中山牝馬S見解  競馬



中山牝馬Sのベース設計は弥生賞・安田記念・春天の流れを組んだ枠組みとなっています

この設計の場合、1人気枠か1人気対角が勝利する設定となっており、

弥生賞 枠8ー7 1人気ー2人気
安田記念 枠7ー8 7人気ー8人気
春天 枠2ー3 同枠16人気ー同枠15人気


上記のように枠連接触決着と枠単位での連続人気決着が発生しています

これらをベースに組み立てると1人気Cマキシマムドパリの連対には?なので対角Jワンブレスアウェイから入ります(  ̄ー ̄)ノ

現時点でワンブレスアウェイは4人気であり、

7枠
Jワンブレスアウェイ 4人気
Kブラックオニキス 13人気

8枠
Mカワキタエンカ 5人気
Lオートクレール 14人気

6枠
Hシャルール 12人気
Iレイホーロマンス 8人気


ワンブレスと接触となる6枠と8枠は連続人気馬が配置されていることから7枠から8枠と6枠を重くみます

特にある項目から正逆1・2が連対しやすい設計から8枠を上位にとりたいところです

では重賞見解です



★中山牝馬S

単複
Jワンブレスアウェイ

馬単
J⇒MLHI(@AF)


押さえ

馬単C⇒D
馬連B⇒ED


ではでは
0
タグ: 中山牝馬S




AutoPage最新お知らせ