天皇賞秋見解  競馬



最後の秋天ですがまずはここに触れなくてはなりません

☆回避したGT馬
ダービー馬ワグネリアン(友道康夫 福永祐一 金子真人HD)
秋華賞馬ディアドラ(橋田満 ルメール 森田藤治)


3歳ダービー馬が登録することでその影響を被る(こうむる)こととなった他ダービー馬とそこに属する者達

同じく後輩秋華賞馬が登録することで影響下にあった先輩秋華賞とそこに属する者達

これらが勝馬に反映するものと捉えれば自ずと絞れてきます

☆ダービー馬
マカヒキ(友道 金子真人HD)
レイデオロ(ルメール)

☆秋華賞馬
ヴィブロス(友道 福永)


この3頭の中から勝馬が誕生すると仮定して、秋華賞・菊花賞を振り返れば、

☆秋華賞
7枠Lミッキーチャーム 2着
7枠M馬主 吉田千津
7枠N馬主 吉田千津
※染め分け帽

☆菊花賞
6枠J馬主 サンデーR
6枠Kフィエールマン 1着 サンデーR
7枠L馬主 サンデーR
7枠M馬主 サンデーR
※6・7枠 染め分け帽


染め分け帽2頭並びの隣馬が連対したことから今回は、

☆秋天
5枠FサンデーR
6枠GサンデーR


隠れ染め分け帽が発生しているのでその2頭並びの隣となるEマカヒキを勝馬とします

次点でヴィブロスを勝馬として押さえます

レイデオロは敢えて切ります


秋天のフォーマットと同じだったシリウスS・神戸新聞杯・札幌2歳S・マーメイドSらからの起用事項は、


正3が1着(上記4レース)
外国人騎手
クラブ馬
特殊馬(カク地・マル地・外国人馬主・牝馬等)
ヤスを持つ調教師
カ行騎手
1人気の非1着


このフォーマットでは正3が現在4連続で1着起用していることからBヴィブロスの可能性ありです

1人気1着否定レースであり再現年97年・01年ともに1人気は2着に敗れていることから1人気スワーヴリチャードは2着固定の軸にします

フォーマットからの示唆では軸にDスワーヴリチャードが浮上しており、接触ゾロ目の傾向を示しながらもう1頭の軸候補としてGダンビュライト示唆からその対角Eマカヒキを教えているとみて、この1点馬券とするならEーDの接触ゾロ目とみます

土曜日の重賞を勝利した武豊とデムーロの連勝決着です

戦歴的見地から最後の秋天を捉えるなら最初で最後に初めて起きる【ダービー馬枠同士の決着】という結論に至りました

今年のGTはこれまで無かった決着性のオンパレードです

勿論秋天も例外ではありません

とすればこれまでに1度も起きていないダービー馬決着がベストですがそれが本来発生するべきは春天のほうが相応しいはずなのでダービー馬が存在する枠同士による決着が現時点で主催者が可能なベストの決着性とみます


レイデオロの出番は来年の春天がベストではないかと考えます

前年の1着枠キタサンブラック・レインボーラインのように・・・

去年の秋天のリメイクとして1着 武豊・2着 デムーロ決着に期待します(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です



★天皇賞秋

単勝
Eマカヒキ
(Bヴィブロス)

馬連単
E⇒D

BHI@J⇒D


3連複単
EB⇒D⇒FC


ではでは
0
タグ: 天皇賞秋

アルテミスS・スワンS見解  競馬



天皇賞秋は平成の現行としての施行は最後となります

何故来年の春天を平成最後の天皇賞として設定し施行するのかという意味合いを例えるなら天皇賞春は天皇陛下の象徴であり天皇賞秋は美智子皇后陛下の象徴であるからだと捉えています

だからこそ先に皇后陛下の秋天を施行し最後に天皇陛下の春天という順番なのだと考えます

これまでの勝馬基準をみれば春天は牡馬が選定され、秋天では特に牝馬でも勝てる設定であることからもそのもののイメージが当てはまるかと思います

そんな平成最後となる皇后美智子様の幕引きにこそ相応しいと考えるならば最後の勝馬は牝馬と読みます

皇后陛下へのご功績やご功労を労う感謝の意味も込めて最後の秋天馬には牝馬ヴィブロスを指名したいと思います(  ̄ー ̄)ノ

それらについての細かい考察については明日書きます


では本日のアルテミスS・スワンSですが2レース共に同フォーマットの設計となってます

同フォーマットだった府中牝馬S・新潟記念・小倉記念らから紐解いていきます

これらからくる起用事項は、

1人気1着
デムーロ連対
1枠or8枠連対
クラブ馬
ア行騎手
最後がチで終わる騎手
名前が一文字漢字の調教師

これらをまとめた決着性になるはずです

アルテミスSは1人気が流動的なのでAかG、もしくはそれらの同枠馬が1着するとみます

軸にはチで終わる騎手 柴田大知の隣であり、ア行騎手内田の隣であり、名前が一文字漢字の調教師 高橋裕の隣になるクラブ馬Mウインゼノビアを軸とします


スワンSは1人気1着ならIモズアスコットとなりますが重賞で8枠1人気設定なら重賞未勝利となるルメールなので同日に同フォーマット2レース施行は変化をつけてくることからモズアスコットの1着は無しとみて1人気の2着設定とみてIモズアスコットと対角のAサフランハートの2頭軸でいきます

再現年の97年・01年が2人気が1着している事とデムーロの連対設定から1着最有力はGロードクエスト デムーロとしておきます

では重賞見解です


★アルテミスS

単勝
1人気(AorG)

枠連
2・5ー8・1

馬連単
AGBH(D@F)⇒M


★スワンS

単複
Gロードクエスト

馬連単
GCEBH⇒IA


ではでは
0

菊花賞見解  競馬



菊花賞はダービー前から公言していた通りDエポカドーロからいきます

菊花賞と同フォーマットとだったのは毎日王冠・ラジオNIKKEI賞・ユニコーンS・マイラーズC等があり起用事項は、

タ行騎手⇒CDF
2着 外国人騎手⇒HKM
2頭出し厩舎⇒友道4・5枠、国枝6・7枠
馬主レーシング⇒BCHJKLMQ


ここから絞れば軸はエポカなので2頭出し厩舎の枠に外国人騎手が存在しているので2着にはHKMが候補となります

ここからは他の視点から考察してみます

まず再現年の97年と01年は共に1人気は敗退し馬券対象外です

97年 1人気
8枠O【逆B】シルクジャスティス
前走京都大賞典1着

01年 1人気
7枠L【逆B】ジャングルポケット
前走札幌記念3着

前走古馬重賞で馬券対象入りし正逆3に配置されたタイプでした

18年 1人気
2枠【B】ブラストワンピース
前走新潟記念1着


ブラストワンピースもやはり同じステップを踏み正逆3に配置された1人気なので敗退するとみます


3歳三冠路線からの視点では秋華賞は非トライアル歴(トライアルに1度も出走せずスキップした)を貫いたアーモンドアイが三冠し、2着にも非トライアルのミッキーチャームが2着しました

非トライアル歴(非賞金加算)+非優先権馬


この反動を受ける菊花賞となることから今回必要とされるのは、

トライアル出走歴+賞金加算歴+優先権

が必須となりますが、神戸新聞杯1着馬とセントライト記念2着馬は回避しました

それらと組んだ戦歴を持つタイプが今回意味する部分があるはずです

神戸新聞杯1着ワグネリアン
⇒対角エポカドーロ
⇒裏同枠エタリオウ

セントライト記念2着レイエンダ
⇒同枠オウケンムーン


今年の牡馬三冠路線で明確なのはGU勝馬の不在または否定です

その結果が【GU2着馬】の台頭です

皐月賞 スプリングS2着エポカドーロ
ダービー 弥生賞2着ワグネリアン


そして今回それに該当するのがHエタリオウです

例年菊花賞では神戸新聞杯2着枠が機能しているのもプラスですが、神戸新聞杯で1・2着が接触ゾロ目だった年(14・15・16年)は神戸新聞杯2着の正逆位置が起用されており、エタリオウは神戸新聞杯で逆9配置され今回は正9配置なので今年のトレンドであるGU2着を2度獲得しているエタリオウをエポカドーロの最有力と捉えます

秋華賞で2着に起用された非トライアル+非優先権の流れは3着席で受け入れるとみてワグネリアンがエポカドーロ・エタリオウを教えているならレイエンダがオウケンムーン同枠のミッキーチャームタイプMグロンディオーズを教えてると考えDエポカドーロから対角ゾロ目ワイドとなるMグロンディオーズを挙げておきます

では重賞見解です



★菊花賞

単複
Dエポカドーロ

枠連
3ー5

馬連単
D⇒H

3連複単
D⇒H⇒MEC


ではでは
0
タグ: 菊花賞

富士S・コーフィールドC見解  競馬



本日は海外GTコーフィールドカップがあったり、POG馬ブラヴァスの出走があったり、富士S・菊花賞もありそれぞれの解読に終われて時間が足りないので考察等は省略します

富士Sで確かなことは正逆1か3から連対馬が発生するということと、後はルメール付近です(  ̄ー ̄)ノ

では重賞見解です


★富士S

単複
Qジャンダルム
Oハッピーグリン

馬連単
QO(B)⇒HGJEL


★コーフィールドC

単複
Lホームズマン
@ベストソリューション

馬連単
L@⇒APMDFO


ではでは
0

秋華賞見解  競馬



秋華賞の基となるフォーマットは独特で確実に勝馬を指名するフォーマットであり、そこから導かれた勝馬は正15か逆8のいずれかと語っていて流石に17人気Nハーラムラインはないと思われることから逆8 Jアーモンドアイを無難にチョイスしたいと思います(  ̄ー ̄)ノ

このフォーマットから施行された重賞は中京記念・京都新聞杯(万馬券)・ダイヤモンドS・17年 富士S等がありこれらでの事項は、


1人気枠
クラブ馬
1枠か8枠(京都新聞杯除く)
正逆1(京都新聞杯除く)
外国人騎手
サ行調教師


となっており、これらを纏めた決着性になるはずです


ここからは三冠達成を前提とした考察です

まずは過去牝馬三冠における秋華賞


03年 牝馬三冠スティルインラブ
1着 スティルインラブ
2着 アドマイヤグルーヴ【ローズS1着】

10年 牝馬三冠アパパネ
1着 アパパネ
2着 アニメイトバイオ【ローズS1着】

12年 牝馬三冠ジェンティルドンナ
1着 ジェンティルドンナ
2着 ヴィルシーナ【ローズS1着同枠】


アーモンドアイの2着席にはローズS1着枠を持つカンタービレの1枠とゴージャスランチの7枠


次は紫苑S1着2着の回避の真意

優先権馬2頭の回避により出走にこぎ着けたタイプは4頭で、

5枠H重賞未出走馬
6枠K【フローラS2着対角】
7枠M【ローズS3着対角】
8枠Q重賞未出走馬


紫苑Sの決着性は、

7枠ルメール⇒1枠@武豊


ローズSの決着性は、

7枠ルメール⇒2着同枠 秋山


2頭の回避が意味するものはトライアルでの非賞金加算歴とトライアル決着性のトレース

18年 秋華賞
6枠Jルメール
【ローズS1着・紫苑S1着】【アーモンドアイ トライアル非賞金加算】
6枠Kフローラ2着対角

8枠Q重賞未出走馬
1枠@秋山
【ローズ3着(2着同枠) 】【ラテュロス トライアル非賞金加算】
1枠A武豊
【紫苑S2着】【ローズS1着】

7枠M【ローズS3着対角】【ゴージャスランチ トライアル非賞金加算】


優先権馬回避から求めるなら、

非賞金加算馬Jルメールから非賞金加算1枠・非賞金加算7枠、6枠と同質の枠が起用されるならトライアル非参加歴の8枠


そして今年の3歳牝馬二冠で起きたことは、

桜花賞
ルメール⇒2着1枠@

オークス
ルメール⇒2着1枠@


まとめるとアーモンドアイ三冠達成の2着最有力には1枠@ラテュロスを1番手とします

次点でAカンタービレQダンサールOプリモシーンを挙げておきます

では重賞見解です


★秋華賞

枠連
6ー1・8

馬連
J⇒@QAO(LM)


単勝は最低限となる1.4倍まではいかないようなので単勝勝負は断念します(ーー;)


ではでは
0
タグ: 秋華賞




AutoPage最新お知らせ