クイーンC見解  競馬



新アプローチで挑んだ先週の東京新聞杯ですが凡ミスしました!!Σ( ̄□ ̄;)

軸としてOとEが浮上もOから入るお粗末ぶり!(/o\)

Eから入ればLも相手として浮上していただけに勿体ないの一言!

新アプローチは軸選択に命がかかってます!

そんな新アプローチからのクイーンCの軸は正逆NかJ!(  ̄ー ̄)ノ

ですが以前やっていた連対指定が4枠か5枠を指してます!

先々週の根岸Sでは同条件となるカク地2頭参戦からBジョーメテオの裏対角のEエアハリファが1着、Cサトノタイガーの対角Lワイドバッハが2着した経緯からこのクイーンCでもカク地枠の4枠か5枠連対、FティーズアライズがGブルックデイルの補佐として機能した場合、もう一方のIジュエルクイーンは裏同枠Jろ過の補佐もしくは平行Aダノングラシアスか裏対角Nカービングパスの補佐と思われます!

配置からみれば阪神JF出走のスマートプラネットは同じ逆M配置、ダノングラシアスは逆Aで今回は正A配置から阪神JF連対要素が再現されると読めば1着だった蛯名のGブルックデイルVS2着 6枠Jからろ過が有力な決着構図候補となります!

以上から軸はGブルックデイル 蛯名から入ります!

では重賞見解です!


★クイーンC

単複 G

枠連
4ー3・6・1・8

3ー3

6ー6


馬連単
G
⇔EJANDK@

3連複単
G
⇔EJAN
⇒BCLM


ではでは!
0
タグ: クイーンC




AutoPage最新お知らせ