京都大賞典見解  競馬



今年の京都大賞典は代替平日施行となったことからもここでの連対は秋季GT不要タイプが連対するものとみてます!

近年は平日代替施行での重賞賞金加算はことごとく嫌われ者となっている為です!( ´△`)

ただ毎日王冠との繋がりはみせてくれるものと考えてます!

毎日王冠では連対指定されていた3枠7枠はあることから連対が相殺されてました、後で細かく確認し気付いたのですが、、、(゜ロ゜;

今回の連対指定は5枠か6枠ですがさすがに5枠は難しいとみて6枠Fラストを軸にします!

相手には毎日王冠を武豊が勝利したことから過去に絶対起こり得なかった同一年での毎日王冠・京都大賞典両重賞制覇という同一騎手による初めて性が発生する可能性は高いはずです!(  ̄ー ̄)ノ

その視点から前年3着馬の2段階繰り上がりに期待します!

毎日王冠のA⇒Eに対し京都大賞典はA⇒逆E決着!

Gデスペからも押さえますがAラーとは京都記念以来となる再会馬券となりますがそれは発生しにくいとみてます!

ラストとラーは秋季のGTで連対以上の役得は訪れないと想定!

逆にHマンボかBフーラらは敗退からのエリザベス女王杯での仕事を待つ身だと読んでます!

では重賞見解です!



★京都大賞典

馬連単
F(G)
⇔AJIB

3連複単
F
⇔AJ
⇒BIHCDE


ラーが走らなければ対角Jトゥザ!

3着は牝馬枠から!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

ではではorz
0
タグ: 京都大賞典




AutoPage最新お知らせ