NHKマイルC・新潟大賞典見解  競馬



新潟大賞典の設計はNHKマイルと同一で基本的に1人気1着が通常の決着性なのですが裏設計からみたところNHKマイルと変化をつけ1人気(枠)をひっくり返しての2着枠が濃厚と判断しました

決着ラインにあるのは2人気(隣・対角)VS1人気(隣・対角)に沿う決着となると想定して現2人気Kマイスタイル(隣)⇒1人気Iトリオンフ(隣・対角)のKLD⇒IHFに答えがあるとみます

今回あるレースから正逆13が1着に浮上していることからLステファノスを最上位にとります(  ̄ー ̄)ノ

NHKマイルCはタワーオブロンドンの相手探しですが京都新聞杯が皐月賞の2着枠⇒1着枠決着を用いたことから桜花賞1着枠のDプリモシーンを1番手とします

因みにあるレースから正逆5の2着が浮上しているのでMデルタバローズ

次いでプリモシーンは朝日杯FS1着枠フロンティアが隣配置されダート連勝馬リョーノテソーロと組みましたが同様にダート連勝馬ミスターメロディと組んだ朝日杯FS2着裏同枠のNカシアスも同タイプとなりこちらも要注意です

他では接触決着発生の可能性からFから正逆8・6にあたるGダノンスマッシュEリョーノテソーロLルーカスを挙げておきます

最後にシンザン記念で1人気アーモンドアイのちの桜花賞馬と1・2人気で接触配置されていた1着裏同枠Aファストアプローチによる藤沢厩舎ゾロ目まで押さえます

では重賞見解です



★新潟大賞典

単複
Lステファノス

馬連単
L(KD)⇒I(HF)


★NHKマイルC

単複
Fタワーオブロンドン

馬単
F⇒DMGELNA

3連複単
馬単に5枠を3着固定


ではでは
0




AutoPage最新お知らせ