メモクイーンS・アイビスSD見解  競馬



本日も時間の関係上、考察等は省略します土下座


では重賞見解ですメモ

トロフィークイーンS

クラクラ複勝 BE

クラクラ馬連単
FG
⇔D@GAC

クラクラ3連複単
FG
⇔D@GAC
⇒BE

※15:00
複勝・3連複単を追加えんぴつ


トロフィーアイビスSD

クラクラ枠連
7・2―4・8

クラクラ馬連単
L
⇔FGOPB@

C
⇔FMGOP@


※15:00
枠連を追加えんぴつ


ではでは ̄ー ̄


0

メモ函館2歳S・中京記念見解  競馬



本日は時間の関係上、考察等は省略します土下座

では早速重賞見解ですメモ

トロフィー函館2歳S

クラクラ単勝 CB

クラクラ馬連単
EN
⇔CBFHL


トロフィー中京記念

クラクラ単複 N

クラクラ馬連単
N
⇔CEDBKJ

クラクラ3連複単
N
⇔CEDBKJ
⇒OHI


ではでは ̄ー ̄


0

メモ函館記念見解  競馬



引退へのカウントダウンと受け取られるオルフェの凱旋門賞参戦表明=3

宝塚回避を肺出血(?!)としながらもぶっつけ本番で凱旋門賞に挑む限り彼に去年のような着順は用意されていないドクロ

3冠馬でありながら古馬GT JCでJRAが示す弱者認定(牝馬・ダート馬)となる格下・牝馬3冠馬に敗戦する姿を世界中に晒した罪は重いパトカー

ファンやマスコミは彼に怪物3冠馬としての品や格を規格外などともてはやしてきたが自分は最初から彼の3冠馬には異論はないが(嫌々ながらも)エセと評してきたヒラメイタ!

その証拠としてジェンティルに破れたあのJCが全てを物語っているOK

GTでの牝馬に破れる事は即ち種牡馬としての評価価値の低さを表す↓

そんな役回りを課せられるレベルであると同時に元々のエセにレッテルが付いた限りどこまで行こうがエセでの価値でしかないオバケ

既にJRAのお荷物となった彼に有終の美を飾る場所は用意されておらず凱旋門賞を大敗する姿を晒すことで引退の引き金を自ら引くことが望ましいしそれをJRAは望んでいる○

オルフェは怪物などではなく最初から一般の凡馬だったというのが3冠馬への過程や古馬としてのあり方などからくるこの馬に対する自分の評価ですメモ

心肺機能のみで馬体の個体能力が低い馬を3冠馬などに持ち上げたあげく醜態を晒させる、そういう選定をJRAには今後やめてもらいたい!!

間違いなくオルフェのせいで3冠馬の価値観が下がったのはいうまでもないNo.1!


さてここからは函館記念についてですがこのレースの切り口としては、

砂時計07・09年
《エリザベス女王杯馬が翌年マイラーズCへ向かった年》

から抽出すれば、

ヒラメイタ!古馬GT連対枠⇒D
ヒラメイタ!巴賞3着歴⇒O
ヒラメイタ!福島牝馬S2年連続馬券対象歴⇒K
ヒラメイタ!金鯱賞連対歴⇒E(1着対角)
※本来は3着枠歴ですが施行時期変更から連対歴へリサイクル
ヒラメイタ!牝馬枠連対

これらから軸にはGT歴と福島牝馬歴を持つ正逆Dに当たる牝馬DKから入りますヒラメイタ!


トロフィー函館記念

クラクラ枠連
3・6―5・1・8

クラクラ馬連単
DK
⇔HI@ON

クラクラ3連複単
DK
⇔HI@ON
⇒DE


牝馬枠は2着席に向いてると想定してます月

ではでは ̄ー ̄


0

メモ七夕賞・プロキオンS見解  競馬



今日は恒例の幕張出張のため考察等は省略します土下座

では重賞見解ですメモ

トロフィー七夕賞

クラクラ馬連単
GL
⇔LDJK

クラクラ3連複単
GL
⇔D
⇒ABM

前年2着対角Kエクスの対角もしくは同枠のどちらを起用するかが焦点ですヒラメイタ!


トロフィープロキオンS

クラクラ馬連単
M
⇔GHDKF

クラクラ3連複単
M
⇔GHDKF
⇒GF


新・中京ダート重賞第一段として最初の一歩を飾るに相応しいのは勝てばダート重賞初勝利となるMカモンがお似合いですヒラメイタ!

ではでは ̄ー ̄


0




AutoPage最新お知らせ