メモ天皇賞(春)見解  競馬



青葉賞でレッドレイヴン・ウチパクが見事なコケっぷりをみせてくれましたがそれでもレイヴン・ウチパクはダービー2着席に座るものと捉えてます炎

チューリップ賞⇒桜花賞でのレッドオーヴァルの再現をするものという予見からくるものです足跡

ヒラボクディープと組まされない事には意味ありませんがクラクラ

さてダービーと共にJRA競馬の最高峰に位置する頂点戦 天皇賞(春)スパーク

この2レースを完璧に当てられる事は競馬解読に携わる者としてこの上ない至極の歓びを与えてくれるレースですキラキラ

その歓びのために探し求めてきた天皇賞ですが武豊と同等に上げたいのはNカポーティですヒラメイタ!

阪神大賞典で純粋ゾロ目が発生した年(97・09)からみれば、

クラクラ正逆Cが連対
クラクラ前年春天連対枠配置歴
クラクラ当年阪神大賞典・菊花賞勝馬(対角)
クラクラ大阪杯1着(枠)が3着

前年1着ビートブラック同枠トウカイトリックはゴルシの対角ですが今年前年連対枠馬として枠でしっかり組んでるのはOトウカイパラダイスの方です月

去年のヒルノダムールとトーセンジョウダンの関係性にカポーティとパラダイスは似ています月

ずっと香港ヴァーズ1・2着馬 揃い踏みについて考えてましたがこの2頭が指しているのは、

クラクラC香港GT2着
クラクラ7枠L香港GT1着
↓↓
双子座7枠 逆Cカポーティパトカー

春天は連対馬の片方に純粋ゾロ目歴を求められているため、日経新春杯で純粋ゾロ目をカポーティに刻ませたのは春天用の前準備ではとみましたヒラメイタ!

青葉賞での三浦皇成 配置枠(6枠)の隣枠が春天で連対というサインからも7枠が浮上してますパトカー

戸崎対角が青葉賞で連対したことから戸崎対角のカポーティが連対することで土日重賞での戸崎の役割が揃いますクラクラ

ゴルシの一番手としてカポーティに期待します炎


トロフィー天皇賞(春)

炎枠連
【4―7・1】・5

炎馬連単
【G⇔N@】注意

G⇔LD

炎3連複単
G
⇔N@LD
⇒FKOPQ

G
⇔E
⇒OPQ

3着は大阪杯1着枠を持つOパラダイスもしくは8枠を挙げておきますクラクラ

史上初の3日間開催 有馬記念を勝利したゴルシに用意された代替福島月曜日の変則3日間開催PC

彼は舞台設定を有意義に活かしてくれるでしょうキラキラ

ではでは ̄ー ̄


0

メモ青葉賞見解  競馬



少し予測していましたがロードカナロアが安田記念に参戦することになりました足跡

スプリントGT2勝歴を持ち込み高松宮記念をも制して史上初のスプリントGT3勝馬へと上り詰めたニュータイプですNEW

高松宮は本来の2着席=敗退を純粋ゾロ目を用いて回避しての覇者席でしたが安田記念も突破は可能とみています=3

彼ならタイキシャトルもブラックホークもデュランダルをも成し遂げられなかった高松宮⇒安田の記念GT連勝も可能にしてくれそうですトロフィー

青葉賞ですが皐月賞でスプリングS馬が勝利し2着枠に弥生賞馬という決着性だった年を切り口にすれば、

クラクラ正逆Nが1着
クラクラ2枠・正逆C・正逆I
クラクラ年明けデビュー枠
クラクラ2歳OP1600m馬券対象歴
クラクラ北海道 新馬デビュー

他では朝日杯2歳覇者がスプリングS・皐月賞を突き抜けた年(92・94年)からは馬連連番(接触馬券)決着クラクラ

〇外(レッドレイヴン)が勝利すると過程した場合のサンプル〇外が勝利した01・02年は、

クラクラ1人気枠が1着
クラクラ正逆Oが連対
クラクラ2枠が3着

以上から組み立てるとレイヴンの相手には年明けデビュー・連番・正逆Oに該当するOバンデを一番手に挙げてみますヒラメイタ!


トロフィー青葉賞

クラクラ単勝 N

クラクラ複勝 BC

クラクラ枠連
7―8・5・7

クラクラ馬連単
N
⇔OQIPMC

クラクラ3連複単
N
⇔OQIPM
⇒BC

N
⇔CQ
⇒IF


ではでは ̄ー ̄


0

PC天皇賞(春)を斬るBドンッ  競馬



ゴルシの対抗は絞りました炎

ほぼトーセンラー【武豊】とみましたスパーク

今回なかなか的を得る考察が無い中で唯一しっくりきた考察ですヒラメイタ!

PC日経新春杯 連対馬が日経賞3着(00・08年)

砂時計00 日経新春杯
2着 メイショウドトウ→日経賞3着

砂時計08 日経新春杯
1着 アドマイヤモナーク→日経賞3着

砂時計13 日経新春杯
2着 ムスカテール→日経賞3着


PC阪神大賞典で武豊が2着枠配置(00・08年)

砂時計00 阪神大賞典
2着 ラスカルスズカ 武豊

砂時計08 阪神大賞典
2着 2枠A
3着 3枠Bポップロック 武豊
パトカー2枠3枠は隠れ同枠

砂時計13 阪神大賞典
2着 デスペラード 武豊

今年同様のGUステップ戦で同じ変化をもたらした00・08年に答えを求めれば、

砂時計00 春天
枠 5―2―8
馬 D―A―J
逆 G―J―A
人気 1―3―2

1着 阪神大賞典勝ち・菊花賞2着・皐月賞勝歴

2着【武豊】

1着対角 新潟記念2着
2着対角 きさらぎ賞勝歴


砂時計08 春天
枠 8―5―8
馬 M―G―L
逆 @―F―A
人気 3―2―1

1着 阪神大賞典勝ち

2着【武豊】・菊花賞1着・皐月賞勝歴

1・2着同枠 きさらぎ賞勝歴

1着対角 七夕賞1着


まとめると、

ヒラメイタ!正逆G連対
ヒラメイタ!2着が武豊
ヒラメイタ!3着が8枠 逆A
ヒラメイタ!阪神大賞典勝馬が1着
ヒラメイタ!前年夏季GVハンデ戦 賞金加算歴
ヒラメイタ!5枠・正逆M


この両年に答えを求めた時、既に阪神大賞典の段階で、

1着【 阪神大賞典勝馬】VS 2着【武豊】注意

という本番の決着構図を事前に教唆してあったものと捉えることができますヒラメイタ!

今年の再現年とした01年にも、

砂時計01
1着対角 きさらぎ賞勝歴
1着同枠 日経新春杯2着
2着対角 前走1600万勝ち

上記と同様の戦歴の存在が、

砂時計13 春天
Q日経新春杯2着
@きさらぎ賞勝歴
A前走1600万勝ち

と揃っていることからも01年の出目とも被り唯一前年夏季GVハンデ賞金加算歴@武豊を2着最有力としますスパーク

前年2着枠にもP1600万勝ちが存在からラーにはプラスですヒラメイタ!

もう一頭なら2人気フェノー同枠の元春天馬Dキッツを挙げておきますクラクラ

3着には2頭揃えた騙馬レッドの片方8枠逆Aレッドデイヴィス、他で2人気枠3枠をチョイスします月

武豊に注目する春天です炎

ではでは ̄ー ̄


0

PC天皇賞(春)を斬るAドンッ  競馬



次は今年と類似する番組表的再現年を挙げておきますヒラメイタ!


PC再現年(01年)

トロフィー01 フェブラリーS
枠 8―3―8
馬 N―E―O
↑↓↑↓↑↓
トロフィー13 フェブラリーS
枠 1―3―5
馬 A―E―I
※1着は逆N

トロフィー01 高松宮記念
枠 6―7―8
馬 K―L―Q
↑↓↑↓↑↓
トロフィー13 高松宮記念
枠 6―6―7
馬 J―K―L

トロフィー01 桜花賞
枠 4―7―6
馬 G―L―K
↑↓↑↓↑↓
トロフィー13 桜花賞
枠 4―7―5
馬 F―M―H
※1着は逆K

トロフィー01 皐月賞
枠 4―7―1
馬 F―M―@
↑↓↑↓↑↓
トロフィー13 皐月賞
枠 4―7―6
馬 F―M―K

全てにおいて枠番が連対、桜花賞以外は馬番も連対していますヒラメイタ!

01年から春天で注意すべき出目は、

トロフィー01 春天
枠【1―5】―8
馬【@―D】―K

この01年は戦歴面でも安易に出来ませんパトカー

トロフィー01 フェブラリーS
1着 根岸S勝歴(新ステップ・移動戦)

2着 JCD勝歴・フェブラリーS勝歴

同枠 NHKマイルC勝歴
↑↓↑↓↑↓
トロフィー13 フェブラリーS
1着 東海S勝歴(新ステップ・移動戦)

2着EJCD勝歴・フェブラリーS勝歴

対角JNHKマイルC勝歴

トロフィー01 高松宮記念
1着 シルクロードS勝歴

2着 阪急杯2着・スプリンターズS1着対角・セントウルS2着
↑↓↑↓↑↓
トロフィー13 高松宮記念
1着 阪急杯勝歴・スプリンターズS勝歴・セントウルS2着

2着 シルクロードS勝歴

トロフィー01 桜花賞
1着 チューリップ賞勝歴・阪神JF勝歴

同枠 フィリーズレビュー3着

2着同枠 チューリップ賞2着・エルフィンS2着
↑↓↑↓↑↓
トロフィー13 桜花賞
1着 フィリーズレビュー3着

2着同枠 チューリップ賞勝歴・阪神JF2着

2着対角DエルフィンS2着・チューリップ賞2着

トロフィー01 皐月賞
1着 弥生賞勝歴・ラジオNIKKEI杯2歳S勝歴

2着 アーリントンC勝歴

同枠 スプリングS2着
↑↓↑↓↑↓
トロフィー13 皐月賞
1着同枠 アーリントンC1着

2着MラジオNIKKEI杯2歳S勝歴

同枠 弥生賞勝歴

2着対角DスプリングS2着

トロフィー01 春天
1着@有馬記念勝歴・秋天勝歴・京都大賞典勝歴

同枠 日経新春杯2着

対角K阪神大賞典勝歴

2着 日経賞勝歴・秋天2着・オールカマー勝歴

あの2頭が浮かぶ…月

0

PC天皇賞(春)を斬るドンッ  競馬



まずは全方向から注目されるゴールドシップですがウチパクの側面からみると、

トロフィーフローラS1着 内田
トロフィー青葉賞1着?内田
トロフィー春天1着?内田

青葉賞でのウチパク勝利は個人的に確定事項なので分岐点は春天となりますクラクラ

そのウチパクを負かす候補として蛯名・フェノーメノが居ますが彼が覇者席に着く可能性は0%ですSOS

注目のもう1頭レッドカドーによる初のカク外馬・天皇賞制覇の流れは少なからずあるはずですクラクラ

同じ皇族GT・高松宮記念に初参戦となった《GT香港スプリント勝馬》ロードカナロアによる戴冠劇トロフィー

レッドカドーが初めて持ち込む《GT香港ヴァース勝歴》はその流れに沿うものなので無視はできませんパトカー

ゴルシを敗退させる唯一の存在はレッドカドーだと思いますが正直ゴルシが敗退する姿を想像できないのが現状です汗

番組表が作り上げた戦歴の掟からみれば【有馬記念勝馬が春天までに賞金加算し参戦した場合、連対は拒否される】注意

これは長年にわたり頑なに例外なく守られてきた春天の戦歴オペレーションですパトカー

去年オルフェですら例外なく叩き落としたオペレーションですSOS

この掟が今年崩れそうな要因としては有馬記念にありますクラクラ

砂時計〜11年

ヒラメイタ!年間最終施行重賞
トロフィー有馬記念

砂時計12〜

ヒラメイタ!年間最終施行重賞
トロフィーNEW阪神C

長年トリ(最後)を務めてきた場所を阪神Cに譲った事は大きな意義を持つはずですPC

重賞最終賞金加算歴が中山競馬場から阪神競馬場に移るリサイクル

裏を返せば有馬記念週に同古馬戦である阪神Cが組み込まれた事から主催者は有馬記念後の阪神歴(賞金加算)は問わないと解釈してみましたメモ

これまで古馬は重賞で有馬記念のみしか出馬登録できなかった週が初めて有馬記念と阪神Cへ《ダブル登録》が可能となったことを見えない履歴として際立たせてる部分に主催者として狙いがあるものと考えますヒラメイタ!

同時に中山出馬登録と《阪神出馬登録》を可能とした設計、これが有馬記念馬にとって春天までの阪神賞金加算歴タブーを無効化させる背景があるものと捉えますメモ

ただし有馬記念勝馬による日経賞勝ちはこれまで通りルドルフ越えのタブーとなるため春天では歩くはずですSOS

よってゴルシはタブーを逃れたと過程し覇者席に一番近い存在と捉えてますクラクラ

次は今年と類似する再現年についてですPC

Aに続くえんぴつ


0




AutoPage最新お知らせ