天皇賞(秋)見解  競馬



明日は劇場版Fate/stay night(Heaven`s feel)を気持ち良く観にいくためにもしっかりと結果を残したいところです(  ̄ー ̄)ノ

しかしきのうのアルテミスSのEサヤカチャンありがとう(*´ω`*)

最近の不調を全て吹き飛ばしてくれました(* ̄∇ ̄)ノ

次は秋天の番です

Q 秋天記事での1990年と1996年の騎手オペレーションから

★1990年

オークス 1着対角 岡部
ダービー 2着 横典

秋天
1着 岡部
2着 横典


★1996年

オークス 2着 田原
ダービー 1着同枠 河内

秋天
2着 田原
2着同枠 河内


以上から当年オークスとダービーの連対(配置)騎手が秋天で起用されています

今年のオークス・ダービーは、

★2017年

オークス 純粋ゾロ目
1着 ルメール
2着 和田

ダービー
1着 ルメール


騎手オペレーションからもルメール示唆から自信をもってHソウルスターリングから入ります!(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です


★天皇賞(秋)

単複
Hソウルスターリング

枠連
5ー4・6・7・3・2

馬連単
H⇔FKMDCBL(GJI@)

3連複単
H
⇒FKMD
⇒FAC

3歳牝馬が勝利する歴史的瞬間を見守りたい!(^人^)

ではでは
0
タグ: 天皇賞秋

アルテミスS・スワンS見解  競馬



今年の年度代表馬という視点から考えるとキタサンブラックの2年連続は余程の事がない限りないものと思われます(  ̄ー ̄)ノ

そこは春天連覇馬ののちの秋季GT成績から理解できます

既に大阪杯と春天のGT2勝を手にしているキタサンブラックが秋季古馬GTは1つも勝てないとした場合、その成績に並ぶ年間GT2勝かそれ以上となる3勝がボーダーラインとなります

現時点で予見できる年度代表馬は藤沢厩舎のソウルスターリングかレイデオロのどちらかです(( ̄_|

秋天をソウルスターリングが勝ち、ジャパンCをレイデオロが勝てばほぼどちらかに確定でしょう

藤沢厩舎は有馬記念には消極的なので2頭とも出ない可能性の場合、今年GT未勝利馬が有馬記念を勝つ方向に主催者はもっていくと思われます

その場合、有馬記念を勝つのはルメール騎乗のサトノダイヤモンドによる有馬連覇だと思います

一番ベストなパターンは秋天ソウルスターリング ルメール、ジャパンCレイデオロ ルメール、有馬記念サトノダイヤモンド ルメールの秋季古馬三冠をルメール変則三冠達成のルメールづくしとみてます!!Σ( ̄□ ̄;)

勿論ソウルスターリングかレイデオロどちらかが有馬記念に参戦したらその馬に確定なので選定は楽になります

いずれにしても年度代表馬は藤沢厩舎からとみる逆算からソウルスターリングとレイデオロはそれぞれのGTを勝つものとみます(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です



★アルテミスS

単複
Lラッキーライラック

馬連単
LA⇔JDEIFHK


★スワンS

単複
Eジューヌエコール

馬連単
E⇔BAPNQ@

B⇔APN@L


ではでは
0

Q 天皇賞(秋)  競馬



来年2018年の番組設計が発表され、そこから今年を意識させられた枠連時代の1990年から答えを探る


★大まかな概要変更(3歳GT優先権)

1990年 変更最後の年
桜花賞 オークス優先権5着まで⇒91年から4着までに減少
皐月賞 ダービー優先権5着まで⇒91年から4着までに減少

2017年 変更最後の年
桜花賞 オークス優先権4着まで⇒18年から5着までに拡大
皐月賞 ダービー優先権4着まで⇒18年から5着までに拡大


今年のGTと1990年は類似した結果となっている


1990年 桜花賞
1着【5枠H 逆I】アグネスフローラ

2017年 桜花賞
1着【5枠I 逆H】レーヌミノル


1990年 皐月賞
1人気 7枠メジロライアン

1着 7枠ハクタイセイ

2017年 皐月賞
1人気 4枠ファンディーナ

2着 4枠ペルシアンナイト


1990年 天皇賞(春)
1着【3枠】スーパークリーク

1着【武豊】

2017年 天皇賞(春)
2着【3枠】シュヴァルグラン

1着【武豊】


1990年 オークス
1着 7枠【P 逆A】エイシンサニー

2017年 オークス
1着 1枠【A 逆P】ソウルスターリング


1990年 ダービー
1着 5枠【K】アイネスフウジン

2017年 ダービー
1着 6枠【K】レイデオロ


1990年 安田記念
2着【7枠】K【逆D】ヤエノムテキ(皐月賞馬)

2017年 安田記念
1着【7枠】M【逆D】サトノアラジン

2着 ロゴタイプ(皐月賞馬)


1990年 宝塚記念 対角ゾロ目
2着 1人気 6枠E 逆Dオグリキャップ【安田記念1着 春季GT勝歴】

1着 5枠D 逆Eオサイチジョージ

2017年 宝塚記念 裏接触ゾロ目
1着 8枠J 逆@サトノクラウン

1人気 8枠Iキタサンブラック【春天1着 春季GT勝歴】

2着 2枠Aゴールドアクター


1990年 菊花賞
1着【2枠】メジロマックイーン

2017年 菊花賞
2着【2枠】クリンチャー



もう1つ注目したい番組的な側面からは1996年

GTが秋華賞・NHKマイルと2つ新設されエリザベス女王杯が古馬牝馬限定となった年

今年は大阪杯とホープフルSの2つがGTへと変貌した年

やはり類似した結果となっている


1996年 桜花賞
2着 7枠【L 逆E】イブキパーシヴ

2017年 桜花賞
2着 3枠【E 逆L】リスグラシュー


1996年 皐月賞 純粋ゾロ目
1着 3枠Dイシノサンデー
2着 1人気 3枠Eロイヤルタッチ

2017年 皐月賞 裏接触ゾロ目
1着 逆Gアルアイン
2着 4枠正Fペルシアンナイト

1人気 4枠Gファンディーナ


1996年 天皇賞(春)
2着【2枠】ナリタブライアン

2017年 天皇賞(春)
1着【2枠】キタサンブラック


1996年 NHKマイルC
2着 2枠【B 逆O】ツクバシンフォニー 横典

2017年 NHKマイルC
1着 8枠【O 逆B】アエロリット 横典


1996年 オークス
1着 1人気 エアグルーヴ
2着【1枠@】ファイトガリバー

2017年 オークス
1着 1人気 ソウルスターリング
2着【1枠@】モズカッチャン


1996年 ダービー
2着【2枠】ダンスインザダーク

2017年 ダービー
2着【2枠】スワーヴリチャード


1996年 安田記念
1着【正23】1人気トロットサンダー

2017年 安田記念
1着【逆23】7枠Mサトノアラジン

1人気 7枠Nイスラボニータ


1996年 宝塚記念
2着 4枠C【逆I】サンデーブランチ

2017年 宝塚記念
2着 2枠A【逆I】ゴールドアクター


1996年 秋華賞
1着【7枠】ファビラスラフィン

2017年 秋華賞
1着【7枠】ディアドラ


1996年 菊花賞
1着【1人気】ダンスインザダーク

2017年 菊花賞
1着【1人気】キセキ



フランスギャロがJRAの番組表や競走設計のフォーマットを連携しオペレーションを共有し始めたと思われるのが初めて日本馬のエルコンドルパサーを凱旋門賞で連対させてくれた数年前と思われる

その予兆だったとして考えられるのが96年にイギリスダービーで1戦1勝馬ラムタラがたった2戦で英ダービーを無敗で勝利した流れをJRAが模範として日本版ラムタラ
フサイチコンコルドを生み出したことからも既に96年にはフランスやイギリス競馬とのオペレーションの統一性がとれていたと想像ができる

JRAからフォーマットの提供を受けたフランスギャロとオペレーション共有したことにより日本馬が目指す世界の頂点戦は凱旋門賞といつの間にか意識付けられ、フランスギャロからその恩恵を受ける瞬間は日本馬による凱旋門賞初制覇という結末に他ならない

海外GTの馬券発売の先駆けも凱旋門賞であり日本競馬とフランス競馬が密接な関係性はもはや当たり前となっている

そう考えると今年の凱旋門賞【フランス競馬の頂点戦】を同時期の日本のGTで例えるなら歴史と権威ある古馬頂点戦=天皇賞秋となる

その凱旋門賞で今年起きた初めて性をみると、

【3歳馬の斤量変更 (0.5K増加)】
【イギリス3歳牝馬による初制覇】


しかもこの凱旋門賞は代替シャンティイという今年限りの限定戦

斤量増加を受けた凱旋門賞初年度の代替シャンティイで初めて【英オークス】を勝った【3歳牝馬】が【古馬頂点戦】凱旋門賞を勝利した

この歴史的な出来事を今度はJRAがトレースすることでオペレーションの統一を図ると思われる

これを再現するために参戦してきたのがソウルスターリング!

同じオークスを勝利した3歳牝馬が古馬頂点戦 天皇賞秋を初制覇する

以上から最後の限定戦だった凱旋門賞に対して、ホープフルSがGTとなる前の12月の最後の2歳GTを勝利し、最後のGV時代のチューリップ賞を勝利し、来年から優先権が変更になったオークスを純粋ゾロ目で蓋をした最後の限定馬 5枠Hソウルスターリングが勝つ天皇賞秋!

もう2度と彼女の通った番組の足跡を踏襲できる馬はこの先存在しない

それはレイデオロにも同じことが言える

だから3歳頂点馬ソウルスターリングとレイデオロが古馬GT戦に最後の幕引き馬として新たな足跡を刻みにきたものと考える

1996年のダービーでラムタラを再現して見せた年の秋天を勝利したのは【藤沢厩舎】の【2歳GT】朝日杯FS勝馬の【現3歳】バブルガムフェロー【馬主 社台RH】

ソウルスターリングは【藤沢厩舎】【2歳GT勝馬】で【馬主 社台RH】


1996年 天皇賞秋
1着 2枠C 逆Mバブルガムフェロー(毎日王冠3着)【馬主 社台RH】
【グレード制後 史上初となる3歳馬牡馬による初制覇】

2着 4枠G 逆Iマヤノトップガン(オールカマー4着・宝塚記念馬)

藤沢厩舎は秋天での3歳馬においてバブルガムフェローと3歳牝馬ダンスインサムード(ルメール騎乗)でマル外シンボリクリスエスらで秋天での3歳馬初参戦時における実績は証明済み

藤沢厩舎が秋天にGT実績のある3歳馬を参戦させた場合、全て【連対確定】事項となっている


もう1つの類似年1990年は、

1990年 天皇賞秋 純粋ゾロ目
1着 4枠Fヤエノムテキ(安田記念2着・宝塚記念3着・東京皐月賞馬)

2着 4枠Gメジロアルダン(オールカマー4着)・横典(当年オークス勝ち)


ソウルスターリングの相手には1990年・1996年で共通する4枠FキタサンブラックGレインボーライン、Gの対角となるJロードヴァンドール

マヤノトップガンとメジロアルダンのオールカマー4着からオールカマー2着でありながら4着対角歴で参戦してきたKステファノス

後はバブルガムフェローから2枠CリアルスティールBネオリアリズム、90年の純粋ゾロ目からIミッキーロケット

ミッキーロケットは宝塚記念でサトノクラウンの1着対角であり2着ゴールドアクターの裏同枠からソウルスターリングの補佐役とみるが万が一があったらこの馬のゾロ目と考える

馬単でソウルスターリングからこれらを組み合わせてみたい

今年の年度代表馬はソウルスターリングかレイデオロ


単複 Hソウルスターリング


史上初となる3歳牝馬ソウルスターリングが勝つ天皇賞秋とみる!


0

菊花賞見解  競馬



菊花賞はシンプルに神戸新聞杯2着枠配置馬の枠が稼働するので連対枠はキセキとアダムバーローズの7枠か4枠です

軸はアルアインは確定しています

ここからは別の角度からの考察です

今年日本からフランスにトライアル フォワ賞と本番凱旋門賞の2戦に駆り出されたのがサトノダイヤモンドとサトノノブレス

この2頭は共に里見オーナーで池江厩舎

そしてフォワ賞と凱旋門賞に騎乗しにフランスに2度向かったルメールと川田

これらの陣営は今年の凱旋門賞とフォワ賞では人気になりながらも全く馬券にならず賞金を稼ぐことはできませんでした(/o\)

2騎のフランスまでの輸送費や飼い葉料、厩舎の間借り等、完全なるマイナスの赤字です

JRAの指示により参戦した限り間違いなく彼等にその損失補填があってしかるべきです

早速凱旋門賞のねぎらいの見返りとして先週ルメールはGT秋華賞を貰いました

里見オーナーと池江厩舎と川田はまだです

その見返りは今日のGサトノアーサーの勝利なら里見オーナー・池江厩舎・川田全てが一度に恩恵を受けることができます!

よって菊花賞は凱旋門賞参戦の彼等にねぎらいの見返りがあるものとしてGサトノアーサーが勝つとみます!(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です



★菊花賞

単複
Gサトノアーサー

枠連
8ー4・7

馬連単
O⇔GNIL(MF)

3連複単
G⇔O⇒L


毎日杯1〜3着馬による着順組み替え戦!


ではでは
0
タグ: 菊花賞

富士S見解  競馬



競馬の調子が悪いと思っていると、またしてもそっちに持ってかれたのかという出来事が。。。

まさかの月曜日の劇場公演当選!!!Σ( ̄□ ̄;)

先週土曜日に初握手をしたばかりなのに1週間後に本人が出るヨシマサ公演当選とはもの凄い流れです!(*´ω`*)

そちらに運を取られすぎて競馬が厳しい結果にならなければいいですが。。。(ーー;)

菊花賞はアルアインが連対は外さない2着だとみてます

秋天はソウルスターリングが勝つという逆算から秋華賞・菊花賞・秋天と3週連続のルメール連対劇があって不思議ないです(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です



★富士S

単複
Gロードクエスト

馬連単
GN⇔DJF

3連複単
G⇔DJ⇒C


ではでは
0
タグ: 富士S




AutoPage最新お知らせ