PC日本ダービーを斬るCドンッ  競馬



前回メイケイペガスターを有力候補に挙げた理由としては京都新聞杯 連動からくる正Dに合致する部分もありますが斬るAでの1着が皐月賞3着の年に存在するモノですスパーク

砂時計01
1着 ジャングルポケット
スパーク【共同通信杯 1着】

砂時計02
2着枠 チアズシュタルク
スパーク【共同通信杯 1着】

砂時計10
2着4枠G
2着対角 6枠Jハンソデバンド
スパーク【共同通信杯 1着】

砂時計13
メイケイペガスター
スパーク【共同通信杯 1着】


他にも以前の考察クラシックキャストで挙げた3歳GT戦での純粋ゾロ目所有枠の連対(今年の共同通信杯は純粋ゾロ目)やその共同通信杯を純粋ゾロ目で分けた2着 ゴットフリートがNHKマイルCで1着枠に配置されたことからも共同通信杯1・2着馬が5月のGTにおいての役割として次はメイケイがダービーで連対枠入りすることも考えられますパトカー

よって共同通信杯勝歴・純粋ゾロ目歴を重くみてDメイケイをキズナの1番手に挙げておきますヒラメイタ!

その次に対角となるMアクションスターを2番手にしますヒラメイタ!

最後は最初の考察の京都新聞杯についてですがこのレースでのレアケースといえば1番人気獲得馬が1着を得るパターンですPC

PC過去の1番人気が1着獲得年

砂時計05
トロフィー京都新聞杯 1人気・1着
クラクラインティライミ
調教師【佐々木晶三】

砂時計09
トロフィー京都新聞杯 1人気・1着
クラクラベストメンバー
馬主【前田晋二】

1人気・1着馬が誕生した年のダービーを見れば、

砂時計05 ダービー
1着 ディープインパクト
【武豊】パトカー

砂時計09 ダービー
2着 リーチザクラウン
【武豊】パトカー


と京都新聞杯1人気・1着馬誕生年はダービーにおいて【武豊】連対オペレーションが発生してます注意

これがキズナを重要視している部分ですヒラメイタ!

そして偶然とは思えない部分として過去2度しかない年ながら05年 調教師と09年 馬主が今年のキズナの調教師・馬主と同じという事です月

これは今年のための伏線をあらかじめ引いておいたと考えるのが普通です〜

ラストにこの予見も乗せておきます秘

砂時計12 朝日杯FS

1着 ロゴタイプ
→のちに皐月賞1着ヒラメイタ!

3着 ゴットフリート
→のちにNHKマイルC1着枠ヒラメイタ!

残すは…

2着 コディーノ
→のちに《ダービー1着枠》!?


結論から言えばほぼキズナばかりが際立つ考察でしたスパーク

ではでは ̄ー ̄


0

PC日本ダービーを斬るBドンッ  競馬



次は皐月賞11着からダービーを紐解いてみますクラクラ


PC皐月賞11着

砂時計12 皐月賞
11着
3枠Dアーデント

同枠Eディープブリランテ
→ダービー 1着ヒラメイタ!

砂時計11 皐月賞
11着
6枠Jベルシャルザール

同枠Kオルフェーヴル
→ダービー 1着ヒラメイタ!

砂時計10 皐月賞
11着
6枠Kエイシンアポロン

同枠Jエイシンフラッシュ
→ダービー 1着ヒラメイタ!

砂時計09 皐月賞
11着
5枠Iゴールデンチケット
↑↓↑↓↑↓
平行1枠@ロジユニヴァース
→ダービー 1着ヒラメイタ!

砂時計08 皐月賞
11着
フローテーション《内田》
↓↓↓
クラクラダービー
8枠Q《内田》
↑↓↑↓↑↓対角
1枠@ディープスカイ
→ダービー 1着ヒラメイタ!

砂時計07 皐月賞
11着
4枠Gナムラマース
↑↓↑↓↑↓
平行8枠Pヴィクトリー
→ダービー 2着同枠ヒラメイタ!

砂時計06 皐月賞
11着
2枠Bナイアガラ

同枠C《アンカツ》
↓↓↓
クラクラダービー
6枠J《アンカツ》
↑↓↑↓↑↓
平行1枠Aメイショウサムソン
→ダービー 1着ヒラメイタ!

砂時計05 皐月賞
11着
6枠Kタガノデンジャラス
↑↓↑↓↑↓
平行2枠Bマイネルレコルト
↓↓↓
クラクラダービー
6枠Kマイネルレコルト
↑↓↑↓↑↓対角
4枠Fインティライミ
→ダービー 2着ヒラメイタ!

砂時計04 皐月賞
11着
6枠Jグレートジャーニー
→ダービー 1着同枠ヒラメイタ!

砂時計03 3着示唆

砂時計02 皐月賞
11着
7枠Lゼンノカルラック
同枠N《岡部》
↓↓↓
クラクラダービー
6枠Kシンボリクリスエス《岡部》
→ダービー 2着ヒラメイタ!


平行や騎手を使う場合は皐月賞には出走するもダービーには不参加となる馬がいる事等から使用されてるものと思われますクラクラ

肝心な今年の皐月賞11着馬ですが、

トロフィー皐月賞
11着
2枠Cナリタパイレーツ《不参加×
↑↓↑↓↑↓
平行7枠Lラブリーデイ○

2枠Bレッドルーラー《不参加×》【川田○

今回ラブリーデイがわざわざ出走し川田を乗せてきた理由はこれかと想像がつきましたスパーク

そのラブリーデイから連対候補を割り出すと、

クラクラ3枠Eラブリーデイ 川田

→同枠【Dメイケイペガスター】
→対角Lマイネルホウオウ
→平行Nフラムドグロワール

ここから有力候補としてメイケイペガスターを挙げますパトカー

Cに続くえんぴつ


0

PC日本ダービーを斬るAドンッ  競馬



続きえんぴつ

次は揃い踏み該当年を戦歴の側面からみます足跡


PC戦歴

砂時計01
1着 ジャングルポケット《1人気》
足跡皐月賞【3着】

1着枠 クロフネ
足跡NHKマイルC 1人気・1着

2着 5枠H
足跡皐月賞 2着

2着枠
足跡青葉賞 2着

裏同枠 4枠G
足跡青葉賞 1人気


砂時計02
1着 タニノギムレット《1人気》
足跡NHKマイルC 1人気
足跡皐月賞 1人気・【3着】

2着枠
足跡京都新聞杯 1人気
足跡青葉賞 1人気・1着


砂時計04
1着 キングカメハメハ《1人気》
足跡NHKマイルC 1人気・1着

2着
足跡京都新聞杯 1着


砂時計06
1着 1枠Aメイショウサムソン《1人気》
足跡皐月賞 1着

裏同枠 2枠Bロジック
足跡NHKマイルC 1着

2着 4枠F
足跡青葉賞 1人気・1着

2着枠
足跡京都新聞杯 1着

裏同枠 3枠E
足跡NHKマイルC 1人気


砂時計08
1着 ディープスカイ《1人気》
足跡NHKマイルC 1人気・1着

2着 4枠Fスマイルジャック
足跡皐月賞 2着枠

2着枠
足跡青葉賞 1着

2着平行 8枠O
足跡京都新聞杯 1着


砂時計10
1着 1枠@エイシンフラッシュ
足跡皐月賞【3着】

1着枠
足跡京都新聞杯 1人気

1着対角 8枠Qダノンシャンティ
足跡NHKマイルC 1人気・1着
パトカー出走取消

2着
足跡朝日杯FS 1着

2着枠 ヴィクトワールピサ《1人気》
足跡皐月賞 1着


まとめると、

@1人気獲得馬が1着(01・02・04・06・08年)
※取消発生の10年のみ2着枠

ANHKマイルC馬(1人気で1着タイプ)が1人気獲得なら1着(04・08年)

B上記タイプが存在しない年は皐月賞3着馬(枠)が1着(01・02・10年)
※06年除く

C京都新聞杯1人気or1着歴の枠(02・04・06・08・10年)

D青葉賞1人気獲得の1着馬なら直接連対(02・06年)

E青葉賞1人気or1人気歴の枠(01・08)

F皐月賞1着枠or2着枠(01・06・08・10年)

まず今年存在しえないADは省きます月

残りから候補を絞ると、

@1人気獲得馬が勝利
Bコディーノ枠
Cキズナ枠
Eヒラボクディープ枠かレッドレイヴン枠
Fロゴタイプ枠かエピファネイア枠

これらを複合した枠順になるとみますヒラメイタ!

Bへ続くえんぴつ


0

PC日本ダービーを斬るドンッ  競馬



今年のダービーはキズナと早々と宣言してきましたがそれを裏付ける考察として京都新聞杯を多角的に解明していきますカギ

まず考察としてはダービーに京都新聞杯勝馬とNHKマイルC勝馬が揃い踏みした年をいろんな角度で精査しますPC(01・02・04・06・08・10年)

最初の側面は出目連動ですサイコロ


PC出目連動(京都新聞杯→ダービー)

砂時計01
×京都新聞杯2000mラスト年により連動せず

砂時計02(この年より2200m戦)
サイコロ京 1着G→ダ 2着 逆G

砂時計04
サイコロ京 2着D 逆F→ダ 1着 逆F 2着D

砂時計06
サイコロ京 1着 逆E→ダ 2着E

砂時計08
サイコロ京 2着 逆K→ダ 2着 逆K

砂時計10
サイコロ京 1着J 2着G→ダ 2着G 逆J

今年は、

トロフィー京都新聞杯
1着 D 逆K
2着 G 逆H

出目からいずれかですが今年の再現年である01年と被る正逆H(5枠)にキズナが入ってもらいたいところですヒラメイタ!

次は京都新聞杯勝馬と1人気馬の側面からです月


PC京都新聞杯1着馬と1人気馬

砂時計01
1着 テンザンセイザ→ダービー6着
1人気 コイントス→不参加
×2000mラスト年のため連対枠入りせず

砂時計02
1着 ファストタテヤマ→ダービー15着
1人気 チアズシュタルク→ダービー2着枠○

砂時計04
1着 ハーツクライ→ダービー2着○
1人気 ミスティックエイジ→不参加

砂時計06
1着 トーホウアラン→ダービー2着枠○
1人気 マルカシェンク→3着対角

砂時計08
1着 メイショウクオリア→ダービー平行F2着○
1人気 ブラストダッシュ→不参加

砂時計10
1着 ゲシュタルト→ダービー4着
1人気 レーヴドリアン→ダービー1着枠○

全ての年で連対枠入りもしくは平行示唆ですが今年はキズナが1人気・1着とどちらも持ち合わせたタイプのため直連タイプと思われますパトカー

Aへ続くえんぴつ


0

メモオークス見解  競馬



フローラS馬がすんなりと覇者席に辿りつけるのか!?

その部分で悩んでました汗

変則を持ち込まない形でのフローラS馬 覇者誕生は通常決着ではあり得ないという判断ですパトカー

デニムが勝つ為に縛られる形は、

クラクラEプレジールとの純粋ゾロ目決着注意(これがシンプルイズベスト!!)

クラクラCアユサン 桜花賞馬との裏同枠ゾロ目決着月(アパパネ・サンテミリオン決着年サンプル)

クラクラLエバーとのフローラ再会馬券月

クラクラMプリンセスとの対角ゾロ目決着(一番可能性が低い↓)

この中のいずれかとみますヒラメイタ!

デニムが2着席のときはQトーセンソレイユが覇者に近いと考えますクラクラ

デニムの座る位置で結果がいかようにもなるとふんでます月


トロフィーオークス

炎枠連
3―3・8

炎馬連単
D
⇔EQCLM

炎3連複単
D
⇔EC
⇒CLOJK

D
⇔Q
⇒HIJK


3枠純粋ゾロ目決着よりも01年の蛯名枠⇔横典枠決着のほうが本望ですクラクラ

ではでは ̄ー ̄


0




AutoPage最新お知らせ