エリザベス女王杯・福島記念見解  競馬



久しぶりにサイン的な読みからエリザベス女王杯をみると浮上するワードは連覇のようです

しかしJRAの番組表に2つしか存在しない2200mのGTを両方取り終えたマリアライトが3回目となる同距離GTを得ることはタブーに触れると個人的には解釈しています

アドマイヤグルーヴのように同一GT3連勝の多重勝利ならば許されるかもですが別々の2200mGTを得た時点で既に同距離GTを獲得する権利は放棄しているに値すると考える訳です

となると連覇のワードから考えられるのはマリアライトの枠が連覇するとの想定から同枠起用となるBクイーンズリングが勝利するという形が落ち着きます

秋季GTはデムーロかルメールのどちらかの枠が連対継続中からもデムーロBクイーンズリングから入ります(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です



★福島記念

単複 Jプロフェット

馬連ワイド
J⇒FIABEK


★エリザベス女王杯

単複 Bクイーンズリング

枠連
2ー8

馬連単
B⇒MN(I@A)

3連複単
B
⇒MNI@A
⇒H

先週のアルゼンチンで発生しなかったデムーロ・福永決着を狙ってみます

ではでは
0




AutoPage最新お知らせ