秋華賞の領域  競馬



まず切り口としては今年と類似する年として96年・04年・08年から斬ります!

☆96年
阪神JF2着馬がチューリップ賞1着からオークス1着枠(エアグルーヴ)

☆04年
チューリップ賞馬がオークス2着(スイープトウショウ)
ローズSで枠連万馬券発生

☆08年
チューリップ賞2着がオークス制覇(トールポピー)
ローズSで馬連万馬券発生

まずリラヴァティを有力としたものは、

☆チューリップ賞3着
04年 ヤマニンシュクル⇒秋華賞2着
08年 オディール⇒秋華賞2着対角

14年 チューリップ賞3着リラヴァティ

☆桜花賞連対配置馬
96年 桜花賞2着同枠シーズグレイス⇒秋華賞2着同枠
04年 桜花賞2着対角ヤマニンシュクル⇒秋華賞2着
08年 桜花賞1着同枠ソーマジック⇒秋華賞1着同枠

14年 桜花賞1着同枠リラヴァティ

☆ローズS3着配置馬
96年 2着シーズグレイス⇒秋華賞2着同枠(ローズS正規決着)
04年 3着スイープトウショウ⇒秋華賞1着
08年 3着対角オディール⇒秋華賞2着対角

14年 3着リラヴァティ

☆桜花賞1着馬(枠)の配置
96年 2着同枠シーズグレイス⇒秋華賞2着同枠(桜花賞馬とその同枠平行馬不在)
04年 1着ダンスインザムード⇒秋華賞1着平行
08年 1着同枠ソーマジック⇒秋華賞1着同枠

14年 1着同枠リラヴァティ(ハープスター・ベルカント不在)

チューリップ賞1着ハープスターは桜花賞、2着ヌーヴォレコルトがオークスならヌーヴォと2着同枠歴を持つ3着リラヴァティが秋華賞制覇していいはずです!

上記の類似年と合致することからリラヴァティに出番とみます!

追加で96年のローズSは〇外ヒシナタリーが勝利し本番ではその〇外ヒシナタリーの同枠ファビラスラフィンが勝利した流れと今年ローズSで8枠 □地リックタラキチの対角タガノエトワールが2着し2着対角の□地と同枠だったリラヴァティ、そして秋華賞で〇外ディルガと組んだレッドリヴェールの流れは同一性のある特殊な冠号馬配置と思われます!

相手の筆頭にはレッドリヴェールです!

彼女にはハープスターとの2分の1分割の役割があると考えられます!

☆裏が札幌からの代替函館開催を従えた新潟・函館の変則開催のGV重賞を勝利し秋季ステップを踏まずに最後となる阪神2歳単独GTで連対した戦歴からは二度と刻めないタイプ!

☆新潟・代替函館時期の重賞勝馬でも小倉2歳ホウライアキコとベルカントは秋季重賞賞金加算が足枷となりJRAの牝馬路線起用タイプは変則夏季開催の重賞勝馬へとシフトしたかたちとなる!

この2頭を双子とみれば、

阪神JF
1着 レッドリヴェール
2着 ハープスター

桜花賞
1着 ハープスター
2着 レッドリヴェール

オークス
2着 ハープスター
レッドリヴェール(不在)

秋華賞
2着 レッドリヴェール?
ハープスター(不在)


☆ハープスター
GT 桜花賞(1勝)
GT2着 阪神JF・オークス(2回)

☆レッドリヴェール
GT 阪神JF(1勝)
GT2着 桜花賞・秋華賞(2回)

お互いに阪神1600mGTを手中にしGT2着を2度刻む!

綺麗に2頭の役割が分割されていると考えるとハープスターが不在の秋華賞は2着と読めます!

クラシック根幹距離体系となる1600m 新潟2歳Sと1800m 札幌2歳Sのそれぞれの世代最初の賞金加算馬という部分からこの2頭どちらかが牝馬GTに出走した場合は連対する義務が発生すると想定し今回はレッドリヴェールが2着するとみます!

3着に阪神JFから桜花賞・オークスと起用され続けている正逆I、特に2着がレッドリヴェールなら札幌2歳で一緒に手を繋いだ2着 マイネグレヴィルがふさわしいです!

ハープとレッドの決着性から桜花賞は再会馬券というある意味ではゾロ目決着でありオークスでハープがレッド不在の中で純粋ゾロ目を発生させたことからもハープ不在の秋華賞ではレッドがそれに倣いハープとは違うゾロ目決着となる平行ゾロ目が最有力と考えられます!

万馬券と平行ゾロ目のダブル変則決着となるP⇔G決着を挙げておきます!!(* ̄∇ ̄)ノ

ではではorz



0

府中牝馬S見解  競馬



明日の秋華賞は人気はかなりありませんがPリラヴァティからはいります!

軽くその理由に触れるとすれば今年の牝馬クラシック路線は再会馬券の連鎖がカギです!(* ̄∇ ̄)ノ

☆阪神JF
レッドリヴェール⇒ハープスター⇒フォーエバーモア

☆チューリップ賞
ハープスター⇒ヌーヴォレコルト⇒リラヴァティ(2・3着同枠)

☆桜花賞
ハープスター(同枠リラヴァティ)⇒レッドリヴェール⇒ヌーヴォレコルト(同枠フォーエバーモア)

☆オークス
ヌーヴォレコルト⇒ハープスター⇒バウンスシャッセ(純粋ゾロ目決着)

☆ローズS
ヌーヴォレコルト⇒タガノエトワール⇒リラヴァティ

今年牝馬クラシックの覇者となった彼女らが一度同枠歴があり馬券内で手を繋いだことがあるタイプとすればリラヴァティしか存在しないためです!!

詳しい考察は深夜にでも挙げておきます!orz

では重賞見解です!


★府中牝馬S

馬連単
K(L)
⇔ABC(EF)

3連複単
KL
⇔ABC
⇒EF


ではではorz
0
タグ: 府中牝馬S

京都大賞典見解  競馬



今年の京都大賞典は代替平日施行となったことからもここでの連対は秋季GT不要タイプが連対するものとみてます!

近年は平日代替施行での重賞賞金加算はことごとく嫌われ者となっている為です!( ´△`)

ただ毎日王冠との繋がりはみせてくれるものと考えてます!

毎日王冠では連対指定されていた3枠7枠はあることから連対が相殺されてました、後で細かく確認し気付いたのですが、、、(゜ロ゜;

今回の連対指定は5枠か6枠ですがさすがに5枠は難しいとみて6枠Fラストを軸にします!

相手には毎日王冠を武豊が勝利したことから過去に絶対起こり得なかった同一年での毎日王冠・京都大賞典両重賞制覇という同一騎手による初めて性が発生する可能性は高いはずです!(  ̄ー ̄)ノ

その視点から前年3着馬の2段階繰り上がりに期待します!

毎日王冠のA⇒Eに対し京都大賞典はA⇒逆E決着!

Gデスペからも押さえますがAラーとは京都記念以来となる再会馬券となりますがそれは発生しにくいとみてます!

ラストとラーは秋季のGTで連対以上の役得は訪れないと想定!

逆にHマンボかBフーラらは敗退からのエリザベス女王杯での仕事を待つ身だと読んでます!

では重賞見解です!



★京都大賞典

馬連単
F(G)
⇔AJIB

3連複単
F
⇔AJ
⇒BIHCDE


ラーが走らなければ対角Jトゥザ!

3着は牝馬枠から!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

ではではorz
0
タグ: 京都大賞典

毎日王冠見解  競馬



凱旋門賞は残念というよりはやはりという結果でした(/o\)

当初ハープが札幌記念前の時点では川田ではなく外国人騎手で凱旋門に向かうと公言してましたが札幌記念勝利後は川田で本番へと変更しました!

その当時感じたのはハープに外国人騎手を配したならフランスギャロ側とすれば連対席の用意(2着)のオペレーションが決着構図の1つとして存在しているものと想定しました!(゜ロ゜;

しかしハープが札幌記念勝利後にフランスギャロ側が外国人騎手起用を許可しなかった展開からもその時点で日本馬3騎の連対はあり得なかったものと推定されます!

しかも今年は何故か近年の中で例のないフルゲート20頭立てを仕掛けてきた主催者からすれば今年の凱旋門賞は稀にみる特別な王者を誕生させたい意思を汲み取ることができます!

そして結果は前年覇者だったトレヴが過去1年間 非賞金加算(加算額0)ながらも舞い戻り史上6頭目の連覇というレースでした!

この結果を受けて今年施行したあるJRAのGTが頭をよぎりました!

それはフランスギャロが参考にしたと思われる部分として前年当レース覇者がその後1年間 非賞金加算の身分でありながらも当レースに戻っての連覇という過程から今年のヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナを模範としたオペレーションをフランスギャロ側が施行させたと感じたのは自分だけでしょうか?(;・ω・)

ヴィルシーナが連覇時に2着に連れてきたのは1歳年下の世代メイショウマンボ(桜花賞以外の変則的牝馬3冠)の決着性から反転してトレヴ連覇には2年連続の日本馬が2着の場合、やはり年下世代の3歳牝馬でマンボの持たない桜花賞馬という展開です!

ここからはあくまで推察になりますがハープに外国人騎手ならトレヴ連覇にプラス牝馬のワンツー決着と日本馬初の3歳牝馬の連対という初づくしの決着性を用意した歴史的連覇の設定がしてあったと捉えてます!

ノーベル文学賞を村上春樹が獲れないのと同じぐらい日本馬による凱旋門賞制覇はまだきません!!(  ̄ー ̄)ノ

日本のマスコミの今年こそは歴史的瞬間を見ましょう!の煽りの風潮には毎年呆れる始末です!

静かにひっそりと待っていればその時は意外と早くくるものなんですが学習能力のないマスコミには付ける薬はないでしょう!

自分が今 見定めているのは近い日本で3歳馬の2冠馬もしくはダービー馬にデムーロかルメールを配してきた時に凱旋門賞に赴き現地で初観戦するつもりでその時を心待ちにしてます!!

勝つならその日のはず!!(* ̄∇ ̄)ノ

さて今日の毎日王冠は開催ゾロ目前年からの切り口で逆Dロサギガンティアから入ります!

連対枠指定として3枠と7枠が挙がっているのでその枠が相手です!(^^)d

では重賞見解です!


★毎日王冠

枠連
6・5(4)ー7・3

馬連単
JH(F)
⇔KC

3連複単
JH
⇔KC
⇒H@NFG


ではではorz
0
タグ: 毎日王冠

スプリンターズS見解  競馬



遅くなりましたorz

やはり当日になり悩みましたが結論の理由は買い目のあとに軽く説明します!

では重賞見解です!


★スプリンターズS

単勝 JK

枠連
7ー6・1・7・5

馬連単
JK
⇔MLNAHI(CO)

3連複単
JK
⇔MLNAHI
⇒CO


初GT勝利を海外で挙げたマル外タイプによる国内GT初制覇は未だ存在しない!

サマースプリント王者 マル外リトルゲルダを回避させサマースプリント歴を否定したのなら夏季・秋季歴を持たないハナズvsグランプリのGT馬決着に期待したい!!

ちなみに国際化後のGT馬決着では片方にスプリントGT勝歴が存在したが代替新潟だからこそ不要とみてスプリントGTを持たない馬同士の初決着とみたい!!

この決着性はスプリントGTを独占した統一王者ロードカナロアの否定ともなる!!

高松宮記念と同じ左回り18頭立てを揃えた意味を考えれば同じ形態のスプリントGTを外国人騎手が統一すろことが一番しっくりくる!!

ハナズゴールを覇者指名したい!!(  ̄ー ̄)ノ

ではではorz
0




AutoPage最新お知らせ