ダービー・目黒記念見解  競馬



ダービーは事前考察通りにジェネラーレウーノからいきます(  ̄ー ̄)ノ

今年の春季二冠は03年をトレースしている部分が多々あります

朝日杯FS2着がスプリングSを連対し、スプリングS2着馬が皐月賞を連対
(03年 朝日杯FS2着サクラプレジデント スプリングS2着⇒皐月賞2着)
(18年 朝日杯FS2着ステルヴィオ スプリングS1着⇒スプリングS2着エポカドーロ 皐月賞1着)

03年 皐月賞
1着 ネオユニヴァース(スプリングS1着)
2着 サクラプレジデント(スプリングS2着)

18年 皐月賞
1着 エポカドーロ(スプリングS2着)
2着 Mサンリヴァル
2着裏同枠Nステルヴィオ(スプリングS1着)

03年
スティルインラブ(牝馬二冠)
※桜花賞・オークス取消発生
※桜花賞枠連1人気決着
※オークス1人気⇒2人気対角決着

ネオユニヴァース(デムーロ二冠)
※外国人騎手二冠
※皐月賞・ダービー 正逆13VS正逆3決着(同一出目)


今年の牝馬二冠の出目統一は03年の牡馬二冠のトレースしたものと捉えればダービーは03年 オークスの出目連動がありえそうです

03年 桜花賞
1着 5枠H 逆I
2着 7枠L
↓↓↓
18年 皐月賞
1着 4枠F【逆I】
2着【7枠】M


03年 オークス
1着 2枠B【逆O】
2着【8枠】P

オークスからの正逆3か8枠からにも該当する8枠Oジェネラーレウーノです


そして以前も書いたかもですが弥生賞が接触ゾロ目だった年のダービーでは、

17年 弥生賞
1着 カデナ(1人気)
2着 マイスタイル
↓↓↓
17年 ダービー
2着同枠マイスタイル

16年 弥生賞
1着 マカヒキ
2着 リオンディーズ(1人気)
↓↓↓
16年 ダービー
1着 マカヒキ

14年 弥生賞
1着 トゥザワールド(1人気)
2着 ワンアンドオンリー
↓↓↓
1着 ワンアンドオンリー

06年 弥生賞
1着 アドマイヤムーン(1人気)
2着 グロリアスウィーク【柴田善臣】
↓↓↓
06年 ダービー
2着 アドマイヤメイン【柴田善臣】


弥生賞で1人気と接触した連対馬がダービーに出走するとその馬か同枠が連対しています

06年はグロリアスウィークが皐月賞・ダービー不出走から騎手が代用されたパターン


18年 弥生賞
1着 ダノンプレミアム(1人気)
2着 ワグネリアン
↓↓↓
18年 ダービー
【ワグネリアン枠が連対】

ここからもワグネリアン配置の8枠が連対となります

相手筆頭には皐月賞馬エポカドーロ戸崎に変わりありません

3着候補としては03年から、

03年 皐月賞
3着 エイシンチャンプ
朝日杯FS1着・弥生賞1着

03年 ダービー
3着 ザッツザプレンティ
弥生賞1人気


以上から上記戦歴を全所持している@ダノンプレミアムとします

目黒記念は97年・01年とメトロポリタン4着歴が連対枠入りしていることから今年のメトロポリタン4着馬とみましたが不出走、しかし4着騎手の戸崎が参戦していることからAゼーヴィントからいきます

では重賞見解です



★ダービー

単複
Oジェネラーレウーノ

馬連単
O⇒K@JLDE

3連複単
O⇒KJLDE⇒@


★目黒記念

単複
Aゼーヴィント

馬連単
A⇒IFDJGH


時事ネタからはこのタイミングで米朝会談中止など世界の将軍(金正恩やトランプら)で誰が一番の強者かで話題は持ちきりですし、ダービーのタイアップのキャプテン翼ではユニフォームに10番でシンボリルドルフが選手名で書いてあることからシンボリルドルフは歴史的馬でドイツの皇帝、とすればフランスの10番といえば歴史的選手の将軍プラティニとなることからもジェネラーレウーノが相応しい

ダービー馬にはジェネラーレウーノを指名します!

ではでは
0

葵S見解  競馬



新設重賞の葵Sですがベース設計からは1人気が配置された1枠が主軸になると思われます

しかもサブタイトルにテイエムオペラオー追悼が付随され1枠@に和田配置からも嫌がおうでも1枠に目がいきます

シンプルに1枠A1人気アサクサゲンキ、主催者の格言のような 始まりは武豊 に乗ってみます

ダービーは考察通りとなりOジェネラーレウーノか@ダノンプレミアムどちらかの連対は確定しています

個人的にジェネラーレウーノに比重を置こうと思います(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です



★葵S

単複
Aアサクサゲンキ
(@ラブカンプー)

馬連単
A⇒LCEKD@


ではでは
0
タグ: 葵S

Q 日本ダービー  競馬




今年のダービー馬は【ジェネラーレウーノ 田辺】



★ダービーにおける中山2000m重賞勝馬の重要性(ホープフルS・京成杯・弥生賞)


16年 ダービー
1着 マカヒキ 弥生賞馬

17着 プロフェット 京成杯馬

不参加 ハートレー ホープフルS馬


17年 ダービー(ホープフルSがGU最終年)
1着 レイデオロ ホープフルS馬(最後のGU時代の勝馬)

11着 カデナ 弥生賞馬

不参加 コマノインパルス 京成杯馬


この2年は連続で中山2000m重賞勝馬から誕生!

今年のメンバーは年度としてホープフルSの格上げGT初年度を受け入れた最初の世代であり、現在の元号(平成)で行われる最後のクラシック世代

その最初で最後の時代に初めて中山2000m勝馬3頭が足並みを揃えてくるダービー


〜14年度
OPホープフルS⇒GV京成杯⇒GU弥生賞


15年〜17年度 ホープフルSがGU格上げ

GUホープフルS⇒GV京成杯⇒GU弥生賞
※弥生賞より先に中山GU2000m重賞戦が誕生したことによりGU戦が2つ並び立つ形となりクラシックでの影響力低下


15年度 GU初年度

ホープフルS馬シャイニングレイ(1人気枠)
⇒弥生賞1人気敗退⇒春季二冠回避・休養

弥生賞馬サトノクラウン
⇒皐月賞1人気敗退⇒ダービー3着

京成杯馬ベルーフ
⇒スプリングS・皐月賞敗退⇒ダービー回避


16年度
ホープフルS馬ハートレー
⇒共同通信杯1人気敗退⇒春季二冠回避・休養

弥生賞馬マカヒキ
⇒皐月賞2着⇒ダービー1着
※重賞1人気獲得歴なし

京成杯馬プロフェット
⇒皐月賞・ダービー敗退


17年度 GU最終年
ホープフルS馬レイデオロ【1人気】
⇒皐月賞敗退⇒ダービー1着

弥生賞馬カデナ(1人気)
⇒皐月賞・ダービー敗退

京成杯馬コマノインパルス【1人気】
⇒弥生賞・皐月賞敗退⇒ダービー回避


1度足りとも中山2000m重賞勝馬トリオがダービーで3頭揃ったことは未だなし

この3年の流れからみれば弥生賞馬が重賞1人気歴を獲得していた場合GTで連対否定され、その部分を回避してきた弥生賞馬マカヒキのみがダービー馬となり、その対極となるホープフルSでは1人気1着馬(レイデオロ)が誕生するまで期間の非1人気勝馬は春季二冠からは排除され、満を持して誕生した1人気1着歴レイデオロ ホープフルS馬は春季二冠参戦を初めて許されダービー馬となる

ダービー馬 中山GUの対極性
ホープフルS馬(1人気歴)⇔弥生賞馬(非1人気歴)


残す京成杯はホープフルSの傾向に似通っており京成杯を1人気1着歴を持たない勝馬は二冠参戦を許されるも敗退の道をたどり、前年のコマノインパルスは1人気1着を獲得するもダービー参戦だけは許されなかった

1人気1着ホープフルS馬レイデオロ参戦までホープフル馬をダービーで空洞化してきたように1人気1着京成杯馬の真打ちの参戦をダービーが待ち続けていたのなら今年その役目を持って参戦してきたジェネラーレウーノの意味合いは大きなものとなる

過去を辿ればジェネラーレ以前に京成杯馬がダービーを勝利したのは10年のエイシンフラッシュのみ

彼はジェネラーレウーノと同様に1人気1着歴の京成杯馬であり、勝利した同年は前年までJPN表記の3年のダービー期間からGT表記へと戻った節目のダービー年

節目のダービー年に1人気1着歴 京成杯馬が誕生しダービーに向かってくる時代設定は今年と同じである


18年度 GV⇒GU⇒GT(重賞格のバランスが均一化)
GTホープフルS GT格上げ初年度
GV京成杯
GU弥生賞


18年度 中山2000m重賞トリオ
タイムフライヤー ホープフルS1人気1着(GT馬)
ダノンプレミアム 弥生賞1人気1着(GT馬)
ジェネラーレウーノ 京成杯1人気1着【非GT馬】


中山2000m重賞1人気1着歴馬を全馬GT勝馬として年度末のダービーで3頭揃えると仮定すればダービーは最後に残されたジェネラーレウーノのものとなる



★騎手 田辺のGT設定

ジェネラーレウーノは基本的に逃げ馬

田辺が過去に勝利したGTはフェブラリーSと安田記念から【東京GT専用】騎手

その2戦共、勝利した戦法が逃げ

田辺が東京GTを勝利する場合、逃げ馬に乗ってきた時が狙い目となる



★勝馬の配置ゲート


再現年の97年と01年から

97年 ダービー
1着【8枠Q】サニーブライアン

01年 ダービー
1着【8枠Q】ジャングルポケット


前年GT1人気配置から

17年 桜花賞1人気
7枠Lソウルスターリング
↓↓↓
18年 桜花賞
1着 7枠Lアーモンドアイ

17年 皐月賞1人気
4枠Gファンディーナ
↓↓↓
18年 皐月賞
1着 4枠Fエポカドーロ

17年 オークス1人気
1枠Aソウルスターリング
↓↓↓
18年 オークス
2着 1枠@リリーノーブル

17年 ダービー1人気
【8枠Q】アドミラブル


前年1人気枠が今年連対している

ここからも示唆される【8枠Q】

ジェネラーレウーノが勝つなら配置されるべきゲートは8枠Q

もしくは8枠か最内@



★2着候補

ジェネラーレウーノが勝利するならば2着席は【戸崎】となる


ジェネラーレウーノ全勝利歴

未勝利戦
1着 ジェネラーレウーノ
2着 アイリッシュクライ【戸崎】

葉牡丹賞
1着 ジェネラーレウーノ
2着 シャルドネゴールド【戸崎】

京成杯
1着 ジェネラーレウーノ
2着 コズミックフォース【戸崎】


ジェネラーレウーノ勝利における2着席は戸崎が努めている

しかも同じ馬が再び2着を努めたことはなく全馬別馬からもエポカドーロはプラス

戸崎は皐月賞レース後エポカドーロの口取り式で三冠パフォーマンスとなる人差し指を立てた

以前これと同じことをしたのがエアシャカールの武豊

結果は皐月賞・菊花賞を勝利するもダービーは2着となり2.5冠馬止まり

エポカドーロもこれに倣うと思われる

よって2着席は皐月賞馬 戸崎エポカドーロ


01年ジャングルポケット・10年エイシンフラッシュと同様に皐月賞トライアルを回避し皐月賞3着からダービーに向かうジェネラーレウーノが平成最後のダービー馬とみる



0

オークス見解  競馬



オークスは平安Sが逆算通りに川田が敗退しデムーロは勝利、そして馬連で川田VSデムーロ決着が発生しなかったことで予定通りに川田@リリーノーブルVSデムーロGサトノワルキューレを最有力決着として挙げておきます

ダービー逆算からしてもダノンプレミアム 川田は人気集めての敗退とみれば平安Sとダービーでの人気敗退における川田への補填は本日のオークスでこそとみます

土日連日のデムーロ重賞制覇の可能性をも感じつつも川田リリーノーブルを頭から狙ってみます(  ̄ー ̄)ノ

アーモンドアイに走られたら致し方なしです(/o\)

では重賞見解です


★オークス

単複
@リリーノーブル

枠連
1ー4・5・6

馬連単
@⇒GIHJFKB

3連複単
@⇒GIH⇒BGAHI


ではでは
0
タグ: オークス

平安S見解  競馬



明日のオークス逆算から平安Sを紐解いていきます


今年の再現年の97年と01年から


97年 桜花賞(純粋ゾロ目)
1着 8枠Qキョウエイマーチ 1人気
2着 8枠Oメジロドーベル 2人気
※馬連1人気決着

オークス
1着 8枠Oメジロドーベル 桜花賞2着

7枠Mキョウエイマーチ 桜花賞馬1人気
対角2枠Bオレンジピール フローラS1着

※桜花賞馬とフローラS馬がセットとなり1人気敗退


01年 桜花賞
1着 4枠Gテイエムオーシャン 1人気
2着 7枠Lムーンライトタンゴ
3着 6枠Kダイワルージュ 2人気
※裏馬連1人気決着

オークス
1着 7枠Lレディパステル フローラS2着

6枠Jテイエムオーシャン 桜花賞馬1人気
6枠Kオイワケヒカリ フローラS1着

※桜花賞馬とフローラS馬がセットとなり1人気敗退


流れからは桜花賞では馬連1人気の変則決着が発生し、桜花賞の連対番がオークスに連動、特に2着馬番が連動し1着番、桜花賞馬でありオークス1人気馬はオークストライアル勝馬と組み敗退している

そして勝馬は前走2着馬から誕生している

これを今年に当て嵌めると、


桜花賞
1着 7枠Lアーモンドアイ 2人気
2着 1枠@ラッキーライラック 1人気
※馬連1人気決着


オークス
Lアーモンドアイ
@リリーノーブル


オークス1人気アーモンドアイ
7枠Lアーモンドアイ 桜花賞馬
7枠Mランドネ スイートピーS1着

前走2着馬
1枠Aラッキーライラック 桜花賞2着
6枠Jパイオニアバイオ フローラ2着


以上から推察すると桜花賞と同じ馬番に配置したアーモンドアイをそれっぽく見せていますが桜花賞馬は囮と判断し軸として@リリーノーブル 川田から入ろうと思います(  ̄ー ̄)ノ

桜花賞の2着番であり前走桜花賞2着ラッキーライラック同枠からこの馬が勝馬とみます

この枠の後押しとして、

96年 阪神JF
1着 メジロドーベル 2人気
2着 シーズプリンセス 3人気
※1人気シーキングザパール不在
↓↓↓
オークス
1着 メジロドーベル
2着 シーズプリンセス同枠


00年 阪神JF
1着 テイエムオーシャン 1人気
ネームヴァリュー 2人気
↓↓↓
オークス
1着 7枠Lレディパステル
1着裏同枠6枠Kテイエムオーシャン

2着 1枠@ローズバド
2着同枠1枠Aネームヴァリュー


阪神JFの連続人気歴枠での決着が発生していることから、

17年 阪神JF
1着 ラッキーライラック 2人気
2着 リリーノーブル 3人気
※1人気ロックディスタウン不在


これらからも1枠となることから@リリーノーブルが勝馬と考えた場合、平安Sの圧倒的1人気川田のグレイトパールは敗退するとみます(  ̄ー ̄)ノ

2着はテイエムジンソク側で1着にはHデムーロ サンライズソアでいきたいと思います

オークスは4・5・6枠から連対馬が絡む可能性が高いこととオークスは川田VSデムーロ決着とみていることから平安Sでは川田VSデムーロ決着は発生しないと判断しました

97年と01年で四位が勝利していることから今回四位枠のHサンライズソアからの単複と馬単に期待します

では重賞見解です


★平安S

単複
Hサンライズソア

枠連
5ー3・1・7

馬連単
H⇒DE(@MLNI)

3連複単
HD⇒HD⇒E


ではでは
0
タグ: 平安S




AutoPage最新お知らせ