天皇賞(春)見解  競馬



青葉賞はトレンド指名馬ノーブルマーズが対角示唆する結果でした!(/o\)

GTトレンドはサウンズオブアースを挙げましたが他にJタンタアレグリアが存在したのでこの2頭が今日の覇者を指し示していると考えます!

そこから軸はNサウンズとタンタ対角Gシュヴァルグランを取りたいと思います!

高松宮記念・桜花賞と藤岡厩舎の重賞未勝利馬がGTの舞台で重賞制覇を飾る展開が今一度起きるという想定からでもあります!

藤岡佑の初GT制覇を父親の馬がプレゼントしてくれるという親子鷹のドラマ性をみたいです!

春天限定のトレンドは対角ゾロ目・平行ゾロ目VS純粋ゾロ目・平行ゾロ目から京都大賞典で対角ゾロ目歴所有のサウンズから前年ダイヤモンドSの純粋ゾロ目Fファタモル・日経新春杯の平行ゾロ目Gシュヴァルの4枠、そしてアルゼンチン共和国杯の純粋ゾロ目歴Pゴールドアクター・日経新春杯の平行ゾロ目Qレーヴの8枠を取り上げます!

押さえで1枠といった感じです!

どちらにしてもサウンズかシュヴァルが勝つ春天とみます!(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です!




★天皇賞(春)

単複 N(G)

枠連
7ー4・8・1

馬連単
N
⇔GQOA

(G⇔QAMH)



ゴールドアクターはタブーを侵したため連対席から排除されます!

三度(みたび)藤岡厩舎!

ではでは!
0
タグ: 天皇賞(春)




AutoPage最新お知らせ