オールカマー・神戸新聞杯見解  競馬



今クールで最高におもしろすぎたアニメ ベルセルクが残念ながら終了しました(・ε・` )

ネタバレになりますがストーリーは完璧な世界の卵から受肉したグリフィス(フェムト)の誕生まで

それでこれ続きはどうすんの?!となってた訳ですが嬉しいことに来年の春(多分4月)に続編放送決定発表には安堵しました( ;∀;)

プレステ4ではベルセルク無双も発売されるとこにもなりしばらくはアニメ続編まではベルセルクをゲームで紛らせそうです!(  ̄ー ̄)ノ

しかしベルセルクはキングダム並みに本当におもしろい!( ´∀`)

では重賞見解です




★オールカマー

複勝 Dツクバアズマオー

馬連
D⇒EF

ワイド
D⇒@KAJ



★神戸新聞杯

複勝 Cロードヴァンドール(Kレッドエルディスト)

馬連
CK⇒M

ワイド
CK⇒LB(DJ)


ではでは!
0

セントライト記念・ローズS見解  競馬



先週は凱旋門賞のステップ戦にニエル賞を選択したマカヒキの走りに注目してました

感想としては無事に勝たせてもらえたなと( ・∇・)

あの結果を受け凱旋門賞での【マカヒキの2着席確定】を確信しました!(  ̄ー ̄)ノ

その根拠としてはフランスギャロが日本馬に対する【凱旋門賞 ステップ戦出走許可とステップ戦での賞金加算】をクリアした場合にのみ日本馬へその年の凱旋門賞連対許可証が発行されていることからです

★ステップ戦参加馬

エルコンドルパサー(フォワ賞1着)
ナカヤマフェスタ(フォワ賞2着)
12年 オルフェーヴル(フォワ賞1着)
13年 オルフェーヴル(フォワ賞1着)
13年 キズナ(ニエル賞1着)

これら以外の年ではフランスギャロが日本馬にステップ戦の出走許可を降ろしてません

以上からマカヒキは無事出走し賞金加算したことにより連対は確約されたとみます!

あと何年後かでしょうが凱旋門賞を勝つ時は初めてルメールが日本ダービーを勝利した年にそのダービー馬と共にステップ戦から参戦したとき歓喜の瞬間は訪れると思われます

とりあえず今年はその一歩手前のダービー馬×ルメールという組み合わせを顔見せにフランスに来たものと考えてます

では重賞見解です




★セントライト記念

複勝 Iゼーヴィント

ワイド
I⇒JAEF



★ローズS

複勝 Bカイザーバル

ワイド
BL⇒DJ(N@)


今日は東西共に1人気馬は連対を外れないものとみます(* ̄∇ ̄)ノ

ではでは!
0

京成杯AH・セントウルS見解  競馬



今日の焦点としては「ビッグアーサーに1着席が用意されているのか」です

個人的にはないものと考えます

考察は時間がないため省きますがこの手のタイプはセントウルS2着から本番スプリンターズSも2着という1着賞金加算が連続で否定されるタイプではと考えてます

重賞での初1着賞金加算歴がGT高松宮記念だったというのも引っ掛かります(; ̄Д ̄)?

今日も馬券になるとは思いますが勝つとなると疑問です

では重賞見解です



★京成杯AH

複勝 Lトウショウドラフタ

馬連ワイド
L⇒DMBFJ



★セントウルS

複勝 Eウリウリ

馬連ワイド
E⇒I@LBF


ではでは!
0

紫苑S見解  競馬



今日の我等の合言葉は胴上げ阻止です!(  ̄ー ̄)ノ

これは完全なる巨人ファンの悪足掻きですが…(ー。ー#)

とりあえず今日明日は東京ドームで胴上げをさせない巨人の底力に期待します(・ε・` )

紫苑Sは夏からの馬券戦略を継続して秋もその方向性でいきます


では重賞見解です



★紫苑S

複勝 J

馬連ワイド
J⇒QOPMD


ではでは!
0
タグ: 紫苑S

新潟記念・小倉2歳S見解  競馬



今日はサマー2000シリーズの流れからあえて狙ってみます!(  ̄ー ̄)ノ


★七夕賞
1着 アルバートドック
2着 ダコール

※ハンデGV小倉大賞典再会馬券


★小倉記念
1着 クランモンタナ
2着 ベルーフ
2着同枠 マーディンボロ

※ハンデGV14年 新潟記念再会馬券


過去のGVハンデ戦での賞金加算枠の再会馬券がテーマとなってます( ・∇・)


函館記念では発生しなかったものの今回の新潟記念では、

★15年 新潟記念
1着同枠 3着ファントムライト
2着 マイネルミラノ


と用意されていることから前年1・2着枠配置の4枠ファントムライトからはGルミナスウォリアー、5枠からは前年2着Iマイネルミラノをチョイスします

今回はこの前年新潟記念1・2着枠再現となるG⇒Iルミナス・マイネルミラノ馬券を最有力としたいと思います(* ̄∇ ̄)ノ

きのう柴田大知が札幌2歳Sで逃げて勝利してる流れから2日連続の逃げての重賞制覇はないとみてルミナ⇒ミラノの馬単を重くみます

一度発生した七夕賞のアルバート・ダコール枠決着と小倉記念のクランモンタナ・ベルーフ枠決着の2度目は起こらないと考えます

では重賞見解です




★新潟記念

複勝 GI

馬連ワイド
G⇒I@QL


★小倉2歳S

複勝 BL

馬連ワイド
B⇒DEJK

ではでは
0




AutoPage最新お知らせ