メモラジオNIKKEI賞・CBC賞見解  競馬



まずはCBC賞からですが阪急杯での2年連続連対枠配置(09・10年)を切り口にすれば、

クラクラ新潟・小倉2歳S馬券対象⇒D
クラクラ当年オーシャンS連対配置⇒C
クラクラ関屋記念連対配置⇒A

他ではセントウルS1着枠からスプリンターズS連対枠配置年と淀短距離S1着がシルクロードS1着枠配置年の両切り口が被る07・08・12年を探れば、

クラクラマイルGT連対配置⇒D
クラクラスプリントGT連対配置⇒M

が浮上しますヒラメイタ!


もう一方ラジオNIKKEI賞はきさらぎ賞3着馬が若葉S1着枠配置(04・05・09年)から切れば、

クラクラ1・2着枠共に東京500万勝歴⇒HEGJN
クラクラダート勝歴⇒HECL

こちらは東京500万勝歴を所有する枠同士での決着とみてます月

その中でもダービー非優先権馬となったプリンシパル2着Kと唯一古馬混合1000万での馬券対象枠となる1着枠配置のJが存在する6枠から入ることにしますスパーク


では重賞見解ですメモ

トロフィーラジオNIKKEI賞

クラクラ複勝 HI

クラクラ枠連
6―5・3

クラクラ馬連単
K(J)
⇔HDIE

クラクラ3連複単
KJ
⇔HDIE
⇒BM


トロフィーCBC賞

クラクラ枠連
4―3・1・8

クラクラ馬連単
DE
⇔C@M

クラクラ3連複単
DE
⇔C@M
⇒FG


ではでは ̄ー ̄


0

メモ宝塚記念見解  競馬



安田記念のコメ欄にも書いた当時の宝塚予測は、

クラクラ1着ゴールドシップ
vs
クラクラ2着オルフェ 同枠ジェンティル

実はこれの元となったものは年間再現とした01年から月

砂時計01
1着 メイショウドトウ
2着 テイエムオペラオー《前年勝馬》

同一レース出走機会に6回連続で手を組んだあの2頭双子座

このイメージがシンクロし事前予測させた要素というのは、

クラクラジェンティル《岩田》
vs
クラクラヴィルシーナ《ウチパク》

ウチパクが《メイショウドトウ》のように岩田《テイエムオペラオー》を逆転し2着枠に従えると!!ヒラメイタ!

PCオペラオーvsドトウ決着

トロフィー00 宝塚《和田vs河内》
トロフィー秋天《和田vs的場》
トロフィーJC【和田vs安田】
トロフィー有馬【和田vs安田】
トロフィー春天【和田vs安田】
トロフィー宝塚【安田vs和田】
パトカー逆転決着


PCジェンティル・岩田vsヴィル・内田決着

トロフィー桜花賞【岩田vs内田】
トロフィーオークス《川田vs内田》
トロフィーローズS【岩田vs内田】
トロフィー秋華賞【岩田vs内田】
トロフィー宝塚【内田vs岩田】注意
パトカー逆転決着


クラクラオペラ・ドトウ決着
→6連続のうち00宝塚と秋天以外で和田・安田決着は4度ヒラメイタ!

クラクラジェンティル・ヴィル決着→4連続のうちオークス以外で岩田・ウチパク決着がいまだ3度パトカー

和田・安田の逆転劇を真似るのなら岩田・ウチパク決着がもう一回足りない!ヒラメイタ!

馬は替われどウチパクが前年惜敗を続けさせられたジェンティル岩田にリベンジする時はココというのが事前に読んだ決着構図でしたクラクラ

オルフェは回避しましたが01年の前年勝馬を2着に退けるという再現性は前年勝利カテゴリ《3冠馬》を今年は2着《3冠馬》というカテゴリの起用と結論付けましたPC

変化をもたらしたJC週の初ワールドスーパージョッキーシリーズ、4回中山・阪神の初9日間開催と有馬記念・年間最終重賞の地位変更、00年以来の東京開催+初の東京新馬戦施行を受け入れる開催となる新・宝塚記念PC

JC・有馬に続く今年限りの決着性に期待しますスパーク


トロフィー宝塚記念

炎単勝 I

炎枠連
【8―8】注意

8―4・7

炎馬連単
【I⇔J】注意

IJ⇔CG

炎3連複単
【I⇔J⇒CG】

IJ
⇔CG
⇒IJ


ウチパク(ヴィル・ゴルシ)が今後二度と国内で再会することはないジェンティルに引導を渡す決別戦となる!!スパーク

ではでは ̄ー ̄

0

PC宝塚記念を斬るCドンッ  競馬



最後の考察は前年秋天を3歳馬が2枠C配置で2着となった翌年から斬りますPC(96・05年)

砂時計96
枠《6》-4―5
馬 H―《C》-F
逆《D》-I―F

1着 マヤノトップガン
クラクラ菊花賞
クラクラ有馬記念
パトカー春天5着

2着 サンデーブランチ
クラクラ金鯱賞2着

2着同枠 ゴールデンジャック《牝馬パトカー
クラクラオークス2着


砂時計05
枠《6》-3―4
馬 J―《C》-E
逆《D》-K―I

1着 スイープトウショウ《牝馬パトカー
クラクラ秋華賞

1着同枠 ヴィータローザ
クラクラ金鯱賞2着

2着 ハーツクライ
クラクラダービー2着
パトカー春天5着


両年をまとめると、

ヒラメイタ!出目 正C・逆D・6枠
⇒正逆Cダノン・ナカヤマ
⇒正逆Dスマート・シルポート
⇒6枠スマート・トーセン

ヒラメイタ!1着は3冠最終戦・菊花賞or秋華賞勝歴
⇒Iゴールドシップ・Jジェンティルドンナ

ヒラメイタ!2着枠は3歳東京GT2400m2着歴
⇒Bフェノー

ヒラメイタ!鳴尾記念連対歴
※当時の宝塚ステップは金鯱賞
⇒鳴尾記念1着対角 Cダノン

パトカー牝馬枠が連対
⇒8枠

パトカー当年春天5着歴
⇒Iゴールドシップ


今後宝塚記念で同世代の牡牝3冠馬が揃うケースが無いとした場合、今年が最初で最後の3冠馬決着を仕掛けるタイミングとしてはここしかあり得ないと思われます月

今年のGT再現年として挙げた01年も、

砂時計01
1着 3枠B《逆I》メイショウドトウ
2着《4枠C》テイエムオペラオー

注意【隠れ純粋ゾロ目決着】

3着《柴田善臣》

だったことからも理想決着は8枠純粋ゾロ目を基本線に挙げておきますヒラメイタ!

この場合、変則決着という側面から例年の連対席から3着席へ移行することとなるGUハンデ戦2着歴のCダノンと対角Gナカヤマを3着候補に挙げておきますヒラメイタ!

その中でも01年から4枠C・柴田善臣の起用から善臣対角のCダノンを3着最有力としますパトカー

第3の馬フェノーメノには勝てる要素が見当たらず2・3着席の可能性も薄いため馬券購買意欲は湧きませんSOS

フェノーはあくまでCダノンの影役で終わる気がします天使

素直に8枠から勝馬が誕生すると捉えてます!!スパーク


0

PC宝塚記念を斬るBドンッ  競馬



今年の春天は1番人気ゴールドシップが馬券対象とはならないものの掲示板は確保してみせましたクラクラ

これと同様の事例として春天1番人気が敗退も掲示板確保した年を切り口としますPC(92・95・98・07年)

砂時計92
クラクラ春天
1人気トウカイテイオー
サイコロ《8枠》M【逆N】
↓↓↓
クラクラ宝塚記念
1着 メジロパーマー
サイコロ《8枠》K【逆N】

砂時計95
クラクラ春天
1人気エアダブリン
サイコロ《1枠@》【逆Q】
↓↓↓
クラクラ宝塚記念
1着 ダンツシアトル
サイコロ《1枠@》【正Q】

砂時計98
クラクラ春天
1人気シルクジャスティス
サイコロ3枠【C】
↓↓↓
クラクラ宝塚記念
2着 ステイゴールド
サイコロ4枠【C】

砂時計07
クラクラ春天
1人気アイポッパー
サイコロ4枠G【正24】
↓↓↓
クラクラ宝塚記念
1着 アドマイヤムーン
サイコロ3枠E【正24】


春天1人気が敗退・掲示板確保した年は1人気配置番(枠)が宝塚記念へ連動していますパトカー

砂時計13
クラクラ春天
1人気ゴールドシップ
サイコロ【4枠G 逆J】

ここからは順当ならJジェンティルとなりますが他では4枠 逆GとなるCダノンとGナカヤマが浮上しますヒラメイタ!

もし8枠純粋ゾロ目が発生しない場合、最有力に挙げたいのはCダノンですパトカー

PC近年共通戦歴

砂時計09
2着枠 アルナスライン
パトカー目黒記念2着

砂時計10
2着対角 トップカミング
パトカー日経新春杯2着

砂時計11
2着枠 ハートビートソング
パトカー目黒記念2着

砂時計12
2着枠 アーネストリー
パトカーアルゼンチン共和国杯2着

近年の宝塚2着枠には、

ヒラメイタ!【東京・京都GUハンデ戦2着歴】
(目黒記念・アルゼンチン共和国杯・日経新春杯)

1着は中山GT歴を求める反面、2着には東京・京都のGUハンデ歴という決着構図が近年の宝塚記念の本質です秘

2着最有力として挙げたダノンは、

ヒラメイタ!ダノンバラード
パトカー日経新春杯2着

今回のメンバー唯一のGUハンデ2着歴所有馬という部分を評価したいところですスパーク

他からも正Cが浮上する考察がありますがそれは次の記事に記すとしますえんぴつ

0

PC宝塚記念を斬るAドンッ  競馬



前記事での3歳東京GT2勝歴タイプは古馬以降にGT勝歴を積み重ねることなく競走生命を終えています(エルコン・オルフェ除く)クラクラ

東京GT勝歴のみでは宝塚1着席を譲ってもらえないのは明白な訳ですがその突破口が何故中山GT勝歴となるのか?

その答えは3歳GT牡牝の開催場にありますPC

トロフィー1冠
桜花賞⇔皐月賞
【阪神⇔中山】パトカー

トロフィー2冠
オークス⇔ダービー
クラクラ東京統一

トロフィー3冠
秋華賞⇔菊花賞
クラクラ京都統一


本来なら桜花賞と皐月賞も同一競馬場で開催すべきところですが敢えて別々な競馬場で施行することで対極の関係にある事を際立たせています月

2歳両GT阪神JFと朝日杯FSも同じ関係性で成りたってあり宝塚が阪神施行のファン投票のグランプリレースという対極には中山施行の有馬のグランプリレースが存在する事からも阪神・中山の強い結びつきを表現する上で宝塚での中山GT勝歴が重要視されてるものと考えられます注意

砂時計06
1着 ディープインパクト
ヒラメイタ!皐月賞

砂時計07
2着 メイショウサムソン
ヒラメイタ!皐月賞

砂時計08
2着 メイショウサムソン
ヒラメイタ!皐月賞

砂時計09
1着 ドリームジャーニー
ヒラメイタ!朝日杯FS

砂時計10
1着枠 ドリームジャーニー
ヒラメイタ!朝日杯FS

砂時計11
1着平行 ドリームジャーニー
ヒラメイタ!朝日杯FS

砂時計12
1着 オルフェーヴル
ヒラメイタ!有馬記念


注目の東京GT2勝歴(2着タイプ)のJジェンティルは中山GT勝歴を不所持タイプなので2着と読んだ理由はここにありますパトカー

ただディープやオルフェら3冠馬枠が勝歴を拾った事実を重くみればジェンティルが存在する8枠が1着枠となりますトロフィー

その同枠に今回唯一の中山GT勝歴(皐月賞・有馬記念)を所有するIゴールドシップが配置されたことから1着ゴルシ 2着ジェンティルの純粋ゾロ目発生が濃厚とみてます双子座

前年JCでの同一馬主による史上初めて牡牝3冠馬が出逢うこととなった8枠純粋ゾロ目決着に倣い宝塚では同い年の牡馬変則3冠馬と牝馬3冠馬が史上初めて出逢う3冠馬決着の8枠純粋ゾロ目の再現性に期待したいところですヒラメイタ!

1人気をジェンティルが取得した場合、宝塚で史上初めて《牝馬3冠馬が1人気獲得》となり今年の春季GTでのトレンドの1着タイプ最有力となりますが今回は8枠から1着誕生の示唆でありジェンティルのダイレクト起用とは案に考えたくないところですパトカー

1




AutoPage最新お知らせ