春季GTの領域  競馬



大まかな変革が訪れた年は得てして継承を目の当たりにする機会が多い

今年はGTが2レース増えた新時代

最後と最初を表裏一体とし、いつの時代になっても変わることのないリバイバルシーン


=GT春季シリーズ=


16年)フェブラリーS
1着 7枠【M 逆B】【デムーロ】(2人気)
1着対角 B武豊

2着 ノンコノユメ(1人気)

↓↓↓

17年)フェブラリーS
1着 2枠【B 逆M】【デムーロ】(2人気)
1着同枠 C武豊

2着同枠 カフジテイク(1人気)



16年)高松宮記念
1着【2枠】Cビッグアーサー

2着【3枠E】ミッキーアイル(2人気)

↓↓↓

17年)高松宮記念
1着【3枠E】セイウンコウセイ

2着【2枠】Bレッツゴードンキ(2人気)



16年)大阪杯(GU)
1着【横山典】

2着 6枠F【逆D】【キタサンブラック・武豊】

↓↓↓

17年)大阪杯(GT元年)
1着 4枠【D】【キタサンブラック・武豊】
1着同枠【横山典】



16年)桜花賞
1着 ジュエラー(3人気)

2着 シンハライト【池添】
2着同枠【武豊】

↓↓↓

17年)桜花賞
1着 レーヌミノル【池添】

2着 リスグラシュー【武豊】(3人気)



フェブラリーS以降の傾向としては前年2着の構成を今年の1着席に継承している点

そこが理解できれば主催者がレーヌミノルを浜中から池添へ乗り替わらせた経緯も納得できる

是が非でも必要とされた駒が池添だった


そして皐月賞


16年)皐月賞
1着【8枠Q】【蛯名】(8人気)
同枠O デムーロ(2人気)
同枠Q内田(17人気)

2着【2枠B】【川田】(3人気)
同枠C福永(7人気)


現時点で川田は騎乗未定だか参戦してくれば本人か2枠Bを最優先とする









〜追記4月24日〜







皐月賞の結果

16年)皐月賞
1着同枠【デムーロ】

↓↓↓

17年)皐月賞
2着【デムーロ】

蛯名・川田の不参加、出目人気継承なし、デムーロ枠のみの継承に留まる


天皇賞(春)の継承項目

16年)天皇賞(春)
1着 1枠@【キタサンブラック・武豊】(2人気)
1着同枠Aトゥインクル 勝浦(9人気)

2着 2枠Bカレンミロティック 池添(13人気)
2着同枠Cトーセンレーヴ 武幸(14人気)

※1着同枠トゥインクル・2着カレンミロティック・2着同枠トーセンレーヴは不在

今年の出走構成から考えても有力なのは引き続き参戦してくる前年覇者キタサンブラックとなる


そしてここまでの春季GTをより突き詰めていくと、

《前年2人気項目の継承》

16年)フェブラリーS
《2人気》【デムーロ】モーニン

↓↓↓

17年)フェブラリーS
1着【デムーロ】(2人気)

12着 モーニン


16年)高松宮記念
《2人気 》【3枠E】ミッキーアイル 松山

↓↓↓

17年)高松宮記念
1着【3枠E】セイウンコウセイ

2着 レッツゴードンキ(2人気)

※ミッキーアイル・松山不参加


16年)GU大阪杯
《2人気》アンビシャス【横山典】

↓↓↓

17年)GT大阪杯
1着同枠【横山典】

5着 アンビシャス


16年)桜花賞
《2人気》シンハライト【池添】

↓↓↓

17年)桜花賞
1着【池添】


16年)皐月賞
《2人気》リオンディーズ【デムーロ】

↓↓↓

17年)皐月賞
2着【デムーロ】


16年)天皇賞(春)
《2人気》【キタサンブラック・武豊】


前年の2人気馬ミッキーアイルと松山が不参加だった高松宮記念を除きその他のGTでは前年2人気歴騎手(枠)が全て連対を果たし前年連対馬は弾かれている

高松宮記念だけ馬・騎手不在から出目と人気の継承となった

天皇賞は前年2人気キタサンブラック・武豊が参戦してくることからも最有力となる

サトノダイヤモンドはタブーを侵しての春天参戦となることから連対否定されることは確定済み

二強対決は決して発生しない

キタサンブラックの連覇の可能性は極めて高く現時点での春天はキタサンブラックの2着馬探しのレースとなる




〜追記 5月1日〜

春天は考察通りの前年2人気キタサンブラック・武豊が無事に継承しサトノダイヤモンドは予定通りの連対否定となる

次はNHKマイルC

16年)NHKマイルC
《2人気》ロードクエスト池添


この考察に拘わらず今年のNHKマイルCは牝馬の勝利、もしくは牝馬の同枠馬、また牝馬の対角馬と牝馬がキーになるレースとの事前想定だった

そこに桜花賞馬レーヌミノル・池添が参戦予定からこの馬に白羽の矢が立つと読むも想定外のオークス変更となる

今年の再現タイプはラインクラフトのようにNHKマイルを牝馬が勝利するのがベターな年

ということは桜花賞馬レーヌミノルが譲るべき馬が存在したということ

現時点では池添は参戦予定なし

以上から新たに考察面から前年2人気を掘り下げてみる


16年)NHKマイルC
《2人気》同枠
3枠Eティソーナ【デムーロ】


桜花賞4着馬カラクレナイにデムーロ

ラインクラフトはフィリーズレビュー1着から桜花賞とNHKマイルのマイル2冠へ道を繋いだ

レーヌミノルはフィリーズレビュー2着から桜花賞へ道を開いたがそのレーヌミノルを退けたのがカラクレナイ


★フィリーズレビュー
1着 カラクレナイ・デムーロ
2着 レーヌミノル・浜中《のち桜花賞制覇》


この2頭でラインクラフトを再現すると判断する

フィリーズレビュー1・2着馬でマイルGTを分け合うその姿はラインクラフトとデアリングハートの関係性に似ている

以上からNHKマイルCは前年2人気項目を代用継承するカラクレナイ・デムーロから



〜追記 5月9日〜

NHKマイルCは事前考察から池添が不参加の条件付きでカラクレナイ・デムーロからとしたがガンサリュートでの池添参戦からその情勢は一変し主役候補カラクレナイ・デムーロは囮側の存在となった

結果軸として池添同枠 8枠Oアエロリットから挑むも...


17年)NHKマイルC

1着 8枠Oアエロリット
1着同枠 Qガンサリュート 池添


前年2人気池添が継承を果たす形となる


次はヴィクトリアマイル


16年)ヴィクトリアマイル
《2人気》ショウナンパンドラ【池添】

同枠 ストレイトガール 戸崎
同枠ウキヨノカゼ 四位

※ショウナンパンドラ・ストレイトガールは引退

ここもNHKマイルC同様に池添かその同枠が継承すると予測

現時点では前年3着であり1着同枠の池添がアスカビレンでの参戦予定から最有力としてアスカビレンか同枠馬を連対候補として最優先したい





〜5月29日 追記〜

ヴィクトリアマイルは前年2人気 池添の同枠Dアドマイヤリードがしっかり連対し継承をはたした

馬券はデンコウセッカが抜けアウト。。。


オークスでは前年2人気 戸崎か同枠が継承されると想定するも結果は、


17年)オークス(純粋ゾロ目)

2枠Bフローレスマジック 戸崎(前年2人気)

1着 1枠Aソウルスターリング ルメール
2着 1枠@モズカッチャン 和田
3着 8枠Oアドマイヤミヤビ デムーロ

Aソウルスターリング 1着
Bフローレスマジック 戸崎(1着裏同枠、3着対角)

Oアドマイヤミヤビ 3着

結果からは純粋ゾロ目決着により2枠が連対から外され1着と3着サポート役という形が示された

ここはゾロ目変則決着により2枠が封じ込められたとの読みと裏同枠・対角起用から前年2人気 考察は継承なのか終了なのかの判断があやふやとなる

そして迎えたダービー

16年)ダービー
《2人気》サトノダイヤモンド【ルメール】


以前の記事にルメールによるヴィクトリアマイル・オークス・ダービーの3週連続GT制覇はあり得るとしたのはルメールが前年2人気だったことにある

個人的には以前からスワーヴリチャードが連軸だったことからそこからGT1着枠・3着枠の1枠、青葉賞1人気の8枠が浮上から継承の判断が難しい前年2人気 ルメールはそれらの次点の候補とするも結果は、

17年)ダービー
1着 レイデオロ ルメール(前年2人気)
2着 スワーヴリチャード

主催者の答えは《継承継続》となる


以上から安田記念、そして宝塚記念も継承してくれるとの決め付けで残りGT2戦もここを入口にしていく

今週の安田記念は、

16年)安田記念
《2人気》リアルスティール【福永】


連軸としては福永自身もしくは同枠が連対馬へ投入されるとみる!





0

ダービー・目黒記念限界  競馬



少しダービーで迷ってる部分がありそれは果たして青葉賞馬に初ダービー戴冠劇が起こりえるのか?という想定です

あえて出してなかった考察を1つ載せておきます(・ε・` )

《青葉賞が祝日開催かゾロ目決着の年》

14年 青葉賞(祝日・平行ゾロ目)ショウナンラグーン

★ダービー
ショウナンラグーン2着対角
2着 イスラボニータ(1人気)

1着【1枠】ワンアンドオンリー


09年 青葉賞(対角ゾロ目)アプレザンレーヴ

★ダービー
アプレザンレーヴ1着同枠
1着【1枠】@ロジユニヴァース

1着対角Qアンライバルド(1人気)


08年 青葉賞(祝日)アドマイヤコマンド

★ダービー
アドマイヤコマンド2着同枠

1着【1枠】ディープスカイ(1人気)


06年 青葉賞(祝日)アドマイヤメイン

★ダービー
アドマイヤメイン2着

1着【1枠】メイショウサムソン(1人気)


ここから青葉賞馬の枠か対角が連対、1人気かその対角が連対、そして全てで1枠が連対

これを今回両方持ち合わせるのがQアドミラブルです(ーー;)

今年はキズナが勝利したパターンにも似ていてダービーにて京都新聞杯馬が史上初めて1人気を獲得した年に京都新聞杯馬の戴冠をなし得たわけです

状況下は同じでありこのままいけば今年青葉賞馬が史上初となるダービー1人気を獲得します

これまで青葉賞馬に戴冠がなかったわけですが1人気を獲得したこのタイミングなら青葉賞の戴冠はあり得ると想定します( -_・)?

GTが2つ増えたことから去年の最後の年と今年の最初の年が表裏一体なことから去年のダービーでは馬主金子真人が《ダービー3度目の戴冠》だったことから今年のダービーも3度目の戴冠が起きると想定すれば今回3度目のダービー戴冠となる騎手となれば四位かデムーロに白羽の矢が立ちます

個人的にはQアンライバルド1人気が対角@ロジユニヴァースをサポートしたようにQアドミラブルが@ダンビュライトのサポート役と考えたいところです

これまでの考察からの1枠連対を上位とりたい思いもあります

以上からスワーヴリチャードから正逆@決着に託してみます(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です


★ダービー

単複
Cスワーヴリチャード
Qアドミラブル

枠連
2ー1・8・6・3

馬連単
C⇔@QPKEJ

3連複単
C
⇔@Q
⇒FGHIJK


★目黒記念

単複Aヴォルシェーブ

馬連単
A⇔@QHFKGIJ


朝日杯FS1人気・皐月賞1人気を牝馬が獲得した流れからダービーでは1人気の馬主が牝馬(女性)というオチからアドミラブル勝利なら仕方なしです(/o\)

どちらにしても四位かデムーロが3度目を獲得する第84回日本ダービー!

ではでは
0

Q ダービー  競馬



皐月賞後に脳裏にリプレイとして浮かんだ99年

99年 皐月賞
1着 6枠Kテイエムオペラオー(毎日杯馬)
2着 6枠Jオースミブライト
3着 4枠Gナリタトップロード(2人気)

6着 1枠Aアドマイヤベガ(1人気)


6枠配置の毎日杯馬が皐月賞を制覇し正逆F⇒正逆Gの裏接触ゾロ目決着、そして連対人気馬が1枠Aと4枠Gに配置されその両馬ともに連を外れる


17年 皐月賞
1着 6枠Jアルアイン(毎日杯馬)
2着 4枠F 逆Kペルシアンナイト
3着 5枠Iダンビュライト

6着 1枠Aスワーヴリチャード(2人気)
7着 4枠Gファンディーナ(1人気)


この時点でスワーヴリチャードは仮想アドマイヤベガのリメイクタイプとみるも4枠Gファンディーナはダービー回避となりナリタトップロードとはなりえず

やはり同じことを繰り返さない主催者

ダービーに向けて片方が離脱したことによりスワーヴリチャードは逆に起用されるタイプとの判断となる


残すは枠順を待つばかりの中である考察に比重を置きながらダービーにて再現されるか否かをソワソワしながら待つ日々

枠順発表となりすぐさま確認するとやはり仕込んできた主催者

その考察とは、


【弥生賞1着(枠)馬がダービーを戴冠した年】
2000年以降

05年 ディープインパクト
09年 ロジユニヴァース
14年 ワンアンドオンリー(弥生賞2着・純粋ゾロ目1着同枠)
16年 マカヒキ


これらの翌年のダービーでは、


06年 ダービー

1着【1枠】Aメイショウサムソン(皐月賞馬)
【皐月賞1着・3着同枠】

1着同枠 1枠@スーパーホーネット
【皐月賞1着対角】


10年 ダービー

1着【1枠】@エイシンフラッシュ
【皐月賞3着】

1着同枠1枠Aレーヴドリアン
【皐月賞1着同枠】

2着同枠ヴィクトワールピサ(皐月賞馬)


15年 ダービー

1着 7枠Mドゥラメンテ(皐月賞馬)
【皐月賞1着】

1着同枠7枠Nミュゼスルタン
【NHKマイルC3着・1着対角】

2着【1枠】@サトノラーゼン


連対枠の一翼には【3歳GT1着歴と3着歴】同居枠
が必ず存在している!

出目では全ての年で【1枠】の起用!

皐月賞馬枠が馬券対象

これらを踏まえ早速目を向けたのが1枠


17年 ダービー

1枠@ダンビュライト
【皐月賞3着】

1枠Aアメリカズカップ
【皐月賞1着同枠】


仕込んであった1枠!

さすがに皐月賞18着アメリカズカップの連対は難しいと思われることから@ダンビュライト連対確定か

とすると99年 皐月賞からダービーにおけるリメイクにも納得がいく


99年 ダービー

1着 アドマイヤベガ【武豊】
【皐月賞6着・1枠A・1人気(連対人気歴)】

2着 ナリタトップロード
【皐月賞3着・2人気(連対人気歴)】


17年 ダービー

スワーヴリチャード
【皐月賞6着・1枠A・2人気(連対人気歴)】

ダンビュライト【武豊】
【皐月賞3着】


もう1つ再現されるものは、

16年 朝日杯FS
1着【四位】
1着同枠【アメリカズカップ】

牡馬牝馬混合ダービーへとスライドする要素が2歳GTにあった


このスワーヴリチャード・ダンビュライト2頭には指標となる馬が存在する

それはこの世代で2歳時に唯一牡馬で重賞2勝したブレスジャーニー


GVサウジアラビアRC
1着 ブレスジャーニー
2着 ダンビュライト


GV東スポ杯2歳S
1着 ブレスジャーニー
2着 スワーヴリチャード


今年の影のダービー馬とも言われたブレスジャーニーは3月に戦線離脱、上記2頭は重賞初挑戦のレースで共にブレスジャーニーの2着賞金加算歴を刻んだタイプだった

その後彼等は初GTで同じ戦歴を刻むこととなる

ダンビュライト
初GT朝日杯FS【2人気】
※牝馬に1人気を譲る

スワーヴリチャード
初GT皐月賞【2人気】
※牝馬に1人気を譲る


彼等はGTで牝馬に1人気歴を譲った2人気歴馬

別の角度から言えばそれら牝馬が居なければ例年なら1人気獲得馬であり牝馬を除けば牡馬最上位人気馬という特殊な戦歴の持ち主となる

もしダービーに牝馬が参戦していた場合は定かではないが牝馬が不参加となったこの枠順なら彼等のGT2人気歴は最上位の有効戦歴になるとみる

牝馬に朝日杯と皐月賞の牡馬GT1人気歴を奪われた初世代であり実質牡馬GT1人気歴の裏の顔を持つCスワーヴリチャードと@ダンビュライト 2頭の決着に期待する!


99年 ダービー
1着 アドマイヤベガ
2着 ナリタトップロード
3着 テイエムオペラオー(皐月賞馬)


17年 ダービー
1着 Cスワーヴリチャード
2着 @ダンビュライト
3着 Fアルアイン(皐月賞馬)もしくはKレイデオロ

3着には皐月賞馬枠が馬券対象になっていることからアルアインか対角レイデオロ


まとめると

単複 C(@)

馬連単
C⇔@

C@⇔EKQ


過去に年明けからダービーまで非賞金加算馬がダービー馬となったことがないことからCスワーヴリチャードが上位となる



0

オークス見解  競馬



今日の焦点はやはりソウルスターリングの着順です

もしもルメールが2週連続でGT制覇する流れになればダービーでもルメールの3週連続となるレイデオロ 藤沢厩舎の初ダービー制覇が起きるとみます

藤沢厩舎のオークスダービー連続戴冠劇にもなりますが(* ̄ー ̄)

枠順の方向性としてはソウルには連対席が用意してあるように感じます

万が一ソウルが連対席から外れるものとしては桜花賞馬が5枠から誕生した年(04・09・10・12年)は04年 無敗の桜花賞馬ダンスインザムードが誕生した年以外は桜花賞馬の枠が連対し、その枠の個性としては阪神1600m重賞勝歴を所有し、10年の純粋ゾロ目同着を除きクイーンC馬の枠が連対している点です(ーー;)

これが発動すればOアドマイヤミヤビか対角Bフローレスマジックが走り、相手は桜花賞馬枠の7枠が起用される可能性があります

どちらにせよ軸は前年2人気歴 戸崎重視は初志貫徹なのでそちらが発動したら諦めます(・ε・` )

阪神JFとチューリップ賞を連勝タイプが春季GTを未連対で終わったケースがないはずなのでフローレスマジックとソウルスターリングによる接触ゾロ目(裏同枠ゾロ目)を最優先に考えて挑みたいと思います(  ̄ー ̄)ノ

オークス史上初決着となる桜花賞3着とフローラS3着によるステップ戦 非賞金加算歴でありながら優先権獲得した者同士による決着に期待します(^人^)

では重賞見解です


★オークス

単複 Bフローレスマジック

枠連
2ー1・7・3・5・4

馬連単
B⇔AMNEIG

3連複単
B⇔AMNE⇒IH


ではでは
0
タグ: オークス

平安S見解  競馬



どうでもいい話ですがAimerのアルバムは凄く心が落ち着きます(о´∀`о)

実際に見ていたアニメのOPやEDで使われた思い出深い曲が特にイイです(* ̄ー ̄)

5年くらい前の夏雪ランデブーのED あなたに出会わなければ、fate stay nightのbrave shine、そして一番好きな去年夏目友人帳5のED曲 茜さす、この歌は最高です

茜さすの詩は本当に秀逸です(  ̄ー ̄)ノ

きのうMステにせっかくAimerが出てもまたしても蝶々結びとかちょっと番組スタッフ芸がないです(ーー;)

もっと他の曲聴きたいファンの要望がわかってないようで残念すぎたので心を取り戻すためにAimerを聴き直す

それほどAimerの歌声は中毒性が高いですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

では重賞見解です


★平安S

単複
Lラストインパクト
Cクリソライト

馬連単
LC⇔O@

H⇔LCO@


ではでは
0
タグ: 平安S




AutoPage最新お知らせ