天皇賞(秋)見解  競馬



時間がないので短めにorz

この秋天がサブタイトル 60周年記念競走の側面と150回の記念すべきゼロ大会という2つの角度からみれば同サブタイトル付きで同じ下二桁が50回大会の重賞位置は無視できないはずです!


《60周年記念タイトル+50回大会重賞》

☆函館記念
1着 ラブイズブーシェ⇒対角G
2着 ダークシャドウ⇒3枠

☆小倉記念
1着 サトノノブレス⇒4枠
2着 マーティンボロ⇒対角D

☆新潟記念
1着 マーティンボロ⇒対角D

これらの配置は全てエピファネイアとディサイファ示唆ととりこの2頭の組み合わせに熱く(厚く)いきます!(* ̄ー ̄)

あとはエピファネイアから万馬券の組み合わせを!

連対指定はAパターンが4枠か8枠、Bパターンが@Kです!

間違いなくこれらから連対馬が誕生します!

では重賞見解です!



★天皇賞(秋)

単複【D】

枠連
3ー4・8・1・6

馬連単
【D⇔G】

押さえ
(D⇔FQKOPA)

3連複単
DG
⇔DG
⇒NIJAPC


前年秋天1・2着 福永・岩田らが継承する前年菊花賞 1・2着馬(連対騎手)枠決着!!

14年 菊花賞
1着対角 P岩田
2着 蛯名
3着同枠 I福永

91年 馬連発売・2歳GT牡牝区別化の番組変革以前、最後にたどり着いた馬スーパークリーク以来となり変革後では初となる菊花賞馬エピファネイアの戴冠に託す!!

ではではorz

0
タグ: 天皇賞秋

秋天の領域A  競馬



軸は確実にエピファネイア 福永から!

そこに行き着いた根拠!(  ̄ー ̄)ノ

《安田記念ジャスタウェイ 福永⇒柴田善乗り替わりの謎》

勿論この裏には前週福永の騎乗停止から代打 柴田善となった経緯が表!

裏にあるオペレーションの真実は2年間をひとくくりとした場合、【安田記念・秋天を1人の騎手が3勝以上する事はタブー】という掟から!!

その最たる例を上げていく!

☆ヤマニンゼファー
92年 1着 安田記念 田中勝春
※秋天不出走
93年 1着 安田記念《柴田善》
同年 1着 秋天《柴田善》

93・94年の2年間の安田記念と秋天を柴田善2勝・田中勝1勝で分ける3勝騎手を避ける!


次は騎手の観点から!

☆岡部幸雄
97年 1着 安田記念(タイキブリザード) 岡部幸雄
同年《2着》 秋天(バブルガムフェロー)岡部幸雄
98年 1着 安田記念(タイキシャトル)岡部幸雄

バブルガムは1人気にも関わらず2着敗退させられたことからも敗退前提から同じ騎手を乗せたケース、岡部もこの2年間で安田記念・秋天合わせて2勝まで!


☆ダイワメジャー
06年《4着》安田記念 安藤勝己
同年 1着 秋天 安藤勝己
07年 1着 安田記念 安藤勝己
同年《3着》秋天 安藤勝己

アンカツの3勝目が無い事を前提にしたコンビ継続!

アンカツも2年間で2勝まで!

最後は謎の安田記念 岩田乗り替わりのあったウオッカ!

☆ウオッカ
08年(2着 ヴィクリトリアマイル)武豊
同年 1着 安田記念《岩田》←当時謎の乗り替わり
同年 1着 秋天 武豊
同年(3着 JC)岩田←武豊骨折離脱

09年(1着 ヴィクリトリアマイル)武豊
同年 1着 安田記念 武豊
同年《3着》秋天 武豊

09年 秋天は敗退前提で武豊騎乗だったが08年時点のオペレーションで未来の08年 秋天と09年 安田記念での武豊勝利が既に確約されていた為、08年 安田記念で武豊勝利することによる安田・秋天3勝のタブーを避けるために岩田乗り替わりという布石を打っていたことが理解できる!

2年間で安田記念・秋天を3勝以上 同一騎手に任せることはやはり決してあってはならない!!

これらを踏まえれば今年の秋天は福永となる!!

☆福永
13年(1着 安田記念 岩田)
同年 1着 秋天(ジャスタウェイ)福永
14年 1着 安田記念(ジャスタウェイ)《柴田善》←福永騎乗停止させての変更
同年【1着 秋天 エピファネイア 福永】

わざわざ安田記念のジャスタウェイを福永を騎乗停止にさせてまで1着を取らせなかった部分を考えれば秋天での福永勝利の布石とみる!

安田記念馬ジャスタウェイを凱旋門賞に向かわせることで秋天は不出走させ、その裏でジャスタウェイと入れ替わるようにここまで出番を待たされたエピファネイア!

もし安田記念を福永で勝利していたら秋天1着は間違いなく用意されてはいない!

そしてもう1つの根拠!

《東京古馬GT戦は今季の非賞金加算馬を起用》

東京古馬GTはヴィクリトリアマイル・安田記念、残りはまだ終了してない秋天とJC!

☆ヴィクリトリアマイル
1着 ヴィルシーナ
《今年に入り賞金加算歴なし》

☆安田記念
2着 グランプリボス
《今年に入り賞金加算歴なし》

非賞金加算馬はジェンティル・ヒット・デニム・ペルーサ・フラガ・ジョーダン・アスカといるが11月2日施行のシンボリクリスエス・ウオッカと一致するタイプは《4歳・ダービー連対・3歳時にGT勝歴》からエピファネイアのみ該当!

ちなみにジェンティルも国内に限っていえば非賞金加算タイプ、その最大の目的はJC 東京GTのため、彼女は本気でJC3連覇を狙っている!

11月2日施行覇者は過去に例のないタイプからもエピファネイア浮上!

☆シンボリクリスエス
⇒中山代替 秋天からの正規東京秋天を連覇

☆ウオッカ
⇒牝馬のダービー馬による牝馬のワンツー決着

☆エピファネイア
⇒89年 スーパークリーク以来となる菊花賞馬による勝利、91年 2歳GTが牝馬牡馬戦に分かれ馬連の導入後において菊花賞馬による初の秋天制覇!!

秋天はエピファネイアがスーパークリーク以来の歴史を刻む日!!

最後に秋天は万馬券が間違いなく発生すると予告しておきます!

ではではorz
0
タグ: 天皇賞秋




AutoPage最新お知らせ