ダービー・目黒記念見解  競馬



今週は世間的にいろんなニュースがありましたが個人的には火曜日から手足口病にかかってしまいました...( ´△`)

月曜日にゲーセンにスタホをしに行ったら夜になると身体にプツプツと痒みを伴う水泡湿疹が発生し病院へ!

この手足口病、効果的な治療がないとかでとりあえず抗ヒスタミンの塗り薬で2週間ほど静かに暮らしてくださいと言われ参戦しようかと考えていたダービーを断念しました!

まあこの溜まった鬱憤は今日へぶつけようと思います!(* ̄ー ̄)

では重賞見解です!


★目黒記念

馬連単
AP
⇔NCB(MOD)


★ダービー

単複 A

枠連
1ー7・6・3・2・4

馬連単
A
⇔LJEBF

3連複単
A
⇔LJEBF
⇒PJK


7枠純粋ゾロ目が発生しタヤスツヨシVSジェニュインの再会馬券のリプレイは決して起こらないはずです!

想定される決着構図!

ダービーの決着構図のパターンにある皐月賞馬VS京都新聞杯馬決着でも勝馬ではなく同枠2着の皐月賞2着VS青葉賞2着が基本線!

Aタンタから平行ゾロ目となる皐月賞1人気6着JクラウンとのA⇔Jアドマイヤベガ(皐月賞1人気6着)ナリタトップロード(弥生賞馬)の再現!オペラオー3着から和田の3着ならクラウンとの6枠ワイドゾロ目となり収まりがいい形!

青葉賞馬Fレーヴと裏同枠で組んだEポルトとAタンタによる初の青葉賞VS京都新聞杯決着!

どちらにしても初となる青葉賞2着馬の連対起用!

過去のダービーで青葉賞馬と皐月賞馬では勝たせてもらえなかった蛯名オペレーションから推測すれば1着じゃない2着馬でこそ勝利騎手となれるオペレーションと読む!

2着からでこそ頂点に立てる騎手、それが蛯名正義!!

蛯名のダービー初制覇を見届けたい!

ではでは!
0

Q ダービー  競馬




=日本ダービーへの継続=


牡馬クラシックの基点となった共同通信杯


★共同通信杯
1着 リアルスティール⇒皐月賞2着(ダービー優先権取得)
2着 ドゥラメンテ⇒皐月賞1着(ダービー優先権取得)
3着 アンビシャス⇒プリンシパルS1着(ダービー優先権取得)※ダービー不出走


アンビシャス(OP東京2000m1着)のダービー回避から示唆されるものとして皐月賞での重賞OP2000m勝馬排除をダービーでも継続!
×GJKM

このアンビシャスへの流れを作ったのは皐月賞出走馬ブライトエンブレム(弥生賞2着・ダービー回避)とベルーフ(京成杯1着・ダービー回避)2騎


皐月賞では同距離否定=非2000m勝馬起用からダービーでも同距離否定=非2400m勝馬起用の継続!
×FO

アンビシャス東京2000m勝歴を持ち合わせているのは未勝利で取得したAタンタアレグリアと500万で取得したPキタサンブラックが対角配置

これらからAタンタアレグリア(非OP2000m勝馬・非OP2400m勝馬)が浮上!

Aタンタアレグリアを後押しするものとして前年から継続する変革がある

背中合わせとなる最初と最後

14年
中山 朝日杯FS最後の世代
古馬GTへの優先権付与
古馬GT賞金据え置き

15年
阪神 朝日杯FS最初の世代
古馬GT賞金増額年


この2年で起きた継続劇

14年
皐月賞1着 Aイスラボニータ
ダービー1着 Aワンアンドオンリー
菊花賞1着 Aトーホウジャッカル

新阪神 朝日杯FS1着 Aダノンプラチナ

15年
皐月賞1着 Aドゥラメンテ
ダービー1着 Aタンタアレグリア?
菊花賞1着 A?


3歳GT勝馬Aの継続は未だ途切れていない!

その理由として3歳クラシックは一生に1度しか出走が許されない中で、古馬GTで発生した連覇劇 それに同調させるために3歳GTでは数字に置き換え表現した前年勝馬番による同馬番の連覇、それが主催者の狙い!


次は牡牝クラシックの継続

桜花賞
1着 前走優先権レース3着(チューリップ賞3着)
2着 前走重賞1人気(チューリップ賞1人気)

オークス
1着同枠 前走優先権レース3着(桜花賞3着)
2着 前走重賞1人気(桜花賞1人気)


ダービーで継続される皐月賞の戦歴要素

皐月賞
1着 前走重賞2着(重賞未勝利馬)
2着 前走重賞2着(重賞連対歴 2回)
※再会馬券


まず今年の牡牝共に前走1着馬は連対から排除されていることから前走1着馬@FMは除外

それら以外から皐月賞の戦歴要素を再現

ダービー
1着 前走重賞2着(重賞未勝利)⇒Aタンタアレグリア
2着 前走重賞2着(重賞連対歴 2回)⇒Eポルトドートウィユ(Lリアルスティール)
※1枠3枠は枠単位で京都新聞杯の再会馬券


ポルトドートウィユとリアルスティールが対角配置にあるのは偶然ではない、この2頭の違いは重賞勝歴か否か

今年の戦歴出目再現年でもある2003年 1着番に合致する正逆L!

タンタアレグリアの相手にポルトドートウィユの方を挙げた根拠は今年の3歳クラシックに刻まれてきた最重要戦歴の存在から!


桜花賞
1着 レッツゴードンキ
【第66回】阪神JF2着

皐月賞
2着 リアルスティール
【3月22日 ゾロ目施行日】スプリングS2着

オークス
2着 ルージュバック
【第55回】きさらぎ賞1着

ダービー
2着 ポルトドートウィユ?
【第55回】きさらぎ賞2着


クラシック連対の必須となる【重賞でのゾロ目大会・ゾロ目施行日での賞金加算歴】!

ポルト以外に所有するのはスプリングSキタサンとリアルのみ

その1度使われたスプリングS1着Pキタサンと2着Lリアルの対角配置となるのがA⇔E!

このタンタアレグリアとポルトドートウィユのAーE決着は新阪神 朝日杯FSに起因している!

新阪神 朝日杯FS AーE
1着 ダノンプラチナ【蛯名・国枝】

皐月賞を11着に敗退した新阪神 朝日杯覇者はダービー前に不出走を宣言した

それと入れ替わるようにダービー優先権レース 青葉賞に参戦し優先権を獲得したタンタアレグリア【蛯名・国枝】コンビ

第1回 新阪神 朝日杯AーE決着をトレースしつつ皐月賞同様にこれまでにない初の決着性ダービートライアル2着馬決着をもちいて初の栄冠に輝く蛯名正義!!


A⇔ELB


ではでは!
0
タグ: ダービー

オークス見解  競馬



これはアメブロに書いた見解ですが同じものを載せておきます!

取消から既に特殊戦と変貌したオークスの答えはこの中にあるはずです!


《2歳阪神GT変更年》

92年

★桜花賞
チューリップ賞 再会馬券

★オークス
1着【1枠A】アドラーブル 桜花賞2着
2着 3枠Dサンエイサンキュー【クイーンC1着】阪神JF2着


07年

★桜花賞 チューリップ賞 再会馬券・旧連対人気決着

★オークス
1着【1枠A】ローブデコルテ

2着同枠 4枠Gピンクカメオ【NHKマイルC1着】

※クイーンC馬不在

1枠Aの勝利・マイルGT連対歴・そして東京マイル重賞勝歴枠が浮上!


《取消戦オークス》

03年 万馬券
1着 2枠Bスティルインラブ 二冠
2着 8枠Pチューニー【クイーンC1着】


09年 再会馬券
1着 4枠Fブエナビスタ 二冠
1着同枠Gディアジーナ【クイーンC1着】

2着 2枠Bレッドディザイア

ここでも浮上したクイーンC勝歴、2枠B!


《閉幕戦オークス》

93年 54回
1着【7枠L】ベガ 二冠
2着 5枠Hユキノビジン


04年 65回
1着【7枠L】ダイワエルシエーロ クイーンC1着
2着 1枠@スイープトウショウ

最も重要視したいクイーンC勝馬キャットコインと閉幕戦1着番 正逆Lクイーンズリング!

他1枠AマキシマムドパリとマイルGT連対歴の1枠と8枠!

桜花賞再現馬券となるE⇔F決着を最有力とみる!

では重賞見解です!


★オークス

単複 EA

枠連
3ー4

3・4ー1・5・8

馬連単
E⇔F

E⇔A@PQKI

F⇔A@PQLI

3連複単
EF
⇔EF
⇒@AQP


桜花賞再現となる二冠連続のE⇔F決着!

人気もレッツゴードンキ5人気⇒クルミナル7人気を刷り直す5人気クイーンズリング⇒7人気キャットコイン!

フローラSD⇒E⇒@の逆番L⇒K⇒P再現となるE⇒F⇒A!

桜花賞 枠3ー4ー1@が枠3ー4ー1Aへ3着馬番が変化するのみ!

来週ドゥラメンテ・デムーロの勝利はないと思われるため今日がデムーロの勝負日と読みます!

ルージュバックは間違いなく今年中にGTを勝つはずですが今年の重賞再現年は03年から桜花賞2着同枠からオークス1人気を背負ったアドマイヤグルーヴ同様にここも敗退と想定します!(/o\)

ではでは!
0
タグ: オークス

平安S見解  競馬



本日も時間の都合上、考察等は省略します!

ただABCから連対馬が出るはずです!(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です!


★平安S

枠連
6・1・4ー2・1

馬連単
J@F
⇔BCA

3連複単
J@F
⇔BCA
⇒FG


※追加 14:45

軸4枠Fを追加


今年のゾロ目大会は大外もしくはセンター馬起用、それ以外で変則決着発生です!

奇数頭ではないためセンター馬が存在しないことから大外馬!

それが起用されない場合、変則決着となるはずです!

その最たるものがJクリノスターオーの連覇です!

ではでは!
0
タグ: 平安S

ヴィクトリアマイル見解  競馬



本日も時間短縮簡単モードでいきます!

まずこの春季GTでのトレンドとなっている前走重賞1人気歴連対が継承され続けてる部分に重きをおき軸は当レース前年1人気歴でもあるJスマートレイヤーから入ります!(  ̄ー ̄)ノ

きのうに続きゼロ大会ですが今年のゼロ大会は正逆接触決着か1・3着対角ワイドゾロ目の変則決着の2パターンとなっており、東京施行のゼロ大会であるクイーンC・NHKマイルC・京王杯SCは全て1・3着対角ワイドゾロ目からここを念頭に攻めたいと思います!

ゼロ大会では牝馬戦以外はマル外枠が連対していますが8枠は少し弱いためOリトルゲルダはNヌーヴォ補佐役と解釈しました!( ´△`)

久しぶりに馬名配列を挙げると、

Cレッドリヴ『ェール』
Dストレイトガ『ール』
Eディアデラマ『ドレ』

Hベルルミ『エール』
Iハナズゴ『ール』
Jスマー『トレ』イヤー

ともう1つが、

Cレッドリヴェ『ール』
D「ス」『トレイ』トガール
E『ディ』ア「デ」ラマドレ

Iハナズゴ『ール』
J「ス」マー『トレイ』ヤー
Kアルマ『「デ」ィ』ヴァン

上記からCDを上位にとります!

Eディアデラマドレは今年施行されない愛知杯最後の勝馬ですがこの馬も補佐役にまわるような気がしています!

あとはハープ引退からそのコンビがハープと入れ換えで出走させてきた川田・マツパクコンビの@タガノエトワール、この馬はカイジのギャンブル船エスポワール号ににている部分からもプラスです!

そしてもう1頭は今年から愛知杯にかわり12月に牝馬重賞格上げとなったターコイズS最後のOP勝馬Qミナレットを挙げておきます!


では重賞見解です!


★ヴィクトリアマイル

単複 J

枠連
6ー2・3・7・1・8

馬連単
J
⇔CDN@QF

3連複単
J⇒CDN@QF⇒G

CN⇒J⇒CN

D⇒J⇒M

@Q⇒J⇒@Q

F⇒J⇒K


前年1人気歴馬スマートレイヤーによる復権を望む!

ではでは!
0




AutoPage最新お知らせ