキラキラ

今日も一日がんばりまゆゆ力こぶ

ではでは ̄ー ̄


0

メモ新・有馬記念見解  競馬



最後にもう1つサインですが…

トロフィー中山大障害
【7人気】位置
↓↓↓
有馬記念 連対位置パトカー

きのうの7人気は…

→2枠Bパトカー


マヤの周期がひと通り終わり、新たなる新時代の始まりが訪れる時地球

月仮想《マヤの・トップ(スタート)ガン》
=父 ブライアンズタイム

彼が走る新時代・有馬記念日の出


トロフィー有馬記念

炎単勝【B】注意

炎枠連
【2―4】注意

2―7

5―4・7

炎馬連単
【B⇔F】注意

B⇔GLHI

炎3連複単
【B⇔F⇒CL】

B
⇔FGL
⇒FGLHICA


砂時計94年 王冠3冠馬 ナリタブライアン=オルフェーヴル

→砂時計95年 有馬記念
1着 逆Bマヤノトップガン
足跡菊花賞トライアル2着
足跡菊花賞1着

砂時計07年 王冠牝馬GT3勝 ダイワスカーレット=ジェンティルドンナ

→砂時計07年 有馬記念
1着 B
2着 Fダイワスカーレット


月仮想マヤノトップガン
⇒Bスカイディグニティ

月仮想ダイワスカーレット
⇒【Fダイワ】ファルコン

過去の3冠馬(年間GT3勝馬)の年をたどれば今年は07年の祭りだゴッホ年B⇒F再現と捉えます月

デムーロ⇒三浦の騎手取消発生パトカー

万馬券が発生していい土壌は出来たとみます花火

仮想マヤノトップガンVS仮想ダイワスカーレット決着に託します!! ̄ー ̄

今日も一日がんばりまゆゆ力こぶ

ではでは ̄ー ̄


0

PCそこにある有馬記念D  競馬



最後は中山9日間開催についてですPC

有馬記念が9日間に組み込まれる事は史上初となるわけですがそのヒントは同じ中山で史上初の9日間開催となった4回中山開催(9月)に求めることで解決できそうです月

その中山で今回の有馬同様に唯一3日間(土日月)施行であり《祝日》に中山重賞を施行した期間PC

PC4回中山(9日間)
9/15(土)

9/16(日)
阪神 トロフィーローズS

9/17(祝日)
中山 トロフィーセントライト記念


PC5回中山(9日間)

12/22(土)
阪神 トロフィーラジオNIKKEI杯2歳S

12/23(祝日)
中山 トロフィー有馬記念

12/24(振替)
阪神 トロフィー阪神C


この特別な3日間開催は何を残した3日間だったでしょうか?

9/16
トロフィーローズS
1着 ジェンティルドンナ

秋華賞参戦後に古馬GTに初参戦足跡
↓↓↓
【JC1着】パトカー

2着 ヴィルシーナ

秋華賞参戦後に古馬GTに初参戦足跡
↓↓↓
【エリザベス女王杯2着】パトカー


9/17(祝日)
トロフィーセントライト記念
1着 フェノーメノ

のちに古馬GTに初参戦足跡
↓↓↓
【秋天2着】パトカー

2着 スカイディグニティ

菊花賞参戦後に古馬GTに初参戦足跡
↓↓↓
【有馬記念1着!?


3冠戦が終了後に向かえる古馬GT(中長距離)は

トロフィー秋天 2着 フェノーメノ
トロフィーエリザベス 2着 ヴィルシーナ
トロフィーJC 1着 ジェンティルドンナ
トロフィー有馬記念 1着

とありあの3日間施行に賞金加算をした3歳馬を全て振り分けてきた事が理解できますヒラメイタ!

同じ9日間で最後の中山重賞という視点で見た場合、有馬と同列に存在するのはGTスプリンターズSです双子座

引退式を発表したカレンチャンが最後の足跡を残した場所です足跡

トロフィースプリンターズS
1着O 逆@ 岩田
2着【M 逆B】カレンチャン⇒引退

1着同枠N 武豊
【1着裏同枠@ 福永】
【3着裏同枠A 蛯名】

引退カレンチャン位置、裏で1着馬と組まれた福永月

秋天でのフェノーメノ連対を見届け引退したディープブリランテが勝利したダービーは来年賞金が2億円となりますヒラメイタ!

セントライトの賞金加算のみで菊花賞連対を手にしたスカイディグニティは最後となる旧ダービーを否定する新時代の存在ですNEW

何故なら彼はダービー後に初勝利を挙げた仮想マヤノトップガンだからです双子座

スカイに新時代有馬を託します!!
0

メモラジオNIKKEI杯2歳S見解  競馬



有馬1着枠は今日の両メイン勝利騎手次第で決める予定ですスパーク

ラジオで岩田ならエイシンフラッシュ、武豊ならトレイルブレイザー、福永ならスカイディグニティ、その次に参考としてラピスラズリの勝利騎手枠、いずれかが覇者枠になるとみてますヒラメイタ!

では重賞見解ですメモ

トロフィーラジオNIKKEI杯2歳S

クラクラ馬連単
FE
⇔CE@BD


ついでながら注目の中山もメモ

トロフィー中山大障害

クラクラ馬連単
HM
⇔DGEKOB


トロフィーラピスラズリS

クラクラ馬連単
CA
⇔LFA@IK


後ほどそこにある有馬記念Dを挙げておきますえんぴつ

今日も一日がんばりまゆゆ力こぶ

ではでは ̄ー ̄


0




AutoPage最新お知らせ