ダービー卿CT・大阪杯見解  競馬



来年から大阪杯がGT昇格する予定ということで今年でGU戦としては最終年となります!

そこを前提とし考察すれば過去のGT昇格となったGU戦に答えがありそうです!(NHK杯・フェブラリーS)

この2レースではNHK杯が平行ゾロ目決着、フェブラリーSが純粋ゾロ目決着からゾロ目が発生すると捉えます!

軸には世代代表で唯一の4歳GT馬となるFキタサンブラックから同世代4歳の存在する枠でありゾロ目発生となるGショウナンパンドラ(接触ゾロ目)Eタッチングスピーチ(純粋ゾロ目)の牝馬2頭を上位にとります!

そして枠連平行ゾロ目となる6枠ー2枠からAラブリーデイも気をつけたいところです!

因みに60回大会はメイン競争から外れた京阪杯以外は正逆G連対からショウナンパンドラに期待します!

対角Cイスラボニータの60周年記念競争のGT皐月賞勝ちがフォローしてる部分も好感がもてます!(  ̄ー ̄)ノ

ダービー卿は48回大会から端(@O)かセーター位置(GH)が連対すると思われます!

では重賞見解です!



★ダービー卿CT

単複 E(J)

枠連
3ー4・5・7・1

馬連単
E(J)
⇔GHMA


★大阪杯

単複 F

枠連
6ー7・4・2・6

馬連単
F
⇔GCAE

ではでは!
0




AutoPage最新お知らせ