メモ京王杯SC見解  競馬



京王杯SCは東京新聞杯2着(枠)馬がダービー卿CTで連対枠入りした時代性から斬ってみます(97・99・04・09)砂時計

PC出目

ヒラメイタ!6枠連対(99年除く)
ヒラメイタ!正逆A


PC戦歴

クラクラGT連対歴
→BEGHKM

クラクラ純粋ゾロ目歴
→CEGJPQ

クラクラ2歳GU賞金加算歴
→IK

クラクラ函館重賞1200m賞金加算歴
→KP

クラクラ2歳GT連対枠
→K

出目と戦歴両方で被る6枠Kフィフスペトルから入ります=3

相手にはその他の戦歴から、

PC戦歴

クラクラ海外出走歴
→ME

クラクラ当年ダービー卿馬券対象
→DN

ここから海外歴とダービー卿歴が配置された3枠と7枠を挙げますヒラメイタ!


トロフィー京王杯SC

クラクラ単勝 K

クラクラ複勝 K

クラクラ枠連
6―3・7・2

クラクラ馬連単
K(J)
⇔DMNAP

クラクラ3連複単
K
⇔DMNBC
⇒AP

K
⇔DMNAP
⇒BC


明日のヴィクトリアはウチパクVS浜中決着が理想でしたがもし今日出現したときは明日ハナズゴールの評価は下げざるえないでしょう見ザル

ではでは ̄ー ̄


0

PCヴィクトリアマイルを斬るドンッ  競馬



まだ施行回数が少ないため出走構成から探ってみますメモ

クラクラ前年クイーンC勝馬
クラクラ前年クイーンS勝馬
クラクラ前年エリザベス女王杯勝馬

これら3頭が揃い踏みした年は07・09年となりますPC

よってこの2年を切り口にしますサーチ

砂時計07
枠 2―2―8
馬 C―B―O
逆 N―O―B

砂時計09
枠 3―1―1
馬 E―A―@
逆 L―P―Q

出目からは、

ヒラメイタ!ワイドゾロ目発生(対角含む)


共通戦歴は、

ヒラメイタ!秋華賞2着枠
砂時計07 コイウタ・アサヒライジング
砂時計09 ウオッカ

クラクラ3歳マイルGT連対歴
砂時計07 2着対角デアリングハート
砂時計09 ウオッカ

クラクラ東京3歳2400mGT連対枠
砂時計07 アサヒライジング
砂時計09 ウオッカ

これらに全て該当する馬はヴィルシーナですヒラメイタ!

クイーンC馬としての一面からみると、

砂時計07 コイウタ1着
砂時計09 リトルアマポーラ→対角1着
砂時計11 アプリコットフィズ1着同枠
砂時計12 ホエールキャプチャ1着

とクイーンCは1着もしくは1着示唆の役割を担ってます注意

3連敗中ウチパクがGT3度目の正直なるとみて懲りずにヴィルシーナ・ウチパクを軸に据えますクラクラ

相手探しは次の共通戦歴から、

クラクラ阪神JF1着
クラクラ地方ダート重賞歴orJRAダート1着歴
クラクラ牡馬混合重賞賞金加算歴

その他で一番重くみたい戦歴は、

砂時計07
1着 秋華賞Q 2着同枠

2着 秋華賞O 2着

注意前年秋華賞同枠歴

砂時計09
1着対角 エリザベスO 1着

2着対角 エリザベスQ 1着同枠

注意前年エリザベス同枠歴

両年に存在する、

注意【前年GT同枠歴】

が考察の切札になりそうですヒラメイタ!


PCGT同枠歴

クラクラヴィルシーナ
双子座エリザベス2着 同枠ホエールキャプチャ

双子座秋華賞2着 同枠アロマティコ

双子座オークス2着 同枠ハナズゴール

双子座桜花賞2着 同枠サウンドオブハート

これらの中に答えがあるはずですヒラメイタ!

最有力に挙げたいのは阪神JF勝馬と京都牝馬勝馬出走(前年の考察参照)の戦歴が揃い、唯一の旧札幌施行最後となる札幌記念出走馬CNが対角に配置しNがダート重賞勝馬Oと組み対角2枠を示唆してるとみてCハナズゴール2枠ですヒラメイタ!

次点でエリザベス再現となる7枠ですが先程と同じくダート重賞勝馬と組む札幌記念馬Nフミノですヒラメイタ!


0

メモNHKマイルC・新潟大賞典見解  競馬



新潟大賞典ですが福島記念連対馬(枠)が中山金杯の連対枠に繋げた角度から切れば、

PC該当年 02・04・10

クラクラ中山金杯勝歴
クラクラ夏季ハンデGV賞金加算歴
クラクラ福島重賞馬券対象(枠)歴
クラクラ3歳GU連対枠(優先権獲得枠)
クラクラGT連対枠・対角

以上から福島馬券対象歴を最優先しFタイシCダコールですが特に中山金杯勝歴Gファントムと組むFタイシを重くみたいと思いますヒラメイタ!

相手としては3歳GUで優先権獲得馬でダービー2着・夏季ハンデGV賞金加算馬が組んでいる5枠と3枠が候補ですが3枠は対角示唆とみて6枠を挙げますクラクラ

特注はこの繋いだ年では中山金杯3着番がこのレースへダイレクトに連対している事から今年の3着番Hから労金に注目しますスパーク

蛯名の3連勝は無しとみてアポロは斬りますドンッ

NHKマイルは真新しい考察は挙げませんNG

斬るの考察重視でいきます=3


では重賞見解ですメモ

トロフィー新潟大賞典

クラクラ複勝 DE

クラクラ馬連単
F
⇔HC@JLA

C
⇔H@IKA

クラクラ3連複単
F
⇔HC@JL
⇒DE

C
⇔H@IK
⇒DE


トロフィーNHKマイルC

炎枠連
7―4・2・3・6

炎馬連単
N
⇔FGBEKJ

炎3連複単
N
⇔FGBEKJ
⇒HI


ではでは ̄ー ̄


0

メモ京都新聞杯見解  競馬



本日は福家書店のイベントに参戦するため考察等は省略します土下座

では早速重賞見解ですメモ

トロフィー京都新聞杯

クラクラ複勝 JK

クラクラ枠連
3―5・7・6

クラクラ馬連単
D(@)
⇔HILM

クラクラ3連複単
D
⇔HILM
⇒JK


ニュータイプ クロフネとしてNHKマイルではなく初の京都新聞杯勝歴を手にしダービーへ王手を賭けるであろうキズナの走りに期待します炎

ではでは ̄ー ̄


0

PCNHKマイルCを斬るAドンッ  競馬



次は軸候補ですが仮想シーキングザパール=エーシントップから入ります月

月シーキングザパール
足跡GUデイリー杯2歳S(1400m)勝歴
足跡阪神JF敗退歴
足跡シンザン記念勝歴
足跡NZT勝歴

月エーシントップ
足跡京王杯2歳S勝歴
足跡朝日杯FS敗退歴
足跡シンザン記念勝歴
足跡NZT勝歴

前記事の考察年(97・02・05)に照らし合わせると、

PC2歳重賞1400m賞金加算歴

砂時計97
1着 デイリー杯2歳S1着

砂時計02
2着 京王杯2歳S2着

砂時計05
1着 ファンタジーS1着


PC年明けGV賞金加算歴

砂時計97
1着 シンザン記念1着

砂時計02
2着 きさらぎ賞2着

砂時計05
1着同枠 シンザン記念2着


PCGU賞金加算歴

砂時計97
1着 デイリー杯2歳S1着・NZT1着

砂時計02
1着 スプリングS2着

砂時計05
1着 フィリーズレビュー1着

補佐的な戦歴として、

PC初勝利ダート勝歴

以上から今回の7枠を見れば、

L未勝利ダート勝歴
M
N2歳重賞1400m・年明けGV・GU賞金加算歴

砂時計05
シンザン記念2着→NZT1着(乗り替わり・内田)→NHKマイル1着同枠(内田)

砂時計07
シンザン1着対角→NZT2着 NHKマイル1着(内田)

内田の時代性からの流れや戦歴面で全て兼ねている事からエーシントップを主軸としますヒラメイタ!

他に残る戦歴としては、

PC夏季2歳重賞連対枠(新潟・小倉)

クラクラマイネルエテルネル 小倉2歳S1着

エーシントップの相手をこれまでの戦歴から枠単位でまとめると、

クラクラ2枠
Bストーミングスター NZT3着(2着枠)・初勝利ダート歴
Cマイネルエテルネル 小倉2歳S1着→純粋ゾロ目歴

クラクラ4枠
Fゴッドフリート 朝日杯FS3着(1着対角)・共同通信杯2着→純粋ゾロ目歴
Gマイネルホウオウ スプリングS3着(皐月賞優先権)・NZT2着対角
↑↓↑↓↑↓対角
J未勝利ダート勝歴
K朝日杯FS2着対角

クラクラ3枠
D朝日杯FS1着同枠
ENZT2着

まずは4枠、次点として2枠・3枠を挙げておきますパトカー

問題は2人気となりそうなHコパノですが彼は02年タニノギムレットと同じ3着枠とみてます言わザル

スプリングSでの2・3着の対角配置や皐月賞での4枠アーリントンC・スプリングS勝馬1人気歴などから信用度は低めですSOS

0




AutoPage最新お知らせ