メモ中山記念・阪急杯見解  



年明けレースとして今後の動向と波乱要素を含む注目すべきレースがありますクラクラ

それは本日の阪急杯と阪神大賞典ですヒラメイタ!

どちらも次の大舞台で最も人気を得るであろうロードカナロアとゴールドシップの2騎が登場するレースですパトカー

自分の逆算でいけば本番GTを連対以上(勝利)するのであればステップ戦は敗退→連対否定=非賞金加算で本番を迎えることが理想的ですPC

ゴールドシップには春天覇者席が見えるため彼は間違いなく阪神大賞典での凡走はもはや約束事でしょうSOS

問題はロードカナロアですが彼が高松宮のタイトルを嫌がおうにも必要としてるなら阪急杯での連対を遠慮すると考えられますパトカー

記録の側面から2年連続同一厩舎によるスプリンターズS→高松宮記念のスプリント統一馬誕生を狙うなら尚更です月

もしロードカナロアが本番のタイトルを欲してないなら本日2着→本番2着を選択する気がしますパトカー

その場合ロードカナロアが負けるならばあの馬カレンブラックヒルが負かす姿が理想ですが言わザル

はたしてカナロアが選択する未来とは…!?


では重賞見解ですメモ

トロフィー中山記念

クラクラ馬連単
NK
⇔GKIF


トロフィー阪急杯

クラクラ馬連単
DK
⇔KIHEB


両重賞とも年明け賞金加算歴が存在する枠に注目してます炎

中山は唯一東京賞金加算の5枠Gアンコイルド、阪急杯も5枠ですが唯一中山賞金加算を持つIミトラの両OP勝馬らですクラクラ

ではでは ̄ー ̄


0

メモアーリントンC見解  競馬



先週の熱も少し冷めた頃合いを見計らってフェブラリー覇者 グレープブランデーの骨折離脱を主催者は出してきましたPC

リニューアル移動戦となった新東海S覇者を本番覇者へスライドさせる事を主催者は選択した結末見ザル

自分は第2回(来年)にスライドはあっても今年それはやらないだろうとみてたのですが正に裏をかかれました汗

根岸S覇者不在も暗に難解に…見ザル

過去の根岸Sが秋季から移動しステップ戦となった時と今回の結末は重なりあった訳ですが月

これまで存在しなかった中京施行・下級重賞ステップ競走の勝馬が次走そのままGT勝馬へと階段を昇った事実!!

これは重く受け止めたいと思いますパトカー

そしてカレンブラックヒルはやはりNHKマイル馬として宿命となる【古馬マイルGTのタブー】の壁に弾かれたことが敗退原因の根拠としておきますメモ

今日は離脱したグレープブランデーからAレッドアリオン・Iテイエムイナズマに注目してますクラクラ


では重賞見解ですメモ

トロフィーアーリントンC

クラクラ馬連単
E
⇔AIF@H

A
⇔IF@

クラクラ3連単複
E
⇔AIF@H
⇒BIF

A
⇔IF@
⇒BIF


ではでは ̄ー ̄


0

メモフェブラリーS・小倉大賞典見解  競馬



最終的な結論は去年から続く《新時代》に重きをおきましたPC

クラクラメイセイオペラ
→カク地馬の《歴史的勝利》


カレンブラックヒルはゆくゆくはアメリカのブリーダーズカップ遠征が目標らしいですアメリカ

ダートの最高峰を制することが夢とかクラクラ

彼を海外に連れて行きたい馬主・調教師の意見に異論はありませんNG

彼等(馬主・調教師)は国内に専念したところでマイルGT(安田記念・マイルCS)を手中に出来ない事を充分理解しているからでしょうヒラメイタ!

主戦秋山曰く距離適正が1400〜1800mでは国内においてマイルGT以外えられるGTが存在しないためその方向性には納得がいきます○

国内で勝たせてくれないならこの国に用はない!!と言ったかどうかは定かではありませんが言わザル

この馬がフェブラリーを勝ち海外に飛びたつイメージはJCを最後に海外へ飛びたったエルコンドルパサーの様に似ています飛行機

トランセンドは2つのJCDとフェブラリーSを手にドバイWCで2着席へ就きましたチェッカーフラグ

エルコンとトラセンの螺旋をカレンブラックヒルは昇るものとして彼に新時代を託します地球


では重賞見解ですメモ

トロフィー小倉大賞典

クラクラ馬連単
EB
⇔@ADNJK


トロフィーフェブラリーS

炎単勝 J

炎枠連
6―8・2・1

炎馬連単
J
⇔OCBAG

炎3連単複
J
⇔OCBA
⇒G


レース展開から読めばブラックヒル逃げ切りなら2着には後方に位置した追い込みタイプが上がっているとみますクラクラ

それが前年と騎手を変更してきた前年2着フォーチュンならいいのですがヒラメイタ!

ではでは ̄ー ̄


0

メモダイヤモンドS見解  競馬



明日のフェブラリーSですが現時点では4枠の稼働率がかなり有力と捉えてますヒラメイタ!

問題はあのNHK馬の取捨です月

事前の考察では【ゾロ目歴】所有NHKマイルC馬の性質という観点(シーキングザパール・シンボリインディ・イーグルカフェ・クロフネ)からいけば古馬GTでの約束事が発生してますスパーク

そしてNHK馬のその後の宿命としては【2度とマイルGTタイトルを得られない】というジレンマがつきまとう事も事実ですアクマ

個人的にはCMのメイセイオペラからはカク地の地方ダート歴オンリー馬が初中央ダート出走した経緯からの初戴冠という流れをみれば地方歴のみ⇒初中央出走という畑違いの図式が存在しますクラクラ

この畑違いを表現できる一番近いタイプとしてカレンブラックヒルの芝歴のみ⇒初ダート出走は見事に合致します月

先輩NHK馬イーグルカフェ・クロフネがなぜ将来的にダートGT馬への階段を昇れたか!?

出走が叶うことはなかったがなぜダイワスカーレットはフェブラリーSに2度登録したのか!?

新出走規定となるレーティング起用2年目となる今年、初めてダートレーティングを持たず芝レーティングのみで適用され優先出走したJRA史上初の馬という側面がカレンブラックヒルにあります足跡

芝馬の初ダート・しかもGTは勝てないという神話は今回覆されても不思議はないとみてます○

オグリキャップが中央移籍後は芝で毎日王冠まで無敗馬だったという履歴メモ

カレンブラックヒルはこの対極に向かっていると感じてますヒラメイタ!

問題はNHK馬の宿命となる古馬マイルGT制覇の点ですパトカー

芝はタブーだがダートならクリアか!?

ここが焦点となりそうです¬_¬


では重賞見解ですメモ

トロフィーダイヤモンドS

クラクラ馬連単
C⇔G

CG
⇔ANOEF


クラクラ3連単複
CG
⇔CGOEF
⇒MN


今日も一日がんばりまゆゆ力こぶ

ではでは ̄ー ̄


0

メモ共同通信杯・京都記念見解  競馬



かなりスランプの渦中にありながらも来週は早くもGTがやってきます汗

ひじょ〜にまずい流れですが今日何らかのきっかけを掴めればいいですが…スパーク


では重賞見解ですメモ

トロフィー共同通信杯

クラクラ馬連単
GI
⇔@AH


トロフィー京都記念

クラクラ馬連単
IA
⇔GCD

クラクラ3連単複
IA
⇔GC
⇒J@E


ジョワドは案外走ると見てます=3

今日も一日がんばりまゆゆ力こぶ

ではでは ̄ー ̄


0




AutoPage最新お知らせ